« サクラとメジロ | トップページ | 定額給付金の支給 »

2009.03.26

着生植物というスタイル

Chakusei

Chakusei2

他の木の上にちゃっかりと居座ってる別の植物。
ちょっとわかりにくいけど、幹の分岐してるところに「しだれキャベツ」みたいのとササみたいなの、見えますか? こういうの、着生植物というらしい。

タイ・ナコーンシータマラートのお寺の境内で発見。 別に熱帯では珍しいものではないというけど、日本では私は見たことがない。

これらの着生植物は自分で光合成はしてるので、寄生してるわけではない。軒先を借りてるだけだ。けど水や養分はどうしてるんだろう? なんのメリットがあるのだろう? 動物にしても植物にしても、いろいろなスタイルで我が世を謳歌しているのが面白い。

それから着生植物に気を取られてて気がつかなかったけど、 一枚目の写真には明らかに違う種類の幹が途中から生えている。この木には黄色い布が巻かれているので、神木扱いなのだろう。ということは、この木に限っては熱帯でも珍しいのだと思われる。

ついでに、興味深かった木々をあと2つ紹介。

Chakusei3

上の写真の木はプーケットで発見。ポトスみたいのがぶら下がってる。上から下に降りてきたのか、下から上に這い上がって行ったのか。後者かな。

Stupatree

こちらはパンガーのお寺の裏庭で撮影。ストゥーパ(仏舎利)の上に陣取って、ストゥーパに沿って根を地面にまで伸ばしている。いろいろあるもんだ。

|

« サクラとメジロ | トップページ | 定額給付金の支給 »

04 - 気象・気候・植生・動物」カテゴリの記事

■B1 - タイ王国」カテゴリの記事

コメント

その後沖縄の植物園で、再び「しだれキャベツ」らしきものを発見。どうやら「ビカクシダ」という名前だそうです。

投稿: 管理人 | 2009.04.10 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12604/44470124

この記事へのトラックバック一覧です: 着生植物というスタイル:

« サクラとメジロ | トップページ | 定額給付金の支給 »