« 2009年11月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年2月の記事

2010.02.26

街にベンチを

Yataishokudo

タイに行くといつも思うのは、人が街に出てきていることだ。
朝も昼も夜も、タイ人の多くは屋台とかオープンエアの食堂とか、
人目のあるところでご飯を食べている。

Bench

民家の前にはよく上の写真のようなベンチが置いてあって、家の人はもちろん、
ご近所の人、ちょっと立ち寄った取引先の人、客待ちのタクシー運転手などが
のんびりとくつろいでいる。夜はよくおっちゃん達が酒盛りをやっている。

ショッピングに行っても、そこら中にベンチやらフードコートやらがあって、
街の中で休憩できる。

Bench2

日本で例えるならば大学のキャンパス内のベンチが街中にあるような感じで、 タイでの生活は、無理をせず自然と、一日に何十人もの人とすれ違う生活スタイルになっている。

さて、それに比べると、日本での生活は孤立的だ。 食事は家だし、買い物で歩き疲れても、喫茶店やレストランは 普通は室内にあって、街を行き来する人たちとお互いに 顔が見える場所にはない。ベンチで休もうにも、街にはベンチが少ない。


やや誇張して言うならば、日本の街中には座る場所がない。
そのため、人が街に行くときには目的をもってうろついて、用が終わると
すぐに家に帰る。街の中に滞在する時間は短い。

これに対してタイの場合は、屋台とかベンチとか食堂とか街の中に座る場所が
いたるところにあって、用もなくだらだらと街の中にいられる。
だから街の中に滞在する時間が長い。

そして街に長くいればなじみの顔ともすれ違うし、自然とコミュニケーション
が生まれ、人と人とのネットワークができる。このネットワークは
日本では考えられないほど濃く、重層的で、タイ社会の一つの特徴と言えると思う。

タイで会社をやっている日本人が以前、タイ人への求人は、広告を出すよりも口コミの方がよっぽど効果的だと話していたが、それもこうした重層的ネットワークの一つの表れだろう。


ところで、日本の街が抱える問題の一つに、人々の孤立化がある。
この対策として、タイから学べないだろうか。

つまり、街中にベンチを置きまくり、人々の居場所をつくるのだ。
目抜き通りにはオープンカフェや屋台をつくりまくるのだ。
ご老人は日向ぼっこに来て世間話をする。会社員は会社帰りに
ちょっとくつろぐ。主婦たちは買い物ついでに立ち話ならぬ座り話をする。
子供たちは街の中で遊んだり宿題をしたりする。
店の中という閉鎖空間じゃなくて、街の中に、 通りゆく人々の顔が
見えるところにくつろぎ空間をつくるのだ。

たぶん昔の日本の街も、街が車に占拠される前は、 わりとそういう街だったと思うのだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.02.22

シャンパンを飲むヘビの正体

Hebi

ビエンチャンの街を歩いていてシャンパングラスにとぐろを巻いて襲いかかろうとしているヘビの看板を発見。一体ここは何屋さんでしょう?


Hebi2


このシャンパンを飲むヘビの看板をかかげるお店は、薬屋さんでした。

でも、なぜヘビが薬なんだろう? しかもラオスに?
調べてみると、このヘビと杯の正体は、
アスクレピオスのヘビヒギエイアの杯というそうだ。
アスクレピオスはギリシャ神話で医術の神、ヒギエイアはその娘。
ヘビは脱皮して再生することから、医術のシンボルマークになっている。
杯はヒギエイアが聖蛇に餌をやるときの器なんだとか。

ルーツはわかったけど、なぜギリシャ神話のアイコンがラオスに来てるのか。
面白いことに、文化や言語に共通点が多い隣国タイでは
この看板は使われていないので、タイとラオスの歴史の違う部分
がルーツになっていそうだ。

つまり、ラオスを植民地支配していたフランス経由であるか
(タイは植民地支配されなかった。影響もイギリスの影響が強い)、
社会主義国つながりでロシア経由であるか
(タイは資本主義国でベトナム戦争特需で大いに経済成長した)。

フランスはギリシャ=ローマ文明の影響が強いので、おそらく
フランス経由で入ってきたものと推測した。


けどそれなら、ギリシャ=ローマ文明の影響を強く受けた国々の
薬局ではこのマークが使われてるに違いない。

そう思い Google Image で画像を拾ってみると、面白い画像が続々と
見つかった。

Photo

ドイツ(※画像はこちらからいただきました)

Lyon

フランス

Wsu

アメリカ、ワシントン州立大学の薬学部

Egyptalexandria

なんとイスラム圏にまで拡がっていた! この看板はエジプトのアレクサンドリアのもの。なるほど、アレクサンダー大王が治めた土地なのだからギリシャ文化が根づいているのも納得。

Stockphotopro_57230gkj_signboard_of

出所不明ながらAPOTHEKEはドイツ語で薬局の意味らしい。

Symbol_medicine

出所不明。立体的なヘビと杯。

Pharmacygreen

出所不明。

日本では薬局も含めて見たことがないマークだったけど、世界的にはわりと普遍的に使われているマークのようです。

* * * * *

ちなみにラオスで病院マークはというと、やっぱりこれでした。

84

このカドゥケウスの杖の方は世界的にもっとポピュラーで、日本でも病院やら大学やらに使われていますね。以前私がタイで虫歯の治療でお世話になった病院のロゴもこれでした。

Bamrungrad2_2

カドゥケウスの杖についてはこちらの記事も参考にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.21

サバイディ ~タイとラオスの微妙な関係

102

ビエンチャンのホテルで朝、フロントのお姉さんに声をかけられた。

「サバイディー」 (Hello)

あれ? カーとかチャーオとかつかないの? 俺は客だし、年上だから、タイならホテルのスタッフは必ず丁寧語で話しかけてくる。その場合、語尾に必ずカーやチャーオをつけるので、「サバイディー」とだけ言われるとなんだか失礼な印象を持った。日本語で例えるならば、「おはようございます」ではなくて、「おはよう」とホテルのスタッフに声をかけられたような。

けれども、これはラオス中どこに行っても同じだった。 老若男女、みんな「サバイディー」と声をかけてくる。 どうもこれで良いらしい。この辺はタイとは違うのか。

ラオス語とタイ語は似ている。
単語も共通なものが多いし、文字もほぼ同じだ。 言語学的には、同一言語の地域変種というらしい。しかもタイのテレビがビエンチャンでは映ることもあって、 この地域の人の多くはタイ語もわかる。 実際、夜、ホテルのレストランのスタッフがみんなでタイのメロドラマを見ていた。

だが、地域の歴史やライバル心などが微妙に絡んで、 ラオス人はラオス語の独自性を主張したがるようだ。タイ語が通じるのが嬉しくてしきりにタイ語で話しかけていたが、ラオス人はあまり嬉しくなかったのかもしれない。申し訳ないことをしたな。

国境のイミグレーションの職員にも挨拶してみた。

(私) 「サワディーカップ」(※タイ語)
(彼) 「違うよ、サバイディーだよ、サバイディー」
(私) 「あ、すみません。サバイディー」
(彼) 「よし、通っていいよ」

楽しくもあり、難しくもある。

【ラオ語について詳しくはこちら】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%AA%E8%AA%9E

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.20

ビエンチャン写真集

90


83

62


81

96_2


98


78

 


88


ビエンチャンは行く前のイメージ通り、静かな落ち着いた街だった。

イメージと違ったのは、お寺や街並みやカフェなどのアートのセンスがすごく良かったこと。それから、ずいぶん西洋人の観光客が多かったこと。旧市街には外国人向けのホテル、スパ、マッサージ、カフェ、布地屋、雑貨屋、レストランなどが多くあった。

車もそれほど多くなく、歩くのが楽しい街。勝手な意見だけど、あんまり発展して欲しくないと思った。

982

街中にはJICAの事務所があった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.17

タイ=ラオス国境~メコン河を渡る(2)

800pxthailaofreundschaftsbruecke_3

ラオス人民民主主義共和国、通称ラオス。

日本人にはあまりなじみのない国だけど、タイ旅行のついでにちょっと足を延ばしてラオスまで、というバックパッカーは多い。みな口を揃えて、「のんびりしたいい町だった」「ビアラオ(BeerLao)が美味かった」という。そんな話を聞くと、タイ好きのバックパッカーの血とプライドが騒ぐ。

数年前から日本人は、ラオス入国にあたり14日以内の滞在ならビザが不要になったので、入国は実に簡単だった。具体的に書いておこう。

タイのノーンカーイとラオスのビエンチャン郊外をつなぐ「タイ=ラオス友好橋」という名の橋がメコン河にかかっていて、ここから国境を越える。

  1. 橋のふもとにあるイミグレーションへ直接行く。 ノーンカーイの町からトゥクトゥクで約10分、40Bだった。私はノーンカーイに一泊したが、ウドンターニ空港から直接行くのも便利だ(相乗りミニバンで1時間強、150Bくらい)。
  2. 高速道路の料金所のようなブースが並んでいるので、パスポートを提出してタイの出国のスタンプを押してもらう。
  3. タイからラオスへの橋を超えるシャトルバスに乗る。たしか20B。(ボロ)シャトルバスの横腹に、日本の国旗とOfficial Development Aidの文字が描かれていた。俺らの税金はこんなところで使われてたのか。
  4. 10分ほど走ってラオス到着。同じく高速道路の料金所のようなブースでパスポートと、配布されているARRIVALカードを記入して提出。あっさりと入国のスタンプを押してもらった。
  5. 出口にミニバン業者、タクシー業者がたむろしていて声をかけてくる。市内のホテルまで相乗りミニバンで約30分、150Bだった。なおビエンチャンではタイバーツが普通に使えるので(レートはやや悪いと言われている)、数日しか滞在しない人は両替の必要さえない。
  6. 宿まで送ってもらって国境越えプロジェクト終了。実に簡単で、ノーンカーイの宿からビエンチャンの宿までDoor to Doorで 2時間だった。

簡単だったんだけど、初回だし一人旅ということで警戒してたので、カメラを構えてる余裕がなく写真がありません。

なおラオスの通貨はキープ。 1バーツ=250キープ(市内の流通レート)。1000バーツ札(約3000円)を両替したら50000キープ札を5枚、 計250000キープをもらえて、なんだかすごく得した気分になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイ=ラオス国境~メコン河を渡る

032

 

写真はタイ(ノーンカーイ)とラオス(ビエンチャン近郊)の国境を流れるメコン河です。タイ側のレストランから撮影。

Kokkyo2

乾季だというのに河の色はこれだけ濁っています。

この船着き場は地元民が使うためのもので、我々外国人はイミグレのある橋を渡ります。


Kokkyo3

ここの時間の流れは河の流れと同じくゆるやかです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年11月 »