カテゴリー「■B1 - タイ王国」の記事

2010.02.26

街にベンチを

Yataishokudo

タイに行くといつも思うのは、人が街に出てきていることだ。
朝も昼も夜も、タイ人の多くは屋台とかオープンエアの食堂とか、
人目のあるところでご飯を食べている。

Bench

民家の前にはよく上の写真のようなベンチが置いてあって、家の人はもちろん、
ご近所の人、ちょっと立ち寄った取引先の人、客待ちのタクシー運転手などが
のんびりとくつろいでいる。夜はよくおっちゃん達が酒盛りをやっている。

ショッピングに行っても、そこら中にベンチやらフードコートやらがあって、
街の中で休憩できる。

Bench2

日本で例えるならば大学のキャンパス内のベンチが街中にあるような感じで、 タイでの生活は、無理をせず自然と、一日に何十人もの人とすれ違う生活スタイルになっている。

さて、それに比べると、日本での生活は孤立的だ。 食事は家だし、買い物で歩き疲れても、喫茶店やレストランは 普通は室内にあって、街を行き来する人たちとお互いに 顔が見える場所にはない。ベンチで休もうにも、街にはベンチが少ない。


やや誇張して言うならば、日本の街中には座る場所がない。
そのため、人が街に行くときには目的をもってうろついて、用が終わると
すぐに家に帰る。街の中に滞在する時間は短い。

これに対してタイの場合は、屋台とかベンチとか食堂とか街の中に座る場所が
いたるところにあって、用もなくだらだらと街の中にいられる。
だから街の中に滞在する時間が長い。

そして街に長くいればなじみの顔ともすれ違うし、自然とコミュニケーション
が生まれ、人と人とのネットワークができる。このネットワークは
日本では考えられないほど濃く、重層的で、タイ社会の一つの特徴と言えると思う。

タイで会社をやっている日本人が以前、タイ人への求人は、広告を出すよりも口コミの方がよっぽど効果的だと話していたが、それもこうした重層的ネットワークの一つの表れだろう。


ところで、日本の街が抱える問題の一つに、人々の孤立化がある。
この対策として、タイから学べないだろうか。

つまり、街中にベンチを置きまくり、人々の居場所をつくるのだ。
目抜き通りにはオープンカフェや屋台をつくりまくるのだ。
ご老人は日向ぼっこに来て世間話をする。会社員は会社帰りに
ちょっとくつろぐ。主婦たちは買い物ついでに立ち話ならぬ座り話をする。
子供たちは街の中で遊んだり宿題をしたりする。
店の中という閉鎖空間じゃなくて、街の中に、 通りゆく人々の顔が
見えるところにくつろぎ空間をつくるのだ。

たぶん昔の日本の街も、街が車に占拠される前は、 わりとそういう街だったと思うのだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.03.30

定額給付金の支給

Bull327200972051 世界的な不景気に苦しんでいるのはアメリカや日本だけじゃない。タイだって大変だ。とくにタイには世界的メーカーの下請け工場が多い。

そんな中、タイ政府も3000億円規模の景気対策を打ち出していて、その中には「定額給付金」の支給も含まれている。つい先日その支給がスタートした、と新聞記事になっています。

金額は一人2000バーツ(約6000円)。 小切手で受け取り、銀行で換金できる。ショッピングセンターでは5%、10%を上乗せして商品券に換金しているとのこと。

支給対象を月収が15000バーツ(約45000円)以下の低所得~中所得層に限定したため、受給するのはタイ全土で約800万人だそうです(タイの人口は6000万人超)。

Cash giveaway creates crowds, confusion PHUKET CITY: The first day for mid- and low-wage workers to pick up 2,000-baht checks offered under the government’s economic stimulus package saw a huge crowd form at Phuket Community Hall in Phuket City on yesterday.

Many people were confused by the process, which involves first making a trip to the nearby Social Security Office to see what day the checks will become available.

Those whose names were on the first of three batches were then able to pick up the check at the Community Hall, about half a kilometer away.

Island-wide, about 7,000 people got checks on the first day.

Qualified residents were able to cash the checks on the spot at a table set up by Bangkok Bank.

Central Festival and Big C also had booths and offered recipients extra purchasing power in the form of gift vouchers worth Bt2,200 and Bt2,100 for people exchanging the checks at their department stores.

The period to pick up the checks runs until April 8.

The checks are available to civil servants and those with jobs registered with the Social Security Fund making less than 15,000 baht per month. Foreigners are not eligible.

Over 100,000 people in Phuket’s three districts (Muang, Kathu, Thalang) will receive checks, which the government hopes they will pump back into the economy by spending.

Residents in most of Muang District can pick up their checks at Phuket Community Hall, where the checks will become available in batches determined in alphabetical order by surnames.

Residents of Chalong, Rawai and Karon will get their checks at Muang Phuket School in Rawai on April 2 to 8.

Thalang residents can pick up checks at Thalang Pranangsang School until April 8.

In Kathu, the checks will be available at Kathu Wittaya School from March 26 to 28 and at Wat Suwankeereewong School in Patong from March 29 to April 8.

Phuket Social Security Office head Pontip Tanthai told the Gazette she was confident that all those eligible for checks would get them and that nobody would be left out.

Most of the recipients the Gazette spoke to said they planned to spend the money on household goods needed by their families.

Similar scenes took place yesterday across the country. Overall, some eight million people will receive the checks, which make up about 10% of the government’s 117-billion-baht stimulus package.

(Phuketgazette 2009/3/27)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.26

着生植物というスタイル

Chakusei

Chakusei2

他の木の上にちゃっかりと居座ってる別の植物。
ちょっとわかりにくいけど、幹の分岐してるところに「しだれキャベツ」みたいのとササみたいなの、見えますか? こういうの、着生植物というらしい。

タイ・ナコーンシータマラートのお寺の境内で発見。 別に熱帯では珍しいものではないというけど、日本では私は見たことがない。

これらの着生植物は自分で光合成はしてるので、寄生してるわけではない。軒先を借りてるだけだ。けど水や養分はどうしてるんだろう? なんのメリットがあるのだろう? 動物にしても植物にしても、いろいろなスタイルで我が世を謳歌しているのが面白い。

それから着生植物に気を取られてて気がつかなかったけど、 一枚目の写真には明らかに違う種類の幹が途中から生えている。この木には黄色い布が巻かれているので、神木扱いなのだろう。ということは、この木に限っては熱帯でも珍しいのだと思われる。

ついでに、興味深かった木々をあと2つ紹介。

Chakusei3

上の写真の木はプーケットで発見。ポトスみたいのがぶら下がってる。上から下に降りてきたのか、下から上に這い上がって行ったのか。後者かな。

Stupatree

こちらはパンガーのお寺の裏庭で撮影。ストゥーパ(仏舎利)の上に陣取って、ストゥーパに沿って根を地面にまで伸ばしている。いろいろあるもんだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.03.20

サンゴ礁とタバコ漁

556

555

潮が引くと、サンゴ礁があたり一面に顔を出す。
白く見えてるのは砂です。

なんか申し訳なさを感じながら、タイ人に倣ってこのサンゴ礁の上を歩いた。
サンゴ礁は意外にも固く、私の体重くらいは支えてくれた。

562_2

体長数㎝ほどのカニがサンゴの隙間を行き来する。
サンゴ礁は空洞が多いので、これがカニや小魚が外敵から身を守るのに
最適なシェルターとなっているようだった。

ウニ、なまこ、シャコ貝はそのまま手掴みで取れる。痛そうだから取らないけど。

560

561

ここで地元のタイ人男性2人組が登場。
手に1.5ℓサイズのペットボトルを持っている。
ペットボトルの口の部分には長さ30センチ、直径1センチくらいの
ホースがつなげてあって、ペットボトルをペコペコと押しては
中の茶色の液体をサンゴ礁の下に流しこんでいた。

液体がなくなると、また海水を補充してボトルをよく振ると
茶色の液体が再生する。良く見るとボトルの中には枯草のような
ものが入っている。

「これなに?」

「シガレット。」


どうやら小魚を狙っているらしい。
小魚が隠れたサンゴ礁の下に、ホースでペコペコと
タバコ水を流しこむ。そうすると小魚が嫌がってか、あるいは
ふらふらしてか、表に出てくるのでこれを取ってやろうという
狙いらしい。

10分ほど付き合ってこのタバコ漁を眺めていたが、
何度やっても小魚は出てこなかった。たぶん水面下に逃げ道となる
トンネルはいくつもあるのだろう。彼ら二人以外にタバコ漁を
やっている人はいなかったし、あんまり効率の良い漁法ではないようだ。

(撮影場所: タイ王国 クラビー県ピーピー島)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.12

初めての「月の出」

568

569

576


初日の出やら、富士山頂からの日の出やら、日本人にとって日の出というのはなじみの深いものだと思う。国旗が日の丸であることも手伝って、海外でも日本の愛称はRising Sunだ。だが月の出というのはどうだろう?

正直なところ、私もこれまで意識したことはなかった。月というのは気がついた時には既に空にぽっかりと浮かんでいるものであって、地平線から月が昇ってくるのを待ち構えるようなものではない。そういう先入観があったのだが、今回ピーピー島で、山の後ろから月がゆっくりと浮かびあがってくる「月の出」を見ることができた。満月の日だけの特典。実に神秘的で、実に面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.09

熱帯のカルスト地形

Kbr1

Kbr6

Kbr7_2

タイ南部のクラビ、パンガーで撮影した街並みです。 山地じゃなくて、すぐそこは海、というところの写真。実にいい崖っぷりじゃないですか。

このあたり(クラビ県、ピーピー島、パンガー湾など)の地質は石灰岩でできていて、強烈なカルスト地形を形成している。

日本のカルスト地形は窪地とか鍾乳洞になるようだけど、 このあたりは何せ暖かく雨量も多いので、縦方向の侵食(溶食)が激しく、 石灰岩が柱状や塔状に残る(Wikipediaより)。

 

Kbr8


Kbr5

 


Kbr2

面白いことに、隣地のプーケットは花崗岩質の山岳地帯で、石灰岩質ではなく、このような奇岩や絶壁は見られない。なぜクラビやパンガーの地質は石灰岩でできているのか、なぜ表面に出てきているのか、などまだまだ気になることが多いが、宿題としておこう。

Kbr3

Kbr4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.01

ゴムの木園とその経営

Gomu0_2 プーケットやクラビなどのタイのハイウェイを走っていてアブラヤシ園よりももっとたくさん目にするもの、それがゴムの木園だ。

最初は白樺だと思っていたのだが、あまりにも多いので、ナンボ素人の私でも寒いところの植物がこの暑い地域にこんなにたくさん育っているはずがないと思い、知人に聞いてみたところ「RUBBER!」の答えが返ってきた。

てっとり早い換金作物のようで、至る所に植えられている。このパラゴムノキのもともとの原産地はブラジルだそうだが、今ではマレーシア、インドネシア、タイが一大産地だ。

ゴムの取り方はいたって簡単で、地上から一メートルくらいの高さのところにお椀をくくりつけ、そのやや上に右下がり斜め30度、うくらいの角度で幹に傷をつけ、垂れてくる樹脂(乳液ーラテックスというらしい)を集めるのだ。

Gomu1

タイ南部の人は、タイ北部やタイ東北部の人たちに比べて生活レベルが高いのだという。その一番の理由が、このゴムをはじめとする換金作物の存在だ。

友人Mの両親は公立校の教師で、特別にリッチな家庭というわけではないが、田舎に100ライ(1ライは1600㎡なので、160000㎡、つまり400mx400mの大きさに相当)の土地を持っている。ここで副業で農園を営んでいて、ゴムやらドリアンやらを作っている。ゴムが一番割が良いため、今では農園の八割がゴム園になってるのだそうだ。ここで集められたラテックスは、1kgあたり30バーツだったり良い時は100バーツだったりで売れる。

ラテックスの採集は朝早くから行われる。朝の3時頃に幹に傷をつけ、8時頃に回収するらしい。これを副業としてやるのは結構大変だが、そこはきちんとシステムができあがっていて、友人Mの父が営む農園ではイサーン(タイ東北部)の人間を2-3人雇っている。実作業は彼らに任せて、取り分は50/50。イサーンはあまり産業がないので、米づくりが終わると多くの人が出稼ぎにでる。タイ南部の農園はその受け皿になっている。

こうして友人Mの父は100ライの土地から結構な不労所得を得ることができ、その金額は本業よりも多いのだとか。タイ南部の田舎ではまだまだ土地が安く、多くの人がこうして農園を持っている。ゴムの成長には適当の雨量が必須なため、同じことをやろうとしても雨量も相対的に少なく乾季も長いイサーンでは無理だ。タイ南部は恵まれた地域なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろいろなヤシ

Yashi今回の旅の目的の一つはタイの自然を肌で感じることなので、活発に動き回っている。スラタニからクラビへ、そしてピピ島、プーケット、ナコンシータマラート、サムイ島、そしてまたプーケット・・・レンタカーを借りて、これまで約二週間で計1500kmくらい走ったんじゃないだろうか。

そのように各地を転々としながら、今更ながらヤシにもいろんな種類があるということに気がついた。

ヤシの木といってまず思いつくのは、ココヤシ(左の写真)だろう。南の島の写真や絵ハガキには必ず登場する、ひょろひょろのびた長い幹の上の方に打ち上げ花火のように同心円状に葉が広がっているあれだ。このヤシの実がココナツ(Coconuts)で、中のジュースを飲んだり、料理に使ったりする。ココヤシはタイ南部ではどこへ行っても見ることが出来て、実もよく落ちている。芽を出した実もよく見る。たまに海岸沿いに流れ着いてたりする。

Aburaハイウェイを走っていてもう一つよく見るのは、再び花火に例えると、ドラゴン花火のように下から上へ向かって広がりながら葉が伸びているヤシだ。これはアブラヤシ(右写真の右側)と呼ばれる種類で、実からパーム油が取れる。アブラヤシの実はココナツとは全く違って、どんぐりのような小さい実が一房に何百とついているらしい。ハイウェイ沿いにはいくつものアブラヤシ畑があって、ちょうど収穫時期なのか、この二週間でも赤褐色の実をたっぷりと荷台に積んでのろのろ走るトラックや、おそらく荷台から落ちたと思われる赤褐色の実が道路に転がっているのを何度も見た。

Palmtrack_2

 

Aburaヤシの形状はこの「打ち上げ花火型」と「ドラゴン花火型」を二つの基本型として、幹(茎?)が太かったり細かったり、赤かったり、気をつけて見ていると何十種類ものバリエーションがある。Wikipediaによると 230属3500種もあるんだとか。そういえばブラジルに住んでいた時によく食べたパルミット(Palmito)もヤシ(おそらくアサイー種かココヤシ種)の芽だ。酢漬けにしたパルミットは色も見た目もちょっと太いアスパラガスのような感じで、とても美味しい。ヤシのことを英語でPalmというので、なんだ、同じ語源じゃないか。台湾で有名なビンロウもヤシの一種だ。暖かい地域ではとってもポピュラーだ。



Y1Y2_2Y3_2タイ南部の植生を考えるうえでまずヤシに目がいったのは、ケッペンの気候区分が頭にあったからだ。ケッペンの気候区分では熱帯(A群)と温帯(C群)の境目を、最も寒い月の月間平均気温が18℃を超えているかどうか、においている。そしてこの最寒月18℃というのが、ヤシの生育の限界条件なのだそうだ。タイ南部はヤシだらけなので、間違いなく熱帯だ。

800pxworld_koppen_map_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.23

ピーピー島の夕陽

Phi2


Phi3

撮影日時: 2009年2月19日
撮影場所: ピーピー島(ピピ島)、タイ王国

太陽はコンパスの示す「西」より少し南寄りの方角へ沈んだ。

Phi00


【参考】ピーピー島の日の出日の入 (国立天文台 暦計算室より)
緯度: 7.733 経度: 98.767 標高:   0.0 標準時:7

日付 方位 南中時 高度 入り 方位
年月日 時:分 時:分 時:分
2009/02/19 6:42 101.3 12:39 71.0 18:36 258.9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.01.19

タイが寒かったらしい

一週間ほど前になるが、タイが寒かったらしい。次のニュースはちょっと意外だった。

【タイ】タイ気象局は12日、中国から南下した高気圧の影響で、15日まで気温が下がるという予報を発表した。予想最低気温は北部、東北部の山間部で2―7度、平野部で7―14度、バンコクなど中部で13―16度。

 タイは10―12日にかけて全国的に気温が低下し、東北の山間部などで軒並み記録的な寒さとなった。カラシン県では11日朝に4度を記録。ルーイ県のプークラドゥン国立公園では氷点下近くまで気温が下がり、観光客が霜に覆われた景色を楽しむ姿がみられた。

 12日朝には中部ロッブリ県で41歳の、サラブリ県で28歳のタイ人男性が自宅で就寝中に死亡し、寒さが原因とみられている。
(Source: Newsclip.be)

そこで、寒さがMAXだったと思われる1/11の気圧配置図を入手してみた。

Programs_uploads_maps_20090111_to_2

シベリアに1050hPaという強力な高気圧がある。さらに中国東部にも1030hPaの高気圧があって、これらのおかげでタイ北部も1020hPaの等圧線にかかっている。今回の寒さの正体はこの高気圧だ。ちなみに前年の同じ日の気圧配置図は下の通り。

Programs_uploads_maps_20080111_topc

所詮素人なので確かなことは言えないが、ざっと数年分を眺めた限りでは、今年のようにインドシナ半島にまで高気圧がかかるのは珍しいと思われる。

さて、この寒かった日、日中はどうだったんだろうと思って調べた見たところ、一番寒さが厳しかったタイ東北部でも、昼の気温は23-24度を記録していた。寒いとは言っても、こういう地域だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)