« ハワイと台湾とマレーを結ぶもの | トップページ | サバイバルタイ語: ゴミを捨てるな »

2007.07.15

スワンナブームを巡るトリビア

Suvarnabhumi バンコク新空港の名前となった「スワンナブーム」。 「黄金の土地」を意味するこの名称は、これは新空港の開港にあたりタイの国王様が名づけたものだ。

バンコクの東部に位置するこの土地は、以前は湿地帯で、現地では「コブラの沼地」と呼ばれていた。これを5年間かけて整備したものである。そのまま地名を取って「コブラの沼地空港」では客が逃げそうなので、新名称が必要だったようだ。アジアのハブ空港を目指すなら個人的にはこの名称でも面白かったと思うのだが(ハブ違い?)


ところでこの「スワンナブーム」、タイ語ではなくてサンスクリット語である。アルファベット表記では Suvarnabhumi。タイ語の発音ではスワンナプ(phu)ーム。

由来はインド古文書に基づく。
それによると、BC2世紀~AD2世紀くらいの時代、インドでは、インドの文化が広く伝わっていた東南アジアをスワンナプーム(黄金の土地)と呼び、大規模な交易を行っていたのだという。

このスワンナプーム、東南アジアのどこを指していたのかは実はまだ明らかになっていない。一応、タイのチャオプラヤ川の西部(遺跡が発掘されている)というのが有力説だが、ミャンマーやインドネシアも自国にスワンナプームがあったと主張しているし、あるいは東南アジア全域を指した用語だった、とする説もある。

だから、ミャンマーやインドネシアでは新空港の名称に怒っていることだろう。
何はともあれ、由来の通り、人と物の交易の中心として発展して欲しいものである。

#参考になったらワンクリックお願いします!にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

|

« ハワイと台湾とマレーを結ぶもの | トップページ | サバイバルタイ語: ゴミを捨てるな »

■B1 - タイ王国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12604/15764679

この記事へのトラックバック一覧です: スワンナブームを巡るトリビア:

« ハワイと台湾とマレーを結ぶもの | トップページ | サバイバルタイ語: ゴミを捨てるな »