« 節分は大晦日の厄除け行事 | トップページ | 地震のない国に住みたい人は »

2007.02.05

プーケットのタクシー事情

Pa プーケットのタクシーは高い。プーケット国際空港からパトンビーチまでが550バーツの固定価格。パトンビーチ内の移動は100バーツ~だ。タイの物価を考えると激高いし、バンコクのタクシー料金と比べても3倍くらい高い。

高い理由ははっきりしている。タクシー組合の力が強く、勝手に固定価格を決めてしまって、価格競争が全く行われないからだ。代替の交通手段(バスなど)には政治力を駆使して猛烈な妨害をかける。他に手段がないので、仕方なく旅行者は高くてもタクシーを利用せざるを得ない。なおタイ人は自分の車やバイクで移動するので、もっぱら被害を被っているのは旅行者だ。

プーケットにはメータータクシーが走っていない。いや厳密にいうと、空港にはいる。実はメータータクシーを使うと、空港からパトンビーチまで約400バーツでいけるので、150バーツも安い。しかし、組合の抵抗でメータータクシーの会社は空港ビル内にブースをつくらせてもらえないので、ブースは空港を出て右にしばらく行った外れにある。空港ビル内には組合公式のブースがあり、誰に聞いてもメータータクシーは紹介しないので、旅行者は何も知らずに高い組合タクシーに乗らされる。

実は当局もこの状態を快くは思っていないようで、つい先日、メータータクシーのブースを空港ビル内につくろうとした。ところがこれに大反発して組合タクシーがストライキを起こしたものだから、一日で撤去せざるをえなかった。メータータクシーは空港以外では見たことがないので、そもそも認められていないのだろう。空港での業務を開始するにあたっては大騒動だったであろうことは想像に難くない。

公共バスの発達も非常に遅れている。空港から各ビーチへの直接バスはなく、一度プーケットタウンを経由する必要がある。これを使えば、合計105バーツでパトンビーチまで行けることは行ける。だがプーケットタウンの空港行きバス乗り場と各ビーチ行きのバス乗り場は約1キロも離れていて、とてもじゃないが重い荷物を持って、初めての旅行者がたどりつけるものではない。バスの本数も少ないので、ざっと3時間コースだ。

ビーチ間を巡回する路線もなく、パトンビーチに泊まった旅行者が隣のカタビーチに行きたい場合には、200-300バーツを払ってタクシーで行かざるを得ない。

どうしても安く空港からビーチまで行きたい人には、乗り合いのミニバンという方法がある。これは空港でも案内されていて、空港からパトンビーチまで170バーツほどだ。だがこれはバンに人がいっぱいになるまで待たされるのみならず、途中の旅行会社で必ず一度下ろされて、たっぷりと宿と旅行ツアーの営業をかけられる。全員に営業をかけ終わらないと出発しないので、30分はロスする。

こういうわけで、結局組合タクシーの網にはまって、高い固定料金のタクシーを使わざるを得ないのだ。改善を期待したいところだが、普通に街中をメータータクシーが走るにはあと5年や10年はかかりそうな感じだ。

|

« 節分は大晦日の厄除け行事 | トップページ | 地震のない国に住みたい人は »

■B2 - タイ王国生活」カテゴリの記事

コメント

筆者です。その後の最新情報をアップデートします。
2007年の8月半ばより、途中旅行会社で勧誘されまくりの
悪名高き乗り合いバンが廃止され、ノンストップのバンがスタート
しました。

これは空港からプーケットタウンまでノンストップで
往復するバンで、値段は片道100バーツ。少しは改善されました。

が、相変わらずパトンビーチなどへの直通バンはなく、
タクシー事情が悪い点も変わっておりません。

投稿: ftrain | 2007.09.13 09:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 節分は大晦日の厄除け行事 | トップページ | 地震のない国に住みたい人は »