« ロンドンの都市景観(2) | トップページ | 単位の話 »

2009.10.27

ケルンの交通政策

居心地の良かったロンドンを離れて、ふらっとドイツのケルンにやってきた。
この街で一番注目したのが、その交通政策だ。

Chari_2 まず、左の写真のような自転車専用レーンがある通りがあった。道路の一番外側が歩道、その一つ内側が自転車専用レーン、その内側が車道になっていた(ちなみにドイツは右側通行です)。

歩いてみると、車も自転車も多い大通りだというのに実に歩きやすい。安全な歩道が確保されているので、車や自転車が怖くない。だから、安心して周囲をキョロキョロしたり、立ち止まって写真を撮ったりできる。






Chari2

私が住んでいる京都の街中の交通政策は、正直なところ出来が悪いと思う。

ただでさえ道が狭いのに、自転車、歩行者との棲み分けルールが定まっていないので、車を運転すれば車道に出っ張って走る自転車が怖いし、自転車で走れば路肩に停車中の車を避ける際に背後から車にひかれないように充分注意が必要だし、歩けば背後から自動車に迫られ、歩道でも正面から自転車が突っ込んでくる。

それだけに、ケルンで見たこの棲み分けルールは素晴らしいと感じた。


Densha_2

そしてもう一つ注目したのが路面電車(LRT)だ。

この路面電車は、地下鉄や高架の駅と違って電車に乗るのに階段の上り降りが不要なうえに、中心部にはバス停のようにくまなく駅があるので、とても快適に移動ができた。その意味ではまるでバスなのだが、バスよりも乗り心地は快適だし、本数も多いし、専用レーンがあるので交通渋滞に巻き込まれないのが良い。ホームも広いので、待ってる間に窮屈な思いもしなくていい。実に使い勝手が良かった。

Densha2

この路面電車には、自転車やペットの持ち込みもできる(ただし自転車は少し追加料金が必要)。

さすがに市内のど真ん中には線路を敷設するスペースがなかったようで、電車は地下を走っていたが、この路面電車がそのまま地下に入って地下鉄となる。無駄がなくていい。

ある街が居心地の良い街かどうか。その判断にあたり重要な地位を占めるのが歩いて楽しいかどうかという点だ。そして、それには充実で快適な公共交通網とその安全性というのが必要条件となる。ケルンはこの点で優れていたと思う。




#以下、市内のスナップ写真です。

Koln2

Koln3

Koln4_2

Koln5

Koln6


Koln7


|

« ロンドンの都市景観(2) | トップページ | 単位の話 »

09 - 都市景観・都市戦略」カテゴリの記事

■B6 - イギリス・ドイツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12604/46594173

この記事へのトラックバック一覧です: ケルンの交通政策:

« ロンドンの都市景観(2) | トップページ | 単位の話 »