« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年3月の記事

2007.03.30

日泰自由貿易協定って何?

WTO

現地バンコクポスト紙によると、日泰自由貿易協定(Japan-Thailand Free Trade Agreement)がタイの閣議で承認され、来週にも締結される見通しだそうです。日本の新聞では全然報道しないけど。

2006年の日泰間の貿易額は 1兆6千5百億バーツ(約5.5兆円)で、うち約1/3がタイから日本への輸出。この条約の締結によりタイ側としては輸出額の25%増を見込んでいるらしい。

タイ側からすると、農産物(海老、野菜、果実、冷凍鶏、蒸鶏、イカ、調理魚等)やペットフードなどの輸出が促進されるという。関税がゼロになるからだ。繊維、衣類、革製品、靴、宝石・アクセサリーなども恩恵があるという。なお米は対象外で、引き続き関税の対象だ。

一方日本側からすると、鉄鋼や自動車部品の輸出が促進される。また、りんご、桃、梨、プルーン、イチゴ、メロンなど果物類の輸出も恩恵を受ける。南国タイに果物を輸出というと意外な感じがするが、寒冷地で育つ果物はこちらでは比較的高価で売られている。

ところで新聞を賑わせているのは、この協定に対する反対運動の記事だ。学識者やNGOなどが、ここのところ毎日のように集会を開いたりデモを行ったりしている。

彼らによると、船のスクラップ(鉄鋼)や自動車部品と一緒に、日本からタイへ産業廃棄物の輸出が促進される懸念があるのだそうだ。この点については、交渉過程において「輸出しません」という覚書が一枚追加された模様。それでも反対派は不完全だとしている。

また、この協定にはバイオ農産物の特許権の項目もあるらしく、これがタイの国益を害するという意見もある。

さらに、タイの最大の輸出農産物は米だけに、米が対象外とされていることについても不満が大きい。

そんでもって、クーデター後の暫定内閣は、こんな重要な条約を署名するにはふさわしくないとして、新憲法発布後の新内閣まで締結の延期を求めている。

【参照】
http://www.bilaterals.org/rubrique.php3?id_rubrique=115

日本でこの問題に触れている記事はほぼ皆無なのだが、21世紀政策研究所(経団連のシンクタンク)のHPで田中直毅さんが2003年にコメントしていた。曰く、中国とASEAN諸国の間に自由貿易協定が結ばれる前に日本はASEANとの締結を急がなくてはならない、農水省の反対があるようだが(国内の農業保護のため)、日本国全体として価値判断して推進すべき、との論調。

http://www.21ppi.org/japanese/hitokoto/tanaka120.html

門外漢なので私のコメントは控えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.26

「大人の学校」構想

Otonanogakkoimage_1  もし私が日本のある一ヶ所に定住するなら、 大人のための学校をNPO事業として手がけてみたい。

大人がスポーツクラブのような感覚で通う学校というとイメージしやすいかも。「寺小屋」ともいうかな。

◆設立趣旨 
(1) 大人が純粋に学問を楽しむ場を創設する
(2) 地域の知恵を地域に還元する
(3) 世代を超えた地域のコミュニティスペースとする
 →以上を通じて、地域住民をハッピーにする

◆潜在ニーズ
・アカデミックな好奇心を満たす場が他にあまりない
・受験の制約等から学校では習わなかった科目も多数
・もう一度勉強したいという社会人層
・職場、家庭以外の第三の空間

◆授業内容
・中学、高校の教科
・大学の公開講座のようなもの
・思想、道徳
・地域文化、伝統文化
・外国語や資産形成などの実学的なものも取り入れていく

◆授業方法
・コア科目については教師を用意
・できるだけ地域住民を活用
・自主研究の発表の場を提供
・講師とカウンセラーの峻別

◆ターゲット層
 午前、午後はシニア層、夜は社会人層

◆他の教育機関との差別化
・学習塾は子供を対象に受験指導のみ
・大学公開講座は週一回程度で限られた内容(補完的には利用)
・カルチャーセンターは主婦層向けの科目
・資格指導塾も受験に特化

株式会社として運営する方法もあるが、地域の人や行政を巻き込んでやっていきたいので、NPO法人の方が良いだろう。敷居はできるだけ低くしたい。

金儲けではなく、地域貢献を主眼としたい。まあこういう仕組みができて一番嬉しいのは自分なので、自分の欲求と地域貢献の方向性が一致する。

指導が本職ではない地域住民を講師役にしながら、授業の品質をいかに保つかがポイントかな。カウンセラーを導入するのは、講師の負担を減らし授業に専念してもらうため。

皆さん、こんなのできたら参加したいですか? 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

楽天市場から撤退

Newlife 先月末をもって、1年ほど出店していた楽天市場から撤退した。理由は以下の3つ。


1.集客や売上げに結びつかなかったから
2.コンサルティングとサポートの質が悪かったから
3.システムが非常に使いにくかったから

まず売上げに関しては、せいぜい月に2-30万円だった。これに対して楽天に支払う手数料は月に5-6万円。これでは採算が合わない。

オンラインショップの売上は、商品そのものの魅力、ショップの信用、リピート率、物流の信頼度など総合的なショップの力量によるものなので、売上があがらない=楽天のせいでは断じてない。その上で、何を期待していて、何が期待はずれだったのか、という点をまとめてみた。

オンラインショップを運営するには、自社ドメインのショップでも良い。それでも楽天に出店した理由は、まず楽天の集客力を期待したからだ。だが、この集客力という意味で楽天は期待はずれだった

まずアクセス数だが、せいぜい日に2-300だった。SEOを意識した商品名や説明文にして、この数値である。これはほぼ同じ品揃えのヤフー店に比べ、1/4~1/5のアクセス数だった。

試しに楽天市場のトップページで、検索ワードを入れてみた。検索ワードとの関連性においては、自社の商品がよそのどの商品よりも一番だと自信を持って言える商品である。弊社の商品は激レアの輸入商品なので、楽天の他のショップで扱っているところはない。にもかかわらず、検索のトップ10どころか二ページ目、三ページ目にも入らなかった。代わりに、関連性が薄い大手ショップの商品が並ぶ。どういう関数で順位付けしてるのだろう? 見てもらえないのだから売れるはずがない。楽天に出してもお客が来ない、これはいまや楽天に出店する零細ショップ運営者の共通認識になっている。

次に、楽天が売りの一つとしているECコンサルタントによるサポートは、全く役に立たなかった。正直、コンサルタントとは名ばかりで、担当者は素人が多くネット販売の知識は決して多くはない。そして、おそらく一人のコンサルタントが多数のショップを担当していて、一つの零細ショップに割く時間はないのだろう。弊社の商品の特質とターゲットを分析し、それに合う販売手法を提案するなんてことは一切なかった。たまにメールが送られてきたかと思えば、「お得な広告商品があります」「メルマガ書きましょう」をオウムのように繰り返すだけ。こちらからメールで何か質問をすると、返事はさんざんせかして3日後だ。おまけにこの役に立たない担当者さえも2-3ヶ月ごとにころころ変わる。

これは構造的な問題だ。売上比例の楽天の収益は5%ほど。親身になって奮闘して売上げが100万円増えたところで5万円の利益にしかならないのでは、零細ショップに手間をかけたくないのは理解できる。それよりも広告を売る方が手っ取り早いのだろう。だが、その辺の意図が透けて見えるし、うちの商品と顧客層を全く理解していない担当者にいくら広告を勧められても気乗りするわけがない。このギャップは要するに、出店者とコンサルタントの利害が一致していないことに起因するのだ。弊社としては、真剣に売ってくれるなら売上の20%を払ってもいいのだが。

最後に、オンラインショップというのは表側(ホームページでの商品説明や広告など)よりも裏側(決済と物流)の方が大変で、この負担を軽減したかったのだが、楽天のシステムは非常に使いづらく、結局お客様の名前や住所もコピー&ペイストで弊社システムに取り込むことになり、負担はあまり軽減されなかった。おまけにポイント制度なんかもあるから、経理的な負担が増えた。

楽天を利用して良かった点は、「楽天にも出してます!」と自社ブランドに少しは箔がつけられたこと。売上げに繋がらない箔にどれだけ意味があるのかはわからないけど。

結局、弊社には楽天の提供するサービスは合わなかったのだ。 しかし、じゃあどういうショップに合うんだろう? 「商品力はあるけど知名度がない、そんなショップに販路を提供する」という楽天市場のイメージは幻想だった。他方、ヤフーの方は期待に応えてくれているだけに、両者の差が際立ってしまった。楽天さん、もっとしっかりしないと。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.03.16

プーケットミドルステイ

Pic02 私がプーケットと日本を頻繁に行き来するようになって約1年半になる。この間、8往復くらいしただろうか。なんやかんやと一年の半分くらいはプーケットにいる。

プーケットの何がそんなに魅力なのか。常夏の気候とか、真っ蒼な海とか、親しみやすいタイ人気質とか積極的な理由はたくさんあるが、生活する土地という観点から重要なのは、生活インフラが整っている点である。

中長期間滞在するにあたっては滞在費(生活費)が安いことはとても重要だが、じゃあアジアの片田舎ならどこでもいいかといえば断じてそうではない。トイレは洋風がいいし、部屋にはエアコンも欲しい。たまには日本食も食べたい。仕事もするのでインターネット環境も必須だ。そして何よりも治安も良くないと。私は現地文化も自然環境もこよなく愛しているが、それとこれとは別だ。

その点プーケットは、電気、通信、道路、上下水道などの街のインフラが整っているのはもちろん、まず住環境が素晴らしい。観光地なので外国人向けのサービスアパートメントがたくさんあり、大満足させてくれている。

Pic04一例として私が現在宿泊しているプーケットタウンのサービスアパートメントは、24時間有人体制で鍵は2重オートロックとセキュリティは万全。約40平米の部屋の内装はさながらリゾートホテルのようで、高級感ある木製家具に囲まれ、大きなバスタブまである。インターネットも常時接続。TVはケーブルで50チャンネル映り、日本のNHKも見れる。テラスの外には椰子の木と20メートルのプール。部屋は週2回掃除してくれる。これで一ヶ月契約で月額6万円強だ。

次に英語の通用率が高いことも重要だ。ホテルのスタッフ、レストラン、タクシー、郵便局などでは、必要最低限のレベルでは英語が通じる。英字新聞も二紙(Bangkok PostとThe Nation)、地元の英字週刊誌(Phuket Gazette)もあり、タイ語ができなくても情報に乗り遅れることもない。

Tescolotus_2 大型スーパーも英系のテスコロータスと仏系のカルフールがあり、何でも揃う。日本食レストランも数多い。

ただし留意点もある。例えばインターネットは日本よりはるかに遅いし、衛生観念も日本よりは劣るし、車の運転は乱暴だ。ぼったくりタクシーや露天商もたくさんいる。治安面も今のところはわりと安全だが、南部のテロが飛び火しないとも限らない。

プーケットのこうした「生活場所」としての側面は、もっと強調されていい。実際、仕事持参でプーケットに中長期滞在するヨーロッパ人はたくさんいる。最近は韓国人も多く目にするようになった。

海外ロングステイというとちょっとハードルが高いが、1-2ヶ月程度のいわば「ミドルステイ」なら気持ちも楽。30日以内ならビザも不要だし、観光ビザで2ヶ月滞在できるので、ぜひまとまった休みが取れたときに活用してみて欲しい、プーケットの利用法である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.13

殴った方が痛い

Somtum 取引先のタイ人が小さなミスを犯して、弊社のお客様に ご迷惑がかかってしまった。ちょっとした手違いなのだが、同じ類の手違いは二度目である。

お客様には丁寧にお詫びし、取引先の担当者に状況説明を求めるメールをうった。状況によっては直接出向いてお客様にお詫びしたり、フォローアップしたりする必要があるからだ。

ところが返って来たメールは、簡単なお詫びと、もう大丈夫という内容のみ。「障害レポート」のようなきちんとしたものではなく、どういう対応がなされたということには一切触れてなかった。

そこで、ミスは仕方がないがリカバリーが重要だ、こういうときはきちんとレポートくれないと、と諭すようなメールを返した。こちらとしては、今後の改善を期待してのものだが、ちょっと怒っていたので文面はややきつかった。

・・・これに対する返事はなし。

冷静に考えてみると、不必要に相手を攻撃してしまったかもしれない、と思う。私は日本の常識でむこうの常識を要求したが、ここはタイ。タイでは「マイペンライ」で済むレベルの小さなミスだったのだろう。それをあたかも大ごとのように白黒つけたりするのはどうだったのか。

それにメールは担当者だけでなく、彼女の上司も読む。彼女のメンツも傷つけてしまったかもしれない。

しかし今後も続くようだと困るし・・・。

電話にしておけばよかったか。 ああ難しい。
自分のキャパの無さと拙速な対応にやや自己嫌悪。

気分転換に飲みに行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.11

人工授精のゾウの赤ちゃん誕生

Elephant1

海亀と同じくらい大好きな象のニュースが入ってきました。

***********************************

3/7水曜日、タイ北部のランパンにあるタイ象保護センターで人工授精によるゾウの赤ちゃんが誕生した。水曜日に誕生した。体重は220パウンド(約100kg)で、産まれてすぐ歩くことができた。母子ともに元気だという。

「これは人工授精がタイで、そしてアジアで成功した初めてのケースだ。これが過去数十年の間に減り続けているタイの象を増やすことにつながることを期待している」と同センター所長のシッチデジュ氏は言う。

ドイツ人獣技師による同様の手法によるアジア象の人工授精は、直近では12月にイスラエルで成功している。当時のイスラエルのニュースによると、それが11番目の例だったということだ。

アジアの象は絶滅危機種である。科学者によると、野生象は34千5万4千頭しかいない。

シッチデジュ氏によると、タイの獣医達は凍結した精子を使った象の人工授精技術を向上すべくと努力している。凍結精子は約20年間持つので、これにより頭数を増やす努力がより柔軟になるという。

しかしこれに対しては、人工授精の方法は侵襲的で不必要だ、と保守層からの反対意見もあるようだ。同じくランパンで象の病院を運営する「アジア象の友達」の創設者のサルワラ氏は、タイにはたくさんの象がいて、彼らは適切な環境にさえあれば自然に子供を産み、充分な頭数を保証してくれる。我々は人口受精技術よりも、タイで、そしてアジアで年々減っていく象の生活圏を保全することに努力すべきだ、と言う。

【原文】
http://www.happynews.com/news/3102007/inseminated-elephant-gives-birth-asia.htm

***********************

現場を良く知らないので、象の人工受精技術と環境保全のどちらを優先すべきかは判断できないものの、3万4千頭という数は他の絶滅危機種と言われている種に比べると危機的ではないと思う。その意味で、象の生活環境の保全や、象の不当な興行利用の禁止などの方がプライオリティは高いだろう。ただ頭数は年々減り続けており、危機的になってから技術開発しても遅いので、人工授精技術の研究も必要だとは思う。

何はともあれ、新しい生命の誕生をお祝いしよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.07

もしかして地震雲?

Patong ※写真は本日の空です。まさか本当に地震が起きるとは思っていなかったので、写真に収めておかなかったことが悔やまれます。

3日前の夕方、いつものようにプールで一泳ぎしてふと空を見上げると、雲の形が妙だった。

コッペパンのような積雲やもくもくとした積乱雲や、薄幕を張ったような層状の雲が拡がっているのはいつも通りなのだが、その上を東西を一直線に横切って、何本もの太い飛行機雲のような線状の雲が北から南まで全部で5,6本拡がっていた。例えるならば、スイカの縞模様のような。

飛行機雲にしては長すぎるし太すぎるし多すぎる。前線や上昇気流でできる雲とは、明らかに違っていた。

もしかしたらこれが地震の予兆だという地震雲か? いやまさかな、と自分の考えを否定したとたん、飛び込んできたのが昨日のスマトラ島沖の地震のニュース。

プーケットとスマトラ島は緯度にして7度も離れているし、地震雲そのものも科学的に解明されているわけでもないのだが、あの変な雲は予兆現象だったのかもしれない、と思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.03.02

オサガメの放流

プーケットのカロンビーチ。
このビーチは鳴き砂で、歩くと「キュッキュッ」 と音がする。

Bull226200755334

写真は、先日カロンビーチで放流されたウミガメ(オサガメという種類)の稚亀。

プーケットも開発が進み年々産卵に戻ってくる ウミガメ数が減っているため、現地の海洋生物学センター や有志ボランティアが、産卵期はビーチをネットで 囲み、ウミガメを脅かすことがないよう努めている。

Bull226200755331

また、卵は波に濡れると窒息死してしまうので、 道路などが邪魔をして海から充分な距離のない場所に 埋められた卵を保護し、安全な場所で孵化させてから、海に返す努力も続けている。

しかしウミガメってなんて可愛いんだろう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.03.01

職業と自己実現の間に

Daigaku やりたいことをやって自己実現が図れて、それで食べられるならそれ以上のことはないだろう。だが、多くの人が悩むように、両者はなかなか一致しない。

それは、やりたいことは多くの場合自己満足であって、人様からお金をいただけるサービスレベルにはなりにくいからであり、逆にもし職業としてお金をいただけるレベルにするのであれば、量的に質的に、自己満足のレベルを超越せざるをえないからだ。

私の場合、一番やりたいことは、好奇心の充足。タイ学、地球科学、生物など、本格的に首をつっこんでみたい分野は山とある。

これらを職業とする職種でまず思い浮かぶのは大学教授だが、ハードルの高さもさる事ながら、学問も専門・細分化が進んでいるので、例えばタイ学者になるならそれ一本に10年は首を突っ込む必要があり、これが足を踏みとどまらせている。あれもこれもやりたい私なので、ある程度理解できたら別の分野に移りたいのだ。だが、そんな中途半端レベルの奴に、大学がお金を払ってくれるわけがないし、教わる学生もいい迷惑だ。

だから、やりたいことや一番好きなことは趣味として取っておいて、職業は別のものを選んだ方が、好きなことを純粋に楽しめて良い、という人もいる。

これも一理あるのだが、両者は一致しないまでも、できるだけ近づけたいとは思う。そこで今のところ、以下を目指している。

ます収益源は、自分の趣味に合う分野を中心とした旅行業で行く。エコツーリズム、タイ、異文化体験、海洋、アカデミズムなどがキーワード。

そして、準専門家のレベルで、好きなテーマで本を書く。実力的にもマーケット的にも、多くの収益につながるとは思えないのだが、これは自己実現なのでそれでも良い。

みなさんはどうですか?

| | コメント (2)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »