« プーケットのタクシー事情 | トップページ | 女神転生 »

2007.02.18

地震のない国に住みたい人は

Jigokudani_hotspring_in_nagano_japan_001日本を出て早2ヶ月。ペナン、ランカウイ、プーケットとずっと日中の気温が30度を超えるところを旅しているので、日本の身が引き締まるような寒さが懐かしい。水炊きや肉まんが無性に食べたい。温泉につかりたい。

と思ってネットで日本の冬を疑似体験していたら、猿が温泉につかる写真を見つけた。猿というのはそもそも熱帯の生き物で、果物などを食べてのんきに暮らしているものだ。何の因果かニホンザルはこんな寒いところまで来てしまったが、温泉につかる表情を見る限りこの風情をけっこう楽しんでいるようでもある。


ところで日本に温泉が多いのは、日本列島が火山帯にあるからだ。火山帯というのは要するにマグマが地表に噴出してくるエリアのことで、日本はユーラシアプレートの東端に位置し、東から太平洋プレートが、南からフィリピン海プレートが、もぐりこんでくるので、マグマが活性化している。地震が多いのも基本的には同じ理由である。火山や地震はあまり歓迎できるものではないが、もし日本が火山帯の上にない国になれば、同時に温泉もほとんどなくなってしまう。これは寂しい。

Worldvolcanoそういえばタイには温泉がないし、火山もない。地震もない。上の図は、世界の火山に△で印をつけた世界地図だが、ご覧の通り、タイはきれいに残っている。次の図は、ここ35年の間に起きた世界の地震の震源地を黒点で塗ったものである。ここでもタイはきれいに残っている。

Quake_epicenters_196398_1 日本沈没を見て日本にいたくなくなった人は、タイ移住を強くお勧めする。

|

« プーケットのタクシー事情 | トップページ | 女神転生 »

05 - 地質・地学・天文」カテゴリの記事

■B2 - タイ王国生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プーケットのタクシー事情 | トップページ | 女神転生 »