カテゴリー「03 - 世界の暦」の記事

2008.12.28

旧暦の年中行事に遊ぶ

Yoko 生活の中に旧暦を取り入れて暮らすのがひそかなブームらしい。旧暦には季節感があり、行事を通じて伝統文化も感じられ、毎日をより楽しめる親スローライフな暦なのだそうだ。

この意見には大いに賛成だが、とはいえ旧暦で面倒なのは行事の日にちが毎年変動することで、きちんとフォローするのは結構大変だ。そこで、理解のため年中行事の類型化を試みたところ、年中行事はカレンダーとの関係では4種類に分類できることがわかった。

A群 はじめから新暦の行事
B群 以前は旧暦だったが、現在ではもっぱら新暦で行われる行事
C群 もともと旧暦の行事で、現在でも旧暦で行われる行事
D群 旧暦というか、二十四節気に基づいて行われる行事

Atod

このうちA群とB群は毎年日にちが固定されており間違えることはない。行事日に迷うのはC群とD群だろう。これらをてっとり早く調べるためには、こよみのページが便利だ。暦のプログラムが組んであって、たいていのことはここで調べられる。

ただ、その行事日がどうやって決まるのか、一応のロジックを知っておいた方が応用がきいていいだろう。そこでC群とD群について簡単に説明を試みる。

1.太陰太陽暦の行事

C群の行事は、旧暦正月、旧盆、中秋の名月など、月の満ち欠けを基準とした太陰太陽暦で行われる行事である。旧暦正月(旧暦1月1日)はいつだって新月だし、旧盆(旧暦7月15日)や中秋の名月(旧暦8月15日)は満月だ。(※厳密には微妙に違うこともあるがここでは分かりやすさを優先して無視することにする。)

Shougatsu月の新月から新月までの周期約29.5日に合うように、29日の月と30日の月を交互にならべて一か月とする太陰太陽暦では、12か月は354日となる。他方で太陽と地球の関係で求められる一年間は約365.2422日だから、毎年約11日ずつのずれが生じる。これを解決するために19年に7回ほど、閏月という30日の13ヶ月目を足して、一年を384日とするのだ。ほぼ3年に1回、閏月を入れていることになる。

左の表はここ10年の旧暦正月の新暦での日にちである。2006年は1月29日だったが、2007年は2月18日、2008年は2月7日、そして来年2009年は1月26日と、毎年約11日早まったり、約19日間遅まったりする。閏月がなかった翌年は約11日早まり、閏月があった翌年は(-11+30=+19)というわけで約19日遅くなるわけだ。

2.二十四節気の行事

他方、D群の行事は二十四節気に基づくものである。二十四節気とは天球上の太陽の通り道(黄道)を24で割った太陽の位置を示す座標で、黄径0度が春分点で、春分点を含む日を春分の日としている。同様に、黄径90度が夏至点で、夏至点を含む日が夏至の日となる。

Suii ところで二十四節気は黄道上の座標だから、これは太陽暦なので、同じく太陽暦であるグレゴリオ暦(現在利用している太陽暦)と差はないはずである。ただ、約365.2422日である太陽年をグレゴリオ暦では365日と366日の組み合わせで解決しているため、標準日±1日くらいの幅で変動する。というのも、春分を例にとると、0.2422日は約6時間なので、365日の年は暦上前年に比べて春分点が約6時間遅くなり、366日の年は春分の日の前に2月29日の閏日が入るため、6時間-24時間分だけ早くなるからだ。具体的に見ていくと、2007年の春分点は3月21日の9時頃だったが、翌2008年(閏年)の春分点は3月20日の15時頃、2009年は3月20日の21時頃、2010年は3月21日の3時頃、2011年は3月21日の8時頃、2012年(閏年)は3月20日の14時頃になっている。春分点を含む日を春分の日とするので、春分の日は2007年は3月21日だったが、2008年と2009年は3月20日、2010年と2011年は再び3月21日、2012年は再び3月20日となった。右上の表は1801年からの250年分の春分の日のグラフだが、3月21日±1日となっていることがわかる。他の二十四節気も同じルールで日が決められる。節分(立春の前日)も、立春が同じルールで決められるため、同じルールで決められる。一応調べてみたところ、節分は20世紀前半は2月4日となることが多かったが最近では2月3日が多く、21世紀も後半になると2月2日が目立つようになる。じわじわと早くなっているが、2100年が閏年ではないことで、またそこで24時間遅くなり調整される。

以上のように、C群もD群も行事日が変動するのがややこしい。しかも変動の幅はC群とD群で異なり、C群の方は振れ幅が大きく、D群は一見固定に見えて微妙に変動する。この辺が話を更にややこしくしているのだと思う。ただ、こうして分類することで、少しは頭に入りやすくなったんじゃないか・・・そうでもないかな。

(※以上は詳細を省いたおおざっぱな説明なので、より正確には専門のページをあたってください。)

【参考】
春分の日データ http://ns1763.ca/equinox/vern1788-2211.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.25

黄道十二宮と二十四節気の関係

Zodiacs2 黄道十二宮と二十四節気の関係。

このように並べてみると、昨日書いた Tropic of Cancer (北回帰線=夏至)、Tropic of Capricorn (南回帰線=冬至)というのも意味がよくわかる。なぐり書き程度のラフスケッチで、書籍を参考にしたわけではないので間違いもあるかもしれないけど、一度図にまとめておきたかったので。
(※もし間違いを見つけたらご指摘ください。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.17

タイの新年がソンクラーン(4/13)である理由

Muchazodiac_2 前回、タイ社会の中に黄道十二星座暦の影響がある、という話をした。

実はタイ語の月名も星座名も、サンスクリット語からの外来語だ。こちらのページに現代インドでの黄道十二星座の呼び方が載っているが、タイ語と全く同じで驚いた。

それもそのはず、黄道十二星座暦そのものが、実はインドの天文学(そして占星術・・・当時は未分離だ)としてタイに伝わってきたのだ。一般にサイデリアル方式と呼ばれているものがそれにあたる。

この黄道十二星座暦は古代バビロニアにルーツがあり、ギリシャ文明を経由して、西洋とインドに伝わっていった。西洋のものがトロピカル方式、インドのものがサイデリアル方式と呼ばれている。星占いの~座というのは西洋占星術だが、 西洋占星術とインド占星術とは兄弟分といえるだろう。そして日本人は主に西洋から学んだ十二星座で星占いをし、タイ人はインドから学んだ十二星座で月を呼んでいる。この辺も実に面白い。

さて、それでは本題に戻ろう。なぜ4月13日を新年として祝うのか。4月13日の太陽は、春分点でも夏至点でも秋分点でも冬至点でもないし、はたまた地球と太陽の近日点でも遠日点でもない。この日に何か特別な意味はあるのか? 

実はこの答えこそ、黄道十二星座暦サイデリアル方式の本質だった。

ここで一つ追加で説明しておかなくてはならない。これまで「~座(~宮)」という表記をしてきたが、両者は違うものなのだ。前者は星座で、後者の「~宮」と いうのは、黄道を12で割って、そこにある12星座に等しく30度ずつ受け持たせた架空の概念だ。黄道上の実際の星座の大きさには大小があって、たとえばおとめ座 は太陽44日分の移動距離があるけど、かに座は21日分しかない。これでは不便なので、同じ大きさにしてしまったのが黄道十二宮という概念だ。西洋のトロピカル方式も、インドのサイデリアル方式も、黄道十二宮を使う点は共通している。 

さて、では4月13日には何の意味があるのか?

この答えは実はシンプルだった。古代バビロニアから伝わってきた黄道十二宮が現在の形に整備された思われるプトレマイオス(ローマ文明)の時代では、4月13日に春分点があったのだ。太陽が真東から昇り、一日の昼と夜の長さがほぼ一致 し、天の黄道と天の赤道が交差する春分点は、一年の始まりにふさわしい。

そしてこの日に太陽がおひつじ座の位置にあるので、ここを白羊宮 (黄道0度~30度)の入口とした。だから春分点=太陽が白羊宮に入るとき=新年だった。

Zodiacart2 それが地球の歳差運動のため、数千年後の今では春分点が24日ほどずれてしまった。これへの対処法の違いがトロピカル方式とサイデリアル方式の違いで、トロピカル方式では春分点に合わせて白羊宮の位置をずらした。つまり星座の位置からは少しずれたところにその名称を持つ「宮」が存在することになってしまうが、春分点との関係を優先させたのだ。一年のはじまりである黄道0度の場所をずらしたということだ。トロピカル方式では新年は春分点=3月21日頃になる。

それに対してサイデリアル方式では、星座と宮の位置の重なりを優先させ、宮の位置をずらさなかった。この結果、春分点は無視することになった。新年は春分点とは関係なく、ただ単に太陽が白羊宮に入ったときとなった

毎年4月13-14日にかけて、太陽がサイデリアル方式での白羊宮に入る。タイで4月13日からの数日が「ソンクラーン」=大晦日&新年であるのは、こういう背景があったのだ。

なお、インドの黄道十二星座暦が影響を及ぼした地域はタイだけではないだろうと思って調べてみたら、ミャンマーでも同じように新年を祝うし、シーク教徒にとっても新年だそうだ。さらに、この日のタイのテレビではインドのガンジス川で沐浴する人たちの映像が流れていた。南アジアから東南アジアの広い地域にかけて、この日は新年なのだろう。


これからは昼間の太陽を見て、この後ろにおひつじ座があるな、とか、そろそろ白羊宮から金牛宮に移ったな、なんて想像してみるのも面白いかもしれない。

【参考サイト】
http://www.lunarplanner.com/siderealastrology.html
http://en.wikipedia.org/wiki/Zodiac

#ブログ村ランキングはこちら →  にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ にほんブログ村 科学ブログへ

※脚注 太陽が黄道0度に来る日は、うるう年の関係で4月13-14日から前後することがあるが、現在タイでは4月13日をソンクラーン初日と固定している。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ソンクラーンで気づいたタイの暦と黄道十二星座の関係

Songkran4月13日はタイの旧暦正月、ソンクラーン(สงกรานต์)初日だった。

ソンクラーンといえば有名なのは水かけ祭り。詳しくは触れないが、夏真っ盛りのこの時期の水合戦はとても気持ちがよくて楽しい。私も当然大騒ぎしてきた。一枚だけ写真載せておきます。

しかし、いったいなんだってこんな時期に新年を祝うんだろう? 

Wikipediaを調べると、ソンクラーンとはサンスクリット語がルーツで、「遷移」を意味する言葉だという。この時期に太陽が黄道十二宮の一つである白羊宮(おひつじ座)に入ることに由来する。

しかし、太陽が白羊宮(おひつじ座)に入るってどういう意味だ? そしてなぜそれが新年なんだろう? 

調べてみてわかった。地球から見ると太陽は、毎年同じルートを通って一年間をかけて天球上を一周している。この通り道を黄道というのだが、黄道上には12の星座(おひつじ座、おうし座、ふたご座、かに座、しし座、おとめ座、てんびん座、さそり座、いて座、やぎ座、みずがめ座、うお座)がある。これらの星座はずっと遠くにあるので動かないから、座標として使える。つまり、今日は太陽がおひつじ座に入ってから3日目だ、とか、私が生まれた日は太陽がさそり座に差し掛かってから10日目だとかいうように、太陽を針、星空を文字盤として、暦として使えるのだ。(ただし太陽が出ているということは明るくて星が見えないということなので、正確な計測は難しかっただろうけど。)

この暦の方法を、仮に黄道十二星座暦と命名しよう。新年が黄道十二星座暦に関係あるなら、タイの日常には何か他にも黄道十二星座暦の名残りがあるはずだ、と探していたら、それは意外なところに見つかった。タイ語の月の呼び方だ。下図を見てほしい。


ピンクのところを比べてもらえれば、左の月名と右の星座名が全く同じ語幹を持つことがわかるだろう。4月を例にとると、4月はタイ語でメーサーヨン。語尾のヨンは30日であることを表す言葉なので、語幹はメーサーだ。他方でおひつじ座はラーシーメット。ラーシーは~座の意味なので、語幹はメーット。タイ語の音便の関係で発音はちょっと違っているが、文字を見れば全く同じものだとわかる。他の月も同様にみなこの法則が成り立つ。

つまりタイ語の月名は、「~座(~宮)に太陽がある月」という意味を持っているわけだ。これは実際の太陽の位置とも一致(ほぼ)している。

Month3

タイにはもう二年位住んでいるが、こんなバックグランドがあるとはこれまで全く気がつかなかった。面白い発見だった。

この記事、続きます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.15

時刻の数え方

Tokeiタイでは時刻の数え方は12進法ではなくて6進法である。

まず午前0時から朝6時までは、「ティー1、ティー2・・・」と数えていく。ここまでは普通だ。だが朝7時は「1モンチャーオ」、朝8時は「2モンチャーオ」・・・となって朝11時の「5モンチャーオ」まで続く。そして昼の12時の正午(ティアン)を経て、昼の1時からは再び「バーイ1、バーイ2・・・」「4モンイェーン、5モンイェーン」と途中呼び方は変わるものの1-6で数え、夜の7時からはまた「1トゥーム、2トゥーム・・・」と数えていく。

これが素人には非常にややこしい。「夜8時集合ね」というときには、「夜時間の2時に集合ね」と言わねばならず、わかっていてもなかなか咄嗟には出てこない。

さらにややこしいことに、バンコク人とプーケット人では言い方が異なるのだという。実は上記の言い方はバンコク人のもので、プーケット人は朝7時から11時は普通に朝時間の7時、8時・・・と11まで数えていく。つまり朝は12進法、昼と夜は6進法なのがプーケット人の数え方だ。

数え方の「ティー」「モン」「トゥーム」というのは擬音語で、昔、それぞれ木、鐘、太鼓を叩いて時刻を知らせたときの名残りなんだとか。

ところで、日本の江戸時代の刻の数え方も実にユニークだった。「八つ、七つ、六つ・・・」というように数える方法と、十二支を使って数える二通りの方法があったようだ。3時頃の間食を「お八つ」というのは前者の名残りで、怪談話の「草木も眠る丑三つ刻・・・」というのは後者の数え方だ。

詳しく説明できるほどの知識はないが、ウェブで複数のサイトを調べたところによると、前者は日の出と日の入を基準(六つ)として昼と夜をそれぞれ6つに分けたものなので、夏の昼の1時間は冬の昼の1時間よりはるかに長かったし、夜はその逆だった。後者は24時間を十二支で割って、一つの干支に2時間を担当させたもの。深夜0時の±1時間が子(ね)の刻だ。2時間単位では不便なので、2時間をさらに四分割し、一つ、二つ、と30分単位で数えられるようにした。丑三つというのは、丑の刻(深夜1時~3時)の3つ目、つまり2時から2時半を指しているとのこと。

暦というのは面白い。

#日本ブログ村のランキングに参加しています。クリック!ブログランキング・にほんブログ村へ

続きを読む "時刻の数え方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.07

タイの旧暦

Fullmoon 大学のタイ民俗学の講義で、タイの旧暦につき教わった。タイでは現在でも宗教行事の多くは旧暦に従って行われるので、一応知っておくと便利だ。

タイの旧暦はいわゆる太陰暦で、中国のものとほぼ同じである。月の満ち欠けを基準とし、新月の度に新しい月とする。この周期は約29.5日なので、奇数月を29日の月、偶数月を30日の月として月の周期とのバランスを取り、一年を12ヶ月、354日とする。ただ基準月が中国より2ヶ月早いようで、中国の旧暦1月1日は、タイの旧暦では既に3月1日になっている。

ユニークなのは、一ヶ月を更に、新月から満月までの期間(クーン)と、満月から新月までの期間(レム)に2分して日にちを数えること。例えば、「12月のレムの15日」「1月のクーンの3日」という感じだ。現代風にいえば、それぞれ12月30日と、1月3日のことだ。奇数月はクーンが15日間、レムが14日間で、偶数月はクーン、レム共に15日間だ。この辺はインド暦の系譜と思われる。

太陽暦とのずれを直す方法は、原則である1年=354日の年の他に、8月を二回繰り返すことで1年を384日とする年と、通常29日である7月を30日とし一年を355日とする年を、都度はさむことで調整している。

この詳細は授業で教えてくれなかったのでざっと手計算してみたところ、19年のうち7年を13ヶ月の年として、残りの12年のうち8年を通常年、4年を355日の年とすることで、19年間でずれを1/4日に抑えることができる。まあこんなところだろう。

ちなみに、以下の著名なタイの仏教行事は次の日に行われます。

- ワンマーカブチャー (万仏節) ・・・タイ旧暦3月の満月の日
- ウィサカブチャー(仏誕節) ・・・タイ旧暦6月の満月の日
- ワンアーサーラハブチャー (三宝節)・・・タイ旧暦8月の満月の日
- ワンカオパンサー (入安居) ・・・タイ旧暦8月の十六夜(レム1日)の日
- ワンオークパンサー (出安居) ・・・タイ旧暦11月の満月の日

【おすすめ】
「ランナータイ」の鈴木さんという方が、タイの旧暦について他に類のない詳細な情報を書かれています。素晴らしいです。
http://www.geocities.jp/lanna_thai_chiangrai/calendar/calendar.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.03

節分は大晦日の厄除け行事

Setsubun2 この記事を書きながら既に日が変わってしまったが、2/3は節分である。

節分といえば豆まき。子供の頃は「鬼は外」と言いながら良くポリポリやったもんだ。しかしなぜ豆を撒くのだろう?

便利なもので、ちょっとWEBを調べるとウィキペディアなどで答えが見つかる。曰く、まめは「魔滅」につながるからとか、陰陽五行説の発想から、鬼(=金)を炒った豆(=火)で閉じ込めるのだとかある。鬼はこの場合厄の象徴だから、節分とは、ようするに厄除けの日なのだ。 Setsubun

ではなぜ2月3日に厄除けをするのか? 
これには「二十四節気」を知る必要があるのだが、二十四節気とは端的にいうと、一年を24で割った中国の季節指標である。太陽の軌道(黄道)を15度ずつ24ヶに割った季節指標ともいえる。24のそれぞれに立春とか大暑とか霜降とか季節感のある名称がつけられている。

そして、一年のスタートである「立春」(黄道が315度)は毎年ほぼ2月4日なのだが、その前日、つまり大晦日が季節の分かれ目「節分」なのだ。大晦日なので、一年の厄落としをしたい、だから鬼退治すべく豆を撒く、とまあこういうことだ。

関西の方では、決められた方角を向いて太巻きを丸かじりするそうだ。これもいろんな意味があるようだが、総じて福を呼び込む縁起ものの行事と言って良いだろう。 Hutomaki_2

暦というのは面白い。暦はその地域の生活の基盤となっているものだから、暦を通じて文化が見えてくる。

東京でサラリーマンをやってる時は、季節感なんて全くなかった。その反動か、妙に気象や季節感や季節行事にこだわりがある今日この頃なのである。

| | コメント (0)

2007.01.29

旧暦正月はいずこへ

Chineseny1 もうすぐ旧暦正月。
華人の二世、三世が多く住むここプーケットでも、爆竹を鳴らしたり獅子舞を踊らせたりして祝う。 「お年玉」の習慣もあって、子供達はもちろん、大人でも会社で経営者からお年玉がもらえる。

ところで今日は1月29日。旧暦正月はだいたい1月末から2月初旬という印象があるのだが、街を歩いてもあまりそれらしい盛り上がりが見られない。これはおかしい。なぜ今年は盛り上がらない?

不思議に思って聞いてみたら、今年の旧暦正月は2月18日なんだそうだ。なるほど、まだ盛り上がりに欠ける理由はわかったが、次の疑問が。なんでこんなに今年は遅いんだ?
Chineseny2
調べてみると、面白いことがわかった。 昨年2006年が、旧暦では13ヶ月あったのだ。 日数にするとなんと384日。

これは次の理由による。 旧暦というのは月の満ち欠けのカレンダーで、新月のたびに新しい月になる。月の満ち欠けの周期は約29.5日なので、旧暦では29日と30日を交互において、1年を12ヶ月、354日としている。

ただこれだと太陽暦の365.25日と毎年約11日間ずれてしまうので、19年のうち7年に、「閏月」という月をいれて一年を13ヶ月にして太陽暦とあわせるんだそうだ。

2006年がこの閏年だったので、例年より30日多く、その分後ろに押し出される形で、今年の正月は去年より約20日間遅くなったのだ。

※注 写真は「旧暦正月」のキーワードでWEBから適当にひろってきたものです

| | コメント (0) | トラックバック (0)