« タイの結婚式  | トップページ | アル・ゴア『不都合な真実』を見る »

2007.11.30

ロイガトーン祭 in バンプリ

Loykratong1_2 タイ旧暦の12月の満月の日に、タイで全国的に行われるお祭りがある。ロイガトーン祭だ。今年は11月24日がこの日にあたった。

ロイは「浮かぶ」の意味、ガトーンはバナナの幹と葉で作ったボートのこと。このお祭りでは文字通り、バナナの幹を輪切りにした直径15-20cm、厚さ5cmほどのボートにバナナの葉や蘭の花などで飾りつけをして、それにろうそくを立て川に流し、川の精霊に祈る。日本各地での鐘楼流し、灯篭流しとよく似ている。

もともとのルーツはインドのガンジス河の灯篭流しから来ているとも言われるが、完全に土着化して実にタイ的な国民行事になっている。タイ新年のソンクラーン祭(4月)と並んで、タイの二大祭といえるのではないだろうか。

まず、このお祭りの第一の目的は、一年の罪や汚れのリフレッシュだ。ガトーンを川に流すことで、一年間の罪や汚れを水に流して、新しい一年を迎えられると言われている。ガトーンに自分の髪や爪を入れる人も多いらしい。

Loykratong2 そして旧暦の12月というのは、ちょうどタイでは雨季が終わり、稲の刈り取りも終わり、農家が一息つける時期だ。一つの区切りのイベントなのだろう。近年は、素朴なガトーンだけでなく、行政や主催者が準備する電気式の巨大なガトーンや船も登場して川に流している。また、美人コンテストがあったり、子供の出し物があったり、移動遊園地が出現したりもして、誰もが楽しめるお祭りになっている。

なおタイの若い人にとっては、この日を誰と過ごすかがとても重要らしい。日本のクリスマスイブ、あるいは京都の祇園祭の宵山のようなものか。恋人と一緒にガトーンを流して、ずっと一緒に流れていけばこれからも順調、などと占ったりもするとのこと。

さて、そんなロイガトーン祭をどこで楽しむべきか。バンコクのチャオプラヤ河のものは有名だが、派手なものよりも素朴なものを見たかったので、スワンナプーム空港近くのバンプリという田舎町で過ごすことにした。写真はすべてその時のもの。

526_2 満月が空に昇り始めた18時30分過ぎ、人に聞いて会場である川沿いの広場に向かうと、そこには食べ物屋台や洋服の一坪ショップがところ狭しと並び、既に人であふれていた。ガトーン屋も多かった。数人の小規模なものから、数十人で分業する大量生産のものまであって、伝統的には自分でガトーンを作ったのだろうが、今ではガトーンは買う人の方が多いようだ。私も当然、一つ買って流した。

来てる人は、親子連れとカップルが目立った。

551

ロイガトーンの歌というのもあって、会場で流れていた。陽気で素朴で田舎っぽい歌で、意味がわからなくてもなんだかハッピーな気分になれる歌だ。いい具合に手持ちのデジカメに収めたので、会場の雰囲気を味わいながら、ぜひ聞いてみて欲しい。
http://jp.youtube.com/watch?v=eqSjJih1W1Q


#ブログランキングに参加しています →  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ  にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

|

« タイの結婚式  | トップページ | アル・ゴア『不都合な真実』を見る »

02 - 宗教・習俗」カテゴリの記事

■B1 - タイ王国」カテゴリの記事

コメント

「バンコクの写真」の山本です。
以前にメールを送っていましてたら申し訳ありません。
今回、「タイ・ブログランキング」というサイトを立ち上げました。
http://www.ajisai.sakura.ne.jp/~mado/ranking/html/index.html

OUTの数は多いです。
INの数は少ないですが(涙)
風俗はご遠慮ください!という品行方正なランキングです(笑)
よろしければ、ブログの登録をお願いします。

投稿: タイブログランキング | 2007.12.01 09:50

私たちもロイクラトンで花を川に流しましたが、すぐに倒れて流れない。
何度やっても倒れる。
ちょっとバランスが悪いのでしょう。
ただそれだけのこと・・・

ところが一緒に行った彼女が、もう一度花を買って流そうと言った。
気持ちはわからないではないが・・・・・
そして、結果うまく流れて行った。
拍手! バチ! パチ!

投稿: タイブログランキング | 2007.12.01 09:51

お久しぶりです。綺麗な写真で楽しませていただきました。

投稿: KADOTA | 2007.12.02 21:14

山本さん、再チャレンジでうまく流れていって良かったですね。こういうストーリー、とてもほのぼのして好きです。ランキングの件はこんど時間のあるときにでも。

KADOTAさん、ゴブサタしています。タイ人ご一行様はいかがでしたでしょうか。そういえばご紹介いただいたタイの歴史の本、読みました。いいですね。著者が若いのには驚きました。

投稿: ftrain | 2007.12.03 23:03

こんにちは。10月のカセサート大学附属高校の生徒と教員の受け入れは、何とかうまくいきました。これから毎年交流を行っていくので、来年の活動の準備をしています。

投稿: KADOTA | 2007.12.04 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12604/17226953

この記事へのトラックバック一覧です: ロイガトーン祭 in バンプリ:

« タイの結婚式  | トップページ | アル・ゴア『不都合な真実』を見る »