« さそり座の月にさそり座が見えないわけ | トップページ | 煩悩退散! »

2008.12.28

旧暦の年中行事に遊ぶ

Yoko 生活の中に旧暦を取り入れて暮らすのがひそかなブームらしい。旧暦には季節感があり、行事を通じて伝統文化も感じられ、毎日をより楽しめる親スローライフな暦なのだそうだ。

この意見には大いに賛成だが、とはいえ旧暦で面倒なのは行事の日にちが毎年変動することで、きちんとフォローするのは結構大変だ。そこで、理解のため年中行事の類型化を試みたところ、年中行事はカレンダーとの関係では4種類に分類できることがわかった。

A群 はじめから新暦の行事
B群 以前は旧暦だったが、現在ではもっぱら新暦で行われる行事
C群 もともと旧暦の行事で、現在でも旧暦で行われる行事
D群 旧暦というか、二十四節気に基づいて行われる行事

Atod

このうちA群とB群は毎年日にちが固定されており間違えることはない。行事日に迷うのはC群とD群だろう。これらをてっとり早く調べるためには、こよみのページが便利だ。暦のプログラムが組んであって、たいていのことはここで調べられる。

ただ、その行事日がどうやって決まるのか、一応のロジックを知っておいた方が応用がきいていいだろう。そこでC群とD群について簡単に説明を試みる。

1.太陰太陽暦の行事

C群の行事は、旧暦正月、旧盆、中秋の名月など、月の満ち欠けを基準とした太陰太陽暦で行われる行事である。旧暦正月(旧暦1月1日)はいつだって新月だし、旧盆(旧暦7月15日)や中秋の名月(旧暦8月15日)は満月だ。(※厳密には微妙に違うこともあるがここでは分かりやすさを優先して無視することにする。)

Shougatsu月の新月から新月までの周期約29.5日に合うように、29日の月と30日の月を交互にならべて一か月とする太陰太陽暦では、12か月は354日となる。他方で太陽と地球の関係で求められる一年間は約365.2422日だから、毎年約11日ずつのずれが生じる。これを解決するために19年に7回ほど、閏月という30日の13ヶ月目を足して、一年を384日とするのだ。ほぼ3年に1回、閏月を入れていることになる。

左の表はここ10年の旧暦正月の新暦での日にちである。2006年は1月29日だったが、2007年は2月18日、2008年は2月7日、そして来年2009年は1月26日と、毎年約11日早まったり、約19日間遅まったりする。閏月がなかった翌年は約11日早まり、閏月があった翌年は(-11+30=+19)というわけで約19日遅くなるわけだ。

2.二十四節気の行事

他方、D群の行事は二十四節気に基づくものである。二十四節気とは天球上の太陽の通り道(黄道)を24で割った太陽の位置を示す座標で、黄径0度が春分点で、春分点を含む日を春分の日としている。同様に、黄径90度が夏至点で、夏至点を含む日が夏至の日となる。

Suii ところで二十四節気は黄道上の座標だから、これは太陽暦なので、同じく太陽暦であるグレゴリオ暦(現在利用している太陽暦)と差はないはずである。ただ、約365.2422日である太陽年をグレゴリオ暦では365日と366日の組み合わせで解決しているため、標準日±1日くらいの幅で変動する。というのも、春分を例にとると、0.2422日は約6時間なので、365日の年は暦上前年に比べて春分点が約6時間遅くなり、366日の年は春分の日の前に2月29日の閏日が入るため、6時間-24時間分だけ早くなるからだ。具体的に見ていくと、2007年の春分点は3月21日の9時頃だったが、翌2008年(閏年)の春分点は3月20日の15時頃、2009年は3月20日の21時頃、2010年は3月21日の3時頃、2011年は3月21日の8時頃、2012年(閏年)は3月20日の14時頃になっている。春分点を含む日を春分の日とするので、春分の日は2007年は3月21日だったが、2008年と2009年は3月20日、2010年と2011年は再び3月21日、2012年は再び3月20日となった。右上の表は1801年からの250年分の春分の日のグラフだが、3月21日±1日となっていることがわかる。他の二十四節気も同じルールで日が決められる。節分(立春の前日)も、立春が同じルールで決められるため、同じルールで決められる。一応調べてみたところ、節分は20世紀前半は2月4日となることが多かったが最近では2月3日が多く、21世紀も後半になると2月2日が目立つようになる。じわじわと早くなっているが、2100年が閏年ではないことで、またそこで24時間遅くなり調整される。

以上のように、C群もD群も行事日が変動するのがややこしい。しかも変動の幅はC群とD群で異なり、C群の方は振れ幅が大きく、D群は一見固定に見えて微妙に変動する。この辺が話を更にややこしくしているのだと思う。ただ、こうして分類することで、少しは頭に入りやすくなったんじゃないか・・・そうでもないかな。

(※以上は詳細を省いたおおざっぱな説明なので、より正確には専門のページをあたってください。)

【参考】
春分の日データ http://ns1763.ca/equinox/vern1788-2211.html

|

« さそり座の月にさそり座が見えないわけ | トップページ | 煩悩退散! »

03 - 世界の暦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12604/43556511

この記事へのトラックバック一覧です: 旧暦の年中行事に遊ぶ:

« さそり座の月にさそり座が見えないわけ | トップページ | 煩悩退散! »