« 夏越祓(なごしのはらえ) | トップページ | 究極のエコシップ »

2008.07.06

東ティモール産コーヒー

Coffee 昨日もちょっとしたシンポジウムに参加してきた。地球研(総合地球環境研究所)というところ主催の、こんなやつです。
http://www.chikyu.ac.jp/archive/topics/2008/forum_080705_annai.html

この中で、東ティモールのコーヒー栽培の話があった。



東ティモールという国、覚えている人いるでしょうか?

2002年にインドネシアから独立したばかりの国で、独立前後には盛んに報道されていたけど、最近はすっかり聞かないですね。 私もすっかり忘れてました。

で、この東ティモール、独立を果たしたは良いのだけれど、 国民一人当たりの年間所得がUS400ドル未満と、 世界でも最も貧しいエリアの一つなんだそうです。

そこで、ここを地域研究のフィールドとする学者さんや NGOのメンバーは考えた。

この地は山が多く高度が高く、良質のコーヒーが育つ。以前からコーヒー豆の栽培はされていたのだが、ノウハウがなかったため、 豆そのものの品質は良くても収穫後のケアが悪く、全体としての品質は良くなかった。 そこで、彼らにノウハウを伝授し、できた良質のコーヒー豆を日本で売ってみよう。そうやって彼らの所得水準の向上をお手伝いしよう。

こうして日本に持ってこられたエルメラ・マウンテン・コーヒー
エメラルドマウンテンじゃないですよ。
このエルメラのクオリティは、ブルー・マウンテンに匹敵するのだとか。 とりあえず一袋購入してみた。値段は250gで1000円。けっこういい値段してます。 味の方はというと、香り良し、口当たりも良いと思う。十分合格点。

ま、こういうのは無理せず、細く長く付き合っていくのが良いですね。

* * *
追記  このコーヒーを飲んでみたい方は、関西圏なら阪神百貨店で、ネット通販では池田珈琲屋さんにてお買い求めいただけます。

|

« 夏越祓(なごしのはらえ) | トップページ | 究極のエコシップ »

06 - 政治・経済・社会」カテゴリの記事

■A1 - 京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12604/41748336

この記事へのトラックバック一覧です: 東ティモール産コーヒー:

« 夏越祓(なごしのはらえ) | トップページ | 究極のエコシップ »