« ペナン島の食生活 | トップページ | 諸葛亮孔明 現る »

2007.01.10

みんなお米の国の人だけど

Kome04_1

私は白米党で、世界で一番美味いものは、炊きたての日本米ではないかと実は思っている。

でも田植えも収穫もしたことがないので、田んぼを 見たり米作りの話を聞かせてもらったりすると、 追体験が出来たようでとても嬉しい。

ここマレーシアもお米の国。 リゾートとして有名なランカウイも、ビーチ沿い以外は田んぼが広がっている。今の時期は収穫が終わった後で、 干上がった田んぼでは水牛が草を食んでいた。

日本では一期作がほとんどだが、マレーシアでは二期作が多く、一番の米どころのケダ州では2年間に5度も米を作るらしい(2.5期作)。常夏で、雨も多く、灌漑設備も整っているため可能なのだそうだ。すごい。

しかし、驚くにはまだ早い。上には上がいる。ベトナムは三期作をするうえ、さらに余った数ヶ月でスイカなどを作るという。

春に田植えをして、秋に刈り取る。
百人一首の「秋の田の・・・」というのは、日本だけの 米作りの句なのだ。

気候が違えば農業も違う。当たり前だが面白い。

|

« ペナン島の食生活 | トップページ | 諸葛亮孔明 現る »

04 - 気象・気候・植生・動物」カテゴリの記事

■B3 - マレーシア連邦」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!「えんべつ情報」のmasakinonoです。訪問有難うございました。最北の地の米づくりは、3月中旬から、育苗のビニールハウスの除雪から作業が始まります。まだ積雪は1.5mほどありますが、農家では着々と準備が進んでいます。「大雪に凶作なし」と昔から伝わっていますが今年の少雪、暖冬ではどの様な出来秋になるのか心配です。また、訪問してください、お待ちしています。

投稿: masakinono | 2007.03.03 09:21

masakinonoさん、ご訪問ありがとうございます。
遠別の稲作はビニールハウスの除雪からとは、全く思いもよりませんでした。ホームページも季節感に富んでいて非常に興味深いです。また訪問させていただきます!

投稿: ftrain | 2007.03.03 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12604/13711074

この記事へのトラックバック一覧です: みんなお米の国の人だけど:

« ペナン島の食生活 | トップページ | 諸葛亮孔明 現る »