« ギボンという「サル」 | トップページ | 一年分のアジア気圧配置図 »

2008.04.09

鍵を忘れて

Keyタイの大学のクラスのみんなと一泊二日の研修旅行でホテルに泊まったときの話。

私の部屋は四階だったのだが、部屋の前まで来てフロントで鍵をもらい忘れたことに気がついて、今のぼってきたばかりの階段を下っていたところ、二階のホールの一番奥にいた友人Tに目ざとく見つかってしまった。Tは女子大生。イスラム教徒で、英語が堪能なので、いつも話し相手になってもらっている。

「何やってるのーーーーー?」(英語)

彼女が遠くから叫ぶ。
私は鍵をもらい忘れてまた階段を往復しなければならない自分のアホさ加減に少し照れながら、彼女に聞こえるように大きな声で、端的にこう答えた。

「KEEEEEY!」(キーーーー – 鍵のこと)

これを聞いた彼女は少しとまどった後、笑い転げた。彼女の近くにいた友人達も話を伝え聞いて一緒に笑い転げて、しばらく止まらなかった。

そんなに可笑しいか?と一人合点が行かなかったが、理由を聞いて笑うしかなかった。

タイ語で「キー」は、「う○ち」のことなのだ。しかも英語のKEYとタイ語の「う○ち」は、声調まで完全に一致するのだ。

フロア全体に聞こえるような大声での私の「う○ち」の返答に彼女は戸惑いながらも、彼の部屋にはトイレがないのか???との考えが頭をよぎり、やっと鍵のことね、と気づいて大笑いしたのだ。

その後この話は伝え伝わって、うちの学科では、「ちょっとバイクの鍵かして」なんてタイ人同士で言うとき、「キーかして」というのがしばらく流行った。

|

« ギボンという「サル」 | トップページ | 一年分のアジア気圧配置図 »

■B2 - タイ王国生活」カテゴリの記事

コメント

うけた!
(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
toilet絵文字これしかない。残ね、うん。

投稿: ayaji | 2008.12.24 11:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12604/40820962

この記事へのトラックバック一覧です: 鍵を忘れて:

« ギボンという「サル」 | トップページ | 一年分のアジア気圧配置図 »