« 「鴨川丸太町」駅を提唱します | トップページ | 自作行燈 »

2008.10.28

庶民の株式投資

Kabu_2日経平均株価がバブル以降最安値を付けたそうだ。7162円90銭。

ここまで下がると、株などという俗世界からはしばらく身を引いていた私だが、今買わないと損だろ、という気になってくる。

いったい株価はどこまで下がるのだろう?  多くの企業の純資産倍率は、既に1.0を切っている。 株価収益率も10倍くらいになった。 普通に考えれば、充分に割安だ。

だが、株価は美人投票だという。自分は「美人」だと思っても、 周りが同様に思って「買い」をいれなければ、株価はあがらない。

そもそも東証の株取引の6割は外国人投資家だったそうで、 彼らが一斉に東証から逃げているので、下がって当たり前だ。 東証手じまい組はまだまだ残っているだろう。

地銀の破たんの噂もあるし、5-6年前のような信用収縮がまたおきそうな気がする。アメリカ市場の縮小と円高の ダブルパンチで、今期の日本の輸出産業の収益はかなり圧縮される。しかも 世界恐慌はこれからが本番だ。今、株を買うのはリスクが高い。

むしろ現金、しかも円をそのまま持っていることが、 一番の運用方法だったりする。なにせこの1か月で2-3割価値が 上がったのだから。

なにかいい材料はないだろうか?

世界中で金融機関に公的資金を導入したり、金融機関が自ら 資本を増強したりしている。また企業の会計の見た目をよくするために 会計基準を変更したり(まったく、ひどいもんだ)、株保有を促進したりする 政策を打ち出したりしている。

だが、株価を見る限り、今のところその効果は限定的だ。

今後、日本の株価はどういうシナリオで動いていくのだろう?

おそらく、東証の主要プレイヤーは、これまでとはがらりと変わる。 欧米の投資家や欧米銘柄が激減し、中国人投資家と中国銘柄が 存在感を増してくるだろう。

個人的には、株価はしばらくは低迷するだろうが、2年もすれば 選別された銘柄は息を吹き返すと思う。 鉄鋼とかプラントとかゼネコンとか、技術力を持った重工業系の株が面白いんじゃないかな。

|

« 「鴨川丸太町」駅を提唱します | トップページ | 自作行燈 »

06 - 政治・経済・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12604/42927170

この記事へのトラックバック一覧です: 庶民の株式投資:

« 「鴨川丸太町」駅を提唱します | トップページ | 自作行燈 »