« 自作押入れ書棚 ~本と資料の保管方法 | トップページ | 「鴨川丸太町」駅を提唱します »

2008.10.23

京都・時代祭

Tomoe

神社仏閣ばかりで、いつでもどこかでお祭りをやってる京都だけど、 その中でも「京都三大祭」と呼ばれる、格の面でも規模の面でも抜きんでた お祭りが3つある。祇園祭、葵祭、そして時代祭だ。

昨日はこの「時代祭」の日だった。

平安神宮の祭神である桓武天皇(平安京をつくった人)と孝明天皇(東京遷都前の、つまり江戸時代最後の天皇)に、 京都の街の繁栄をご覧いただく、という趣旨だそうで、 明治維新から平安京前まで、約1200年にわたって、京都の歴史を彩った歴史上の人物たちが御祭神のお伴をして、 京都御所から平安神宮まで街を歩く。例えば西郷隆盛、豊臣秀頼、織田信長、足利将軍、楠木正成、坂上田村麻呂などなど 。

【詳しくは・・・行列の主役たち】
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/jidai/2007/shuyaku.html

自転車を飛ばしてさくっと見に行ってきた。
小雨が降っていて寒かった。。

Hyotan この行列を見ながら、日本の歴史を反芻していた。
面白かったのは、「南北朝時代」じゃなくて、「吉野時代」という紹介がされること。確かに天皇側からみると、北朝は逆臣ということに なるのだろう。そういえば楠木正成は扱いが大きかった。

それから、平安京初期は、「延暦時代」というくくりにされていた。一般に平安時代というけど、平安という元号があるわけじゃなくて、 平安遷都は延暦という元号(西暦782年から805年)のときに 行われたんだね。だったら、平安時代は平安京時代というべきじゃないの? などと自問してみたり。

ポジションが悪くてあまりいい写真がないのだけれど、1枚目は巴御前、2枚目は羽柴秀吉のひょうたん。

|

« 自作押入れ書棚 ~本と資料の保管方法 | トップページ | 「鴨川丸太町」駅を提唱します »

■A1 - 京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12604/42879845

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・時代祭:

« 自作押入れ書棚 ~本と資料の保管方法 | トップページ | 「鴨川丸太町」駅を提唱します »