« ビエンチャン写真集 | トップページ | シャンパンを飲むヘビの正体 »

2010.02.21

サバイディ ~タイとラオスの微妙な関係

102

ビエンチャンのホテルで朝、フロントのお姉さんに声をかけられた。

「サバイディー」 (Hello)

あれ? カーとかチャーオとかつかないの? 俺は客だし、年上だから、タイならホテルのスタッフは必ず丁寧語で話しかけてくる。その場合、語尾に必ずカーやチャーオをつけるので、「サバイディー」とだけ言われるとなんだか失礼な印象を持った。日本語で例えるならば、「おはようございます」ではなくて、「おはよう」とホテルのスタッフに声をかけられたような。

けれども、これはラオス中どこに行っても同じだった。 老若男女、みんな「サバイディー」と声をかけてくる。 どうもこれで良いらしい。この辺はタイとは違うのか。

ラオス語とタイ語は似ている。
単語も共通なものが多いし、文字もほぼ同じだ。 言語学的には、同一言語の地域変種というらしい。しかもタイのテレビがビエンチャンでは映ることもあって、 この地域の人の多くはタイ語もわかる。 実際、夜、ホテルのレストランのスタッフがみんなでタイのメロドラマを見ていた。

だが、地域の歴史やライバル心などが微妙に絡んで、 ラオス人はラオス語の独自性を主張したがるようだ。タイ語が通じるのが嬉しくてしきりにタイ語で話しかけていたが、ラオス人はあまり嬉しくなかったのかもしれない。申し訳ないことをしたな。

国境のイミグレーションの職員にも挨拶してみた。

(私) 「サワディーカップ」(※タイ語)
(彼) 「違うよ、サバイディーだよ、サバイディー」
(私) 「あ、すみません。サバイディー」
(彼) 「よし、通っていいよ」

楽しくもあり、難しくもある。

【ラオ語について詳しくはこちら】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%AA%E8%AA%9E

|

« ビエンチャン写真集 | トップページ | シャンパンを飲むヘビの正体 »

01 - 言語・民族」カテゴリの記事

■B4 - ラオス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12604/47621194

この記事へのトラックバック一覧です: サバイディ ~タイとラオスの微妙な関係:

« ビエンチャン写真集 | トップページ | シャンパンを飲むヘビの正体 »