« サバイディ ~タイとラオスの微妙な関係 | トップページ | 街にベンチを »

2010.02.22

シャンパンを飲むヘビの正体

Hebi

ビエンチャンの街を歩いていてシャンパングラスにとぐろを巻いて襲いかかろうとしているヘビの看板を発見。一体ここは何屋さんでしょう?


Hebi2


このシャンパンを飲むヘビの看板をかかげるお店は、薬屋さんでした。

でも、なぜヘビが薬なんだろう? しかもラオスに?
調べてみると、このヘビと杯の正体は、
アスクレピオスのヘビヒギエイアの杯というそうだ。
アスクレピオスはギリシャ神話で医術の神、ヒギエイアはその娘。
ヘビは脱皮して再生することから、医術のシンボルマークになっている。
杯はヒギエイアが聖蛇に餌をやるときの器なんだとか。

ルーツはわかったけど、なぜギリシャ神話のアイコンがラオスに来てるのか。
面白いことに、文化や言語に共通点が多い隣国タイでは
この看板は使われていないので、タイとラオスの歴史の違う部分
がルーツになっていそうだ。

つまり、ラオスを植民地支配していたフランス経由であるか
(タイは植民地支配されなかった。影響もイギリスの影響が強い)、
社会主義国つながりでロシア経由であるか
(タイは資本主義国でベトナム戦争特需で大いに経済成長した)。

フランスはギリシャ=ローマ文明の影響が強いので、おそらく
フランス経由で入ってきたものと推測した。


けどそれなら、ギリシャ=ローマ文明の影響を強く受けた国々の
薬局ではこのマークが使われてるに違いない。

そう思い Google Image で画像を拾ってみると、面白い画像が続々と
見つかった。

Photo

ドイツ(※画像はこちらからいただきました)

Lyon

フランス

Wsu

アメリカ、ワシントン州立大学の薬学部

Egyptalexandria

なんとイスラム圏にまで拡がっていた! この看板はエジプトのアレクサンドリアのもの。なるほど、アレクサンダー大王が治めた土地なのだからギリシャ文化が根づいているのも納得。

Stockphotopro_57230gkj_signboard_of

出所不明ながらAPOTHEKEはドイツ語で薬局の意味らしい。

Symbol_medicine

出所不明。立体的なヘビと杯。

Pharmacygreen

出所不明。

日本では薬局も含めて見たことがないマークだったけど、世界的にはわりと普遍的に使われているマークのようです。

* * * * *

ちなみにラオスで病院マークはというと、やっぱりこれでした。

84

このカドゥケウスの杖の方は世界的にもっとポピュラーで、日本でも病院やら大学やらに使われていますね。以前私がタイで虫歯の治療でお世話になった病院のロゴもこれでした。

Bamrungrad2_2

カドゥケウスの杖についてはこちらの記事も参考にどうぞ。

|

« サバイディ ~タイとラオスの微妙な関係 | トップページ | 街にベンチを »

08 - 孝現学」カテゴリの記事

■B4 - ラオス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12604/47625550

この記事へのトラックバック一覧です: シャンパンを飲むヘビの正体:

« サバイディ ~タイとラオスの微妙な関係 | トップページ | 街にベンチを »