« 中国、日本、朝鮮を漢字一字で表わすと? | トップページ | ヒトはサルから »

2007.09.08

月を喰らう悪役

Rafuプーケットから1時間30分ほど北に走ったところにあるパンガーのお寺で、強烈なキャラを見つけた。

月を食べているこの真っ黒な方のお名前は、ラフーという。神様だ。だが、ヒール役だ。

詳しい友人が説明してくれたところによると、この神はもともとはインド神話ラーマーヤナから来ており、タイでもとてもポピュラーな神だという。

それによると、太陽、月、ラフーは神様の三兄弟だった。彼らは共に人間社会に来たがって、喧嘩をし、勝った太陽と月が来ることになった。太陽は昼を照らし、月は夜を照らすことに役割が決まった。負けたラフーは役割がなく、たまに地球に来ては月を食って悪さをするが、すぐに追っ払われる。これがつまり月食だ。写真は月を食べているところ。

かつて神々と悪魔の間で戦いがあったとき、神々は戦闘のために不死身の水を作り飲んだ。ラフーはこの不死身の水を盗み飲んだ。目的外のラフーの行動に怒った神々は、ラフーの首を切って落としたが、彼はすでに不死身になっていたので、首だけで生きている。

と、完全なヒール役なのだが、なんとも憎めないキャラで、文字通り主役を食ってしまっている。好きだなあ、こういうの。

#なんか気になる人はワンクリック!にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

※9/15追記 その後いろいろ調べていて、この神は日本では「ラーフ」と呼ばれる、インド神話の乳海攪拌の物語に登場する悪魔と一緒であることがわかりました。私の友人のストーリーと、乳海攪拌のストーリーは若干異なるのですが、それはタイ式に変容しているからなのか、私の友人が省略しすぎたのか、その辺は不明です。

|

« 中国、日本、朝鮮を漢字一字で表わすと? | トップページ | ヒトはサルから »

02 - 宗教・習俗」カテゴリの記事

■B2 - タイ王国生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12604/16385539

この記事へのトラックバック一覧です: 月を喰らう悪役:

« 中国、日本、朝鮮を漢字一字で表わすと? | トップページ | ヒトはサルから »