« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月の記事

2007.08.30

イスラム三人娘

Muslim3

私が通う大学はタイ南部のハジャイに本部があるだけあって、イスラム教徒も多く通っている。私の所属するタイ学科もざっと2割がイスラム教徒だ。イスラム教徒は、特に女性は厳格な戒律にのっとって生活しているのだろうという先入観があったが、仲良くなって等身大の姿が見えてくると、みな個性的で実に面白い。


三人のイスラム娘に登場してもらおう。微妙な内容も含むので仮名とした。


まずはP。出身地はナラーティワート(タイ深南部の一つ)。ボディラインや地肌を見せてはならないという戒律に従い、いつもスカートはロングスカート、髪にも黒のスカーフをまとっている。この点は、仏教系タイ女学生に多い「ピチピチ」ウェアとは明らかに異なる。豚は食べない。お酒も飲まない。だがそれ以外は仏教系タイ人と変わるところはない。プライベートお出かけの時にはスカーフを外すこともあるし、飲み会にも参加する(ただし飲まないし、酒ボトルを持つときにはボトルを紙で包んで持つ)。普段は仏教系タイ人の友達と一緒にいる。このコは特に性根が優しく、困っていると必ず助けてくれる。日本語にも興味を持っていて、いろいろ聞いてくる。タイに住むムスリムのアイデンティティは難しい問題だが、このコはムスリムであることと、タイ人であることの双方にアイデンティティを持っているように見える。


次にT。出身地はやはりタイ深南部のヤラー。このコは最近特にイスラムのアイデンティティに目覚めたようで、髪にはスカーフ、白シャツの上に上着を羽織り、黒のロングスカート、と学校でのいでたちはムスリム模範生だ。お酒の席には来ない。毎日欠かさず朝夕お祈りをしている。彼氏も敬虔なムスリムで、このコを見ていると、強烈なムスリムの自尊心を感じるが、「タイ人」というアイデンティティは見えてこない。性格は開放的で、シモネタで人を笑わせるのも得意だ。勉強は抜群にでき、言葉もタイ語の他に流暢な英語と、ヤウィー語(マレー語に近い)、アラビア語を操る。


最後にA。出身地はサトゥンという南部の港町。このコはスカーフをかぶらず、ボディコン制服を着てくるので、見た目からはイスラム教徒であることは全くわからない。飲み会にも来てお酒も飲む。でもそれが彼女にとっては自然なスタイルで、無理しているわけでもないし、違和感も全くない。論理的に話すことやレポートをきちんとまとめることは苦手だが、絵やファッションに才能を見せる。皆の面倒をよく見るので、クラスではリーダー格だ。年下の彼氏がいるが、親が「釣り合わない」と反対していることに悩んでいる。


皆に共通してるのは、とにかく困っていると助けてくれて面倒見が良いことと、素直で裏表のない性格であること。だがそれ以外は、三人とも、宗教的なスタンスも、趣味も友人関係もライフスタイルもばらばらだ。イスラムの女性はこうだ、とあまりステレオタイプにくくらない方がいいようだ。

#日本ブログ村のランキングに参加しています。クリック!にほんブログ村 科学ブログ 人文・社会科学へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.29

『熱帯雨林』 湯本貴和著 を読む

マレーシアに行く前になんとなく買った本。テーマがアジアの熱帯雨林、著者が京大理学部卒で京大生態学研究センターの方なので、てっきりサル学の延長でオランウータン社会のことでも書いてるのかと思いきや、主役は動物ではなくて植物の本だった。

本書の主題は、多様な熱帯の動植物の『生物間相互作用』の紹介にある。筆者は「地球上の生命の歴史は、さまざまな生物の共進化と生物間ネットワークの歴史と読みかえることができる」という。私的に換言すれば、生物は食い食われながら、自己の存続のために互いに進化してきた、そんな中で互いを利用し合うネットワークがいたるところで成立している、というくらいだろうか。

たくさんの熱帯の植物の紹介があるのだが、アリ植物などは特に興味深い。植物が、葉や茎を昆虫に食べられないように、アリをボディーガードとして雇っているという例だ。植物の中にアリを住まわせて、食べ物(蜜)も提供し、アリは他の昆虫をおっばらう。一緒にアブラムシも住まわせて、三者で共存共栄を図っている例もあるようだ。アリは植物に巻きつく他の植物のツルを噛み切ることもあるという。これは光をめぐって他の植物と競争している植物を助ける効果もある。また、以上のような防衛目的ではなく、アリを住まわせる代わりに、アリが出す食べかすや排泄物を栄養分としている栄養摂取型の植物もあるという。

新書版ながら内容はとても充実していて、読みごたえ抜群。植物学者・生態学者はこういうことをこういう手法で研究しているのか、と研究生活が垣間見える。結論だけを書くのではなくて、手法やデータや推論過程も書いているので、門外漢には専門的すぎるきらいもあるが、それは良い面と言えるだろう。好著。

#ブログ村書評ランキングに参加しています。クリック! にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.24

サバイバルタイ語: 火災時の避難ルート

Fireexit

ターング ニー ファイ   火災時の避難ルート
ターング 道
ニー  逃げる
ファイ  火

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.23

サバイバルタイ語: ホテル予約

Samroong

サムローング  予約する
ホーング  部屋
パク  休む、(短期)宿泊する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.22

サバイバルタイ語: ありがとう、またおこしください

Bk

コップクン  ありがとう
レーオ ポップガンマイ  また会いましょう(またおこしください)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.21

サバイバルタイ語: 階段とエレベーター

Lift

リプ  エレベーター (イギリス英語でエレベーターを意味するLIFTがタイ風になまったもの)
バンダイ   階段  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.20

サバイバルタイ語: 禁煙エリア

Haamsuuburii

プーンティー ハームスーブリー   禁煙エリア

プーンティー  エリア
ハーム 禁じる
スーブリー  喫煙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.19

タイ新憲法草案の国民投票

3004561601 実は本日はタイの新憲法草案の国民投票日。 昨年9月のクーデターの後、暫定政権がすったもんだ しながら作り上げた新憲法草案だ。

一般に日本人は、タイの民主主義は日本より遥か遅れていると思っている。それは事実なのだが、 日本でも憲法を国民の信任投票にかけたことはないので、この点は一歩先を越されたわけだ。

さて肝心の内容だが、本格的なものはタイ語の資料しか見つからず、タイ語を解さない私はあんまりフォローできていないのだが、日英のニュースサイトによると、以下のような内容らしい。原文を見ていないので真偽は保証しないし、これで重要事項が網羅されているわけでもないだろうが、参考まで。

(1) 国王を元首とする民主主義制をとる。
(2) 上院定数を150とし、うち76を全76県から1人ずつ選挙で選出。74を各界から任命する。
(3) 下院定数を480とし、400を中選挙区で選出、80を比例選出とする。
(4) 首相は下院から選出し、首相のほか35人以下の閣僚で内閣を構成。首相の連続任期は最長8年に制限。下院議員の5分の1以上の連名で首相不信任案を提出できる。
(5) 軍部が制定した暫定憲法に基づく法規を合憲とする。 3004561502
(6) 国家の独立を保持するため、国軍に現代的、かつ十分な武器、装備、技術を供給する。
(7) 国民の大半が信仰する仏教をはじめ、すべての宗教を保護する。
(8) 国民は等しく12年以上の基礎教育を無償で受ける権利を有する。
(9) 共同体を構成する人々は、地域および国の習慣、伝統、知恵、芸術、文化を保護、復旧し、また、
持続可能でバランスの取れた方法によって自然環境と自然資源を管理、保全、利用するのに参加する権利を享受する。
(10) すべての国民は法の下に平等であり、女性、男性、その他の性的アイデンティティを持つ者は、等しく権利を享受する。

タクシンの「独裁」を許した反省から、(3)小選挙区制を中選挙区制に変更し、巨大与党の出現を抑制し、(4)首相の任期を8年に制限するとともに、首相不信任決議案の提出の要件を緩和しています。

3004561203 (5)は経過措置的な規定ながら議論の多いところ。
(6)は「現代的な」「十分な」「技術」という単語が1997年憲法の条文に追加された。軍事予算の増加につながる、と議論の多いところ。
(7)は、仏教を国教として明記するよう、仏教団体から強力なプッシュがあったものの、結局こういう形で落ち着いた。
(8)は1997年憲法から変わらず。日本より長い。
(9)は前段で文化と伝統の保護・復旧をうたい、後段で環境権やその意思決定に参加する権利をうたっている。これは日本の憲法にはない。
(10)はトランスジェンダーの多いタイならではの規定。憲法に書いちゃうところが素晴らしい。


【参考】
http://www.toonippo.co.jp/news_kyo/news/20070706010005981.asp
http://www.nationmultimedia.com/search/page.news.php?clid=5&id=30039514

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.15

時刻の数え方

Tokeiタイでは時刻の数え方は12進法ではなくて6進法である。

まず午前0時から朝6時までは、「ティー1、ティー2・・・」と数えていく。ここまでは普通だ。だが朝7時は「1モンチャーオ」、朝8時は「2モンチャーオ」・・・となって朝11時の「5モンチャーオ」まで続く。そして昼の12時の正午(ティアン)を経て、昼の1時からは再び「バーイ1、バーイ2・・・」「4モンイェーン、5モンイェーン」と途中呼び方は変わるものの1-6で数え、夜の7時からはまた「1トゥーム、2トゥーム・・・」と数えていく。

これが素人には非常にややこしい。「夜8時集合ね」というときには、「夜時間の2時に集合ね」と言わねばならず、わかっていてもなかなか咄嗟には出てこない。

さらにややこしいことに、バンコク人とプーケット人では言い方が異なるのだという。実は上記の言い方はバンコク人のもので、プーケット人は朝7時から11時は普通に朝時間の7時、8時・・・と11まで数えていく。つまり朝は12進法、昼と夜は6進法なのがプーケット人の数え方だ。

数え方の「ティー」「モン」「トゥーム」というのは擬音語で、昔、それぞれ木、鐘、太鼓を叩いて時刻を知らせたときの名残りなんだとか。

ところで、日本の江戸時代の刻の数え方も実にユニークだった。「八つ、七つ、六つ・・・」というように数える方法と、十二支を使って数える二通りの方法があったようだ。3時頃の間食を「お八つ」というのは前者の名残りで、怪談話の「草木も眠る丑三つ刻・・・」というのは後者の数え方だ。

詳しく説明できるほどの知識はないが、ウェブで複数のサイトを調べたところによると、前者は日の出と日の入を基準(六つ)として昼と夜をそれぞれ6つに分けたものなので、夏の昼の1時間は冬の昼の1時間よりはるかに長かったし、夜はその逆だった。後者は24時間を十二支で割って、一つの干支に2時間を担当させたもの。深夜0時の±1時間が子(ね)の刻だ。2時間単位では不便なので、2時間をさらに四分割し、一つ、二つ、と30分単位で数えられるようにした。丑三つというのは、丑の刻(深夜1時~3時)の3つ目、つまり2時から2時半を指しているとのこと。

暦というのは面白い。

#日本ブログ村のランキングに参加しています。クリック!ブログランキング・にほんブログ村へ

続きを読む "時刻の数え方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サバイバルタイ語: 商業銀行

Scb

タナカーン タイ パーニット  (Siam Commercial Bank)

タナカーン 銀行
タイ  タイ国のこと(なぜか英語名はシャム=サイアムを使っている)
パーニット  商業

#役に立ったらワンクリック!にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.10

サバイバルタイ語: ゴミ分別

Garbage

観光地クラビで見つけた、タイには珍しい分別ゴミ収集。

左から
カヤーヘンg   乾いたゴミ
プラースティク、グラポング  プラスティック、缶
クアットゲウ  瓶、コップ

でもこの分別、いま一つ分別の意図がわからない・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.09

サバイバルタイ語: 止まれ

Yut

ユット 止まれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.07

視力検査

Shiryoku_2

どこまで読めますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.06

サバイバルタイ語: 芝生に入るな

Noenter

ハームダーンソットサナーム
ハーム 禁止
ダーン 歩く
ソット 新鮮な、緑の
サナーム 草、芝生

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.05

サバイバルタイ語: ゴミを捨てるな

Nolittering_2

ハーム 禁止
ティング 投げる
カヤー ゴミ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »