« バラク・オバマ氏 勝利宣言スピーチ全文 (英文と和訳) | トップページ | 平等院鳳凰堂 »

2008.11.27

京大桂キャンパスとフードマイレージ

Katsura1

所用で、京大の桂キャンパスに行ってきた。 京大のキャンパスといえばまずは左京区の百万遍界隈だけど、 昨今は手狭になってきたようで、宇治にもキャンパスがあるし、 2003年からは工学研究科の多くが桂キャンパスに移転している。

ところが、京都市に広い土地なんてろくに余ってないから、 桂キャンパスは桂御陵坂という丘を切り開いてつくった。 というわけで景色はご覧の通り。

ちょっとした山登りで、日帰りハイキング並に疲れた。

Katsura2

Katsura3


ランチは生協食堂で430円の唐揚げラーメンを食べた。味はまずまず合格点。
ここで面白いものを見つけた。

Foodmileage

Food2 ピンぼけしてしまって見にくいので、よそから拝借してきた拡大サンプルも右に掲載してみたが、これ、メニューごとのフードマイレージとCO2排出量が書いてある。秤の上にのっている左側の赤い瓶がフードマイレージ、右側の緑色の便がCO2排出量。

フードマイレージとは、 食料の輸送に伴い排出されるCO2が地球環境に与える負荷を数値で表したもの。単位のt・kmというのがなんだか違和感があるけれど、これは、(食料の輸送量・重さ t)×(食料の輸送距離 km)の単位だそうだ。まあ1気圧とか1ジュールとかと同じように、一つの単位として考えておけばいいようだ。この数字に、輸送手段ごとのCO2排出量をかけて、この一皿の食事の食材をここまで運んでくるのに必要だったCO2排出量をグラムで表示している。

※企画元のHPはこちら
http://www.kyoto-bauc.or.jp/food/food_mileage/

なかなか面白い試みだとは思った。73gのCO2に、どれだけの温暖化効果があるのかピンと来ないけれど、食欲がそれほど旺盛でない時には、なんとなく数値の小さい食材を選ぼうかなという気にはなる。地産地消、異議なし。

だが待てよ。これって、作物の育成や加工や調理に必要なエネルギーは一切考慮してない数値じゃないか。どうせなら、ここまでこだわって欲しかったなあ。

|

« バラク・オバマ氏 勝利宣言スピーチ全文 (英文と和訳) | トップページ | 平等院鳳凰堂 »

06 - 政治・経済・社会」カテゴリの記事

■A1 - 京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12604/43241713

この記事へのトラックバック一覧です: 京大桂キャンパスとフードマイレージ:

« バラク・オバマ氏 勝利宣言スピーチ全文 (英文と和訳) | トップページ | 平等院鳳凰堂 »