« マレーシア南部で大洪水 | トップページ | みんなお米の国の人だけど »

2006.12.28

ペナン島の食生活

さてペナン島に来て1週間。
とにかくここはご飯が美味しい。おそらく日常食の美味しさでは世界有数のエリアじゃないだろうか。毎食毎食美味しい。この1週間の食事の、ベスト3を挙げてみた。

★第1位 飲茶屋の肉卵まん
 遅めの朝飯を食べにチャイナタウンの飲茶屋に飛び込み、ジャスミン茶をすすりながら、どでかい肉まんを頬張る。中にはよく煮込んだ豚、鶏、卵が入っていて、口の中でとろける。ふかし立ての皮は甘くて柔らかくてケーキのよう。至福な一日のスタート。1個66円。

★第2位 中華食堂の酢海老
 「Sweet and Sour Prawn」と書いてあったので、海老チリソースを期待して注文したら出てきたのは酢豚の豚の代わりに揚げた海老が入っている酢海老だった。これが激ウマ。中はジューシーでぷりぷり。外はサクッととろーり。1皿700円。

★第3位 インド料理屋の卵カレーチャーハン
 ふわふわ卵とふわふわライス。これほど口当たりの良いチャーハンは初めて。一皿250円。
 

もっとも、当然失敗もある。インド料理屋でラッシーを注文したら、甘いのかすっぱいのか聞かれた。激甘は勘弁なので、甘くない方を頼んだら出てきたのはチーズジュースだった。

|

« マレーシア南部で大洪水 | トップページ | みんなお米の国の人だけど »

12 - 旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マレーシア南部で大洪水 | トップページ | みんなお米の国の人だけど »