« イスラム三人娘 | トップページ | 『サル学の現在』 立花隆 著 を読む »

2007.09.01

ラノン温泉

Onsen_2プーケットから北に向かって車で走ること約5時間のところに、ミャンマーと国境を接する街、ラノンがある。なんとここには温泉がある。

日本でなら温泉など珍しくもなんともないが、タイには火山もないし、地震もまずないのだ。そんな場所になぜ温泉があるんだ、と不思議に思うのだが、ここの温泉は非火山性の温泉らしい。

先日、縁あってここの温泉に立ち寄ってみた。川沿いに温泉が湧いていて、湯量は豊富だ。周囲にはあまり強くはない硫黄臭が漂っている。日本同様の温泉卵も売っていた。温泉水をくみ上げて飲んでいる人もいた。Onsen2

タイ人はあまり温泉につかる習慣がないようで、川沿いを眺めても誰も露天風呂を楽しんではいない。入浴するとしても、水着を着て温泉施設(スパ)で浸かるようだ。私も、連れのタイ人達と一緒に、宿泊したホテルのスパに入ったが、タイ人は熱いお湯が苦手のようで、42度の風呂釜には誰も近づいて来なかった。

実はこのラノンという街には、もう一つ日本人受けする観光資源がある。それは旧日本軍の足跡だ。

Kikanshaこの地は戦時中、イギリス軍と日本軍との戦場になったそうで、山の中腹には日本軍が掘った塹壕などがまだ残っている。鉄道でミャンマーに物資を運ぶのに使っていたD51が、敗戦後そのままに放置されている。昔の日本人はこんなところまで来ていたのかと思 うと、感慨深いものがある。

しかしながら、まさかこんな片田舎まで日本人観光客は来ないだろうと思っていたら、朝7時、ホテルの駐車場で円になってラジオ体操をやっている東洋人集団を見かけた。まず日本人と見て間違いないだろう。すごいね。

#ブログ村ランキングに参加しています。興味深く読んだらワンクリック!にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

|

« イスラム三人娘 | トップページ | 『サル学の現在』 立花隆 著 を読む »

05 - 地質・地学・天文」カテゴリの記事

■B1 - タイ王国」カテゴリの記事

コメント

体操は、NHKのラジオ体操? だったら日本人でしょう。

投稿: ka | 2007.09.01 08:00

NHKのラジオ体操第一でした。

投稿: ftrain | 2007.09.02 12:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12604/16301457

この記事へのトラックバック一覧です: ラノン温泉:

« イスラム三人娘 | トップページ | 『サル学の現在』 立花隆 著 を読む »