« 旧暦正月はいずこへ | トップページ | プーケットのタクシー事情 »

2007.02.03

節分は大晦日の厄除け行事

Setsubun2 この記事を書きながら既に日が変わってしまったが、2/3は節分である。

節分といえば豆まき。子供の頃は「鬼は外」と言いながら良くポリポリやったもんだ。しかしなぜ豆を撒くのだろう?

便利なもので、ちょっとWEBを調べるとウィキペディアなどで答えが見つかる。曰く、まめは「魔滅」につながるからとか、陰陽五行説の発想から、鬼(=金)を炒った豆(=火)で閉じ込めるのだとかある。鬼はこの場合厄の象徴だから、節分とは、ようするに厄除けの日なのだ。 Setsubun

ではなぜ2月3日に厄除けをするのか? 
これには「二十四節気」を知る必要があるのだが、二十四節気とは端的にいうと、一年を24で割った中国の季節指標である。太陽の軌道(黄道)を15度ずつ24ヶに割った季節指標ともいえる。24のそれぞれに立春とか大暑とか霜降とか季節感のある名称がつけられている。

そして、一年のスタートである「立春」(黄道が315度)は毎年ほぼ2月4日なのだが、その前日、つまり大晦日が季節の分かれ目「節分」なのだ。大晦日なので、一年の厄落としをしたい、だから鬼退治すべく豆を撒く、とまあこういうことだ。

関西の方では、決められた方角を向いて太巻きを丸かじりするそうだ。これもいろんな意味があるようだが、総じて福を呼び込む縁起ものの行事と言って良いだろう。 Hutomaki_2

暦というのは面白い。暦はその地域の生活の基盤となっているものだから、暦を通じて文化が見えてくる。

東京でサラリーマンをやってる時は、季節感なんて全くなかった。その反動か、妙に気象や季節感や季節行事にこだわりがある今日この頃なのである。

|

« 旧暦正月はいずこへ | トップページ | プーケットのタクシー事情 »

03 - 世界の暦」カテゴリの記事

■B3 - マレーシア連邦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 旧暦正月はいずこへ | トップページ | プーケットのタクシー事情 »