« タイの新年がソンクラーン(4/13)である理由 | トップページ | タイ語の50音と日本語の50音 ~日本の中に眠るインド »

2008.04.25

プーケットのサッカーTV観戦事情

Cronaldo昨日、一昨日とUEFAチャンピオンズリーグの準決勝2試合をテレビ観戦した。

タイ・プーケットというのは海外サッカー好きにはなかなか居心地の良い場所だ。というのは、われわれ外人が住むような家やホテル(さして高価でなくても良い)ではまず間違いなくケーブルTVが映るので、チャンピオンズリーグはもちろん、EUROもプリミアリーグも有名どころの試合はたいてい見れるのだ。リーガもセリエもブンデスリーガもチャンネルを回せば、プリミアほどの試合数はないが見れることがある。こないだまでアフリカネーションズ杯もやっていた。

家のテレビで映らないときは、急きょパトンビーチまで車を飛ばせば良い。そこにある300は下らないと思われる数のバービア(ビールを飲めるオープン カウンターのバー)ではたいてい店のテレビでサッカーを流しているので、どこかの店で必ずお目当ての試合を見ることができる。これまでチャンピオンズリーグの他にもFAカップやTOYOTAクラブW杯をバービアで見てきた。

いいことだらけのようだが、問題がないわけでもない。というか、三つもある。

まず、いったい何時に、どのチャンネルで放映するのかを調べるのが一苦労なのだ。ケーブルTVのチャンネルガイドのようなものは(少なくても我が家には)存在しない。だから予めいろんな情報源から日程を下調べしておいて、放映時間が来たらお目当ての番組になるまでひたすらザッピングする。運悪く我が家のテレビでは映らなかったりすると、それからパトンビーチまで車を飛ばすこともある。800pxtimezones

放映時間を調べることはもっと大変だ。たとえばUEFAのサイトを見ると、試合開始時刻が20:45と書いてある。イングランドのスタジアムでやる試合だからイギリス標準時かと思いきや、UEFAは標示を中央ヨーロッパ標準時で統一していた。中央ヨーロッパ標準時は東経15度線を基準としているので、東経105度のタイとの時差は6時間か、と早合点していると、ヨーロッパは3月末からサマータイムを導入していて、現在は時差が5時間だった。だから20:45+5:00で、25:45、つまり深夜01:45だ。この下調べと計算を毎試合やっている。

そしてもう二つ目の問題は、放送事故で試合の途中で映像が急に消えることがわりと頻繁にあることだ。先日も楽しみにしていたバルセロナ戦でこれをやられた。

さらに地上波の放映の場合、皇室関連の行事があるときには全チャンネルが強制的に皇室行事に切り替わる。2006年ワールドカップの日本対オーストラリア戦は、あいにく現国王様の在位60周年式典と重なってしまって、さんざん待たされたあげくに最後の25分(たてつづけに3点入れられたあの屈辱のシーン)しか見ることしかできなかった(→詳細こちら)。

三つ目の問題は、日本代表の試合はあまり放映しないことだ。さすがにW杯予選は(とくにタイと日本は同じグループだ)どこかでやっているが、キリンチャレンジカップなどは見れない。Jリーグはまず見れない。

まあ以上のように良い点も悪い点もあるものの、私はこの現状に大満足で、この時期になると毎週のように、まずシャワーを浴びて一眠りしてから飛び起きて、夜中の試合を見ているのだ。

#ブログ村はこちら → にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

|

« タイの新年がソンクラーン(4/13)である理由 | トップページ | タイ語の50音と日本語の50音 ~日本の中に眠るインド »

■B2 - タイ王国生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12604/40985968

この記事へのトラックバック一覧です: プーケットのサッカーTV観戦事情:

« タイの新年がソンクラーン(4/13)である理由 | トップページ | タイ語の50音と日本語の50音 ~日本の中に眠るインド »