« 日本の森をなんとかしよう | トップページ | 夏越祓(なごしのはらえ) »

2008.06.29

田植えデビュー

Ta 本日、田植えデビューしてきた。
泥沼のような水田に素足で入り、苗を30cm間隔くらいで手植えした。 水田の中には蛙になりかけのオタマジャクシやら、タニシやらザリガニやらが たくさん。最初は何やら臭う濁った泥沼に「マジでここ?」とひるんだが、 やってみると水は冷たくて気持ちよく、アメンボを追っかけたりするのも 純粋に楽しかったかも。

今回は、「自給農法」を提唱している糸川氏とそのお弟子さんの杉原氏にお世話になった。 普通は田植えというのは5月のゴールデンウィーク頃の 風景だという。6月末に田植えとはのんきなもんだが、これには理由がある。

このお米、完全無農薬なのだ。
さらに、肥料も一切やらない、完全有機栽培だ。
そして機械は一切使わない、完全手作業。

そんなことができるのか、と半信半疑だったが、米という生物が本来が持つ強さを最大限に生かし、土づくりにとことん こだわれば、稲は十分に育つのだという。世界中で主食として食されている作物は、本来は手がかからない作物がほとんどらしい。

それに、換金作物として米をつくる場合は、時期や量がプライオリティ になるが、自分で食べるためにつくるのだから、味や安全性がプラオリティ になる。目的が違えば、手段が違うのは当たり前だ、と教わった。

たとえば、普通冬の間は田んぼは水を抜いてカラカラにしておくもんだが、 有機農法→自然の栄養分が必要→稲にとっての栄養分とは自然の生物が 住める環境・・・という発想で、冬の間でも田に水を張って動植物を 遊ばせておくので、まるで沼地のようになっている。これが最良の土になる。

6月末に田植えをする理由はこうだ。
米は本来熱帯の植物なので、暑さを好む。それなのに、なぜ日本で一般に5月頭に田植えをするのかというと、 兼業農家が増えたので働き手が帰省できるゴールデンウィークでないと田植えができないとか、早く作って早く新米を出荷した方が 良い金になる、とかという事情があるのだそうだ。 それでまだ寒いうちに苗を植えるが、寒いから稲が病気になりやすい。 だから農薬を使う。

Ta2 その点糸川式では、農薬を使いたくないので、苗が十分に育つ6月まで待つ。人間とおんなじで、そこそこ大きくなれば苗も病気に かかりにくくなるので農薬がいらない。

雑草対策としても6月末の田植えは有効だ。 糸川式では、暖かくなって雑草が生えてきた出鼻に代掻き(土を掘り起こす) をして、雑草に壊滅的な打撃を与えてから、苗を植える。だから雑草が生えにくい。5月の田植えでは、その後暖かくなるにつれて雑草と稲が一緒に生育してくるので、雑草だけを抜くのが大変だとか。 だから除草剤を使いがちだ。

収穫時期も、換金作物としては、早く刈って早く新米として売る方が 儲かるので、さっさと刈って、ドライヤーで乾かすことになる。 しかし糸川式では、米の糖度を高めるために、いつまでも田でじっくり寝かせ、 刈り取った後の米は一か月くらいかけて天日に干す。こうして出来た米は、抜群に美味いのだとか。

とこのように、近所の農家のオヤジに 「これは道楽やね」と言われるような、芸術的な農法なのだそうだ。

農業も奥が深くて楽しい。 詳しくは、「自給農法研究会」のHPをご覧ください。米だけでなく、野菜を有機無農薬で作る自給農法も詳しく書かれています。


|

« 日本の森をなんとかしよう | トップページ | 夏越祓(なごしのはらえ) »

04 - 気象・気候・植生・動物」カテゴリの記事

■A1 - 京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12604/41677477

この記事へのトラックバック一覧です: 田植えデビュー:

« 日本の森をなんとかしよう | トップページ | 夏越祓(なごしのはらえ) »