« トントントン タイ語の難しさ | トップページ | コタキナバルに行ってきた »

2007.12.24

続・プーケットのゴミ事情

Kaya

先日プーケットでもゴミの分別が始まったと書いたが、これがその証拠。プーケット国際空港内に設置されたゴミ箱だ。撮影は2007年12月21日。

「カヤピアック」と「カヤヘン」の二種類のゴミ箱がある。運営側の意図としては、土に返せる有機ゴミ(カヤピアック)と、焼却炉で燃やすゴミ(カヤヘン)に分けて収集することで、少しでもゴミを減らしたいのだろう。

ところが、中に入っているゴミは見ての通り。ぜんぜん分別になっていない。そもそも英語の「WET」と「DRY」って何だ? 濡れたゴミと乾いたゴミをなぜ分けるんだ? 飲み残しのジュースパックは水分があるからWETかな、でも燃えるからDRYかな??? またタイ人が意味不明な英語を使ってるな、そう思った。

ところがこれは私の無知だった。英語の「WET GARBAGE」には、台所やお風呂場から出た濡れたゴミ→有機ゴミという意味がどうもあるらしい。「DRY GARBAGE」は紙くずなどの意味。新しい用例みたいだ。「BIODEGRADABLE」と「BURNABLE」と書いてくれればわかりやすいのだが。おそらくタイ語の「カヤピアック」(濡れたゴミ)、「カヤヘン」(乾いたゴミ)も、この直訳だろう。

この用語が一般にどれだけ理解されているかは、ゴミ箱の中身を見れば一目瞭然だろう。それにこの分別、ペットボトルや缶はどうすればいいんだろう? 

また、どのタイ人に聞いてもゴミの分別などしたことがないし、しているのも見たことがないという。インフラ面でも認識面でもまだまだなのが現実だ。

#ブログ村ランキングに参加しています → にほんブログ村 科学ブログ 人文・社会
科学へ

|

« トントントン タイ語の難しさ | トップページ | コタキナバルに行ってきた »

06 - 政治・経済・社会」カテゴリの記事

■B2 - タイ王国生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トントントン タイ語の難しさ | トップページ | コタキナバルに行ってきた »