« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の記事

2008.07.22

チャリダーの夏

Shimogamo 京都に来て早や二か月が経とうとしていますが、ちょっとした自慢があります。

実は、まだ京都で電車に3回しか乗ってません。 市バスにも乗ってない。車もバイクもない。 移動手段はもっぱらチャリンコ。 片道1時間くらいまでなら、どこへでも元気に愛車プジョー(でもチャリ)をかっとばします。

けど、困ったことが一つ。
最高気温が37度を記録するようになって、さすがに暑いのです。

おばちゃんの中には、日傘をさしてママチャリをこいでる人もいる。その気持ちはよくわかる。自衛手段として正しい。でも、まだおじちゃん・おばちゃんの仲間入りはしたくないし、街の美観を損なうのは申し訳ないので、それは自粛してなるべく日陰を探しながら走ります。いい木陰を見つけると、のんびり一休みします。

Shimogamo2 写真は先日立ち寄った下鴨神社の「糺の森」。残されている原生林には小川が流れ、とっても雅な感じなんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.07

究極のエコシップ

Horie 海洋冒険家の堀江謙一氏(69才!)が、約4か月かかってハワイから紀伊水道までの6,000kmの単独航海に成功したそうです。
http://www1.suntory-mermaid2.com/sm2_main.html

実はこの船、エンジンがない。帆もない。 推進力はなんと波。波浪推進船といいます。開発したのは東海大学の寺尾教授。


Map
詳しい仕組みは理解できませんでしたが、 流体力学によると、波によって船が上下に揺れる運動が、 船につけられた水中翼により、船を前に押し出す力に変わるんだそうです。 日本の技術はすごい。
http://www2.scc.u-tokai.ac.jp/www3/news/fune/wavepowerboart/wavepowerboart.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1312372603

航海日記を読むと、スピードは常時2~3ノット(時速4-6kmくらい)出ていたようです。ん、歩くスピードと同じくらい?意外と遅い。

Wavepowerboat3ところで 堀江さん、食事は電子レンジでシューマイやらご飯やらを温めたりもしていたようです。えっ電子レンジ? 推進力に使わなかっただけで、電気はあったんですね。そういえば屋根にソーラーパネルが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.06

東ティモール産コーヒー

Coffee 昨日もちょっとしたシンポジウムに参加してきた。地球研(総合地球環境研究所)というところ主催の、こんなやつです。
http://www.chikyu.ac.jp/archive/topics/2008/forum_080705_annai.html

この中で、東ティモールのコーヒー栽培の話があった。



東ティモールという国、覚えている人いるでしょうか?

2002年にインドネシアから独立したばかりの国で、独立前後には盛んに報道されていたけど、最近はすっかり聞かないですね。 私もすっかり忘れてました。

で、この東ティモール、独立を果たしたは良いのだけれど、 国民一人当たりの年間所得がUS400ドル未満と、 世界でも最も貧しいエリアの一つなんだそうです。

そこで、ここを地域研究のフィールドとする学者さんや NGOのメンバーは考えた。

この地は山が多く高度が高く、良質のコーヒーが育つ。以前からコーヒー豆の栽培はされていたのだが、ノウハウがなかったため、 豆そのものの品質は良くても収穫後のケアが悪く、全体としての品質は良くなかった。 そこで、彼らにノウハウを伝授し、できた良質のコーヒー豆を日本で売ってみよう。そうやって彼らの所得水準の向上をお手伝いしよう。

こうして日本に持ってこられたエルメラ・マウンテン・コーヒー
エメラルドマウンテンじゃないですよ。
このエルメラのクオリティは、ブルー・マウンテンに匹敵するのだとか。 とりあえず一袋購入してみた。値段は250gで1000円。けっこういい値段してます。 味の方はというと、香り良し、口当たりも良いと思う。十分合格点。

ま、こういうのは無理せず、細く長く付き合っていくのが良いですね。

* * *
追記  このコーヒーを飲んでみたい方は、関西圏なら阪神百貨店で、ネット通販では池田珈琲屋さんにてお買い求めいただけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.01

夏越祓(なごしのはらえ)

01300 昨日は「環境市民」というNPO団体の、会報発送ボランティアに参加。

会員向けの会報を、折って、封筒に詰めて、宛名を貼って、という地味な作業をしながら、みんなでわいわいくっちゃべる、月一回の企画だ。 運営スタッフをはじめ、地域のおばちゃんから学生までいろんな人が集まるので 数時間なんかすぐ過ぎて、初参加の私もとても楽しい時間を過ごさせてもらった。

途中、スタッフさんが気を使って水無月という和菓子を持って来てくれた。


「6月30日は水無月を食べて、神社で茅の輪(ちのわ)をくぐる日なのよー」


なんじゃそりゃ?冷や汗

これ、「夏越祓(なごしのはらえ)」という行事だそうだ。毎年6/30に行われる、半年間に犯した罪や穢れを払う行事で、 神社にこの日だけ登場する茅でつくった大きな輪をくぐって穢れを払うんだとか。 そんでもって、この日には必ず水無月を食べる。水無月は小豆菓子で、小豆には悪霊払いの意味があるらしい(写真)

こういうのがあるから、京都住まいは楽しいね。
今年ももう半分が終わったのか。

【参考:夏越祓と水無月】
http://www.kanshundo.co.jp/museum/gyoji/gyoji_18.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%A5%93

ついでに、帰り路に下御霊神社で井戸水をペットボトルにゲット! 明日はこの水でお米を炊くのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »