« 旧暦の年中行事に遊ぶ | トップページ | 昭和の面影 »

2009.01.02

煩悩退散!

Joya明けましておめでとうございます。

ここ数年、年末年始はタイかマレーシアで過ごすことが多かったので、久々の日本のお正月です。しかも京都では初のお正月。日本らしさ、京都らしさに大いに期待しているところです。

そんな中、昨晩は思いがけず除夜の鐘をつくことができた。

氷点下近い気温の中、凍えながら歩いて初詣に向かっていたところ、 通りがかったお寺で焚き火をしているのが見えて暖を取りに行った。そうするとちょうどお坊さんが2人出てきて、鐘の前でお経を読み始めた。 冷え切って澄んだ空間におごそかな美声が心地よく、聞き惚れていた。

「では、こちらに並んでください」

えっ、俺が鐘ついていいの?? 

前から6番目くらいに並んだ。 見よう見まねで、まず鐘と横にいるお坊さんに一礼し、 両足を肩幅ほどに前後に開いて、構えて振りかぶった。

「せーの!(心の中の声)」

ところが鐘突き棒は思ったより軽く、すごい勢いで持ちあがってしまった。 このまま降ろしてきたら轟音になってしまう。 あわてて止めようとしたが、さじ加減が難しいもんで、今度はスピードが弱くなりすぎてしまったが時すでに遅し。

「コーーン」

ちょっと控え目な6番目の除夜の鐘の音になった。

つき終わると、お坊さんが近くの段ボールからみかんを取り出してくれた。 どうも、みかんの数で108を数えているようだ。なるほど。

Gokogu こうして自分の手で煩悩も退散させることができて、 すがすがしい気分で御香宮神社へ初詣。 30分ほど列に並んで参拝を済ませた。貼るカイロ君を持って来ておいてよかった。

初詣とくれば当然おみくじ。さっき鐘をついたばかりの神聖なこの手は、今度は大吉goodを引き当てた。 うん、いい一年になりそうだ。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

|

« 旧暦の年中行事に遊ぶ | トップページ | 昭和の面影 »

■A1 - 京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12604/43608558

この記事へのトラックバック一覧です: 煩悩退散!:

« 旧暦の年中行事に遊ぶ | トップページ | 昭和の面影 »