« 「確認株式会社の解散に関する定め」の廃止の登記(長っ!) | トップページ | 警官の副業 »

2006.09.18

タイの銀行口座開設

Scb 以前ハワイの「ファーストハワイアンバンク」に銀行口座を開設したことがあったけど、今度はタイの「サイアム・コマーシャル・バンク」です。

いや、正式名称はタイ語のがもちろんあるんだけど、まだタイ文字がよく読めずわからんのです。

驚いたことに、このガイジンばかりのプーケットにおいて、同銀行は英語の申込用紙を用意していない。そこでタイ語の用紙と格闘することになった。

サポートしてくれる店員さんも、英語は片言しかできない。「名前は?」「xxxxです」「xxxx?」 彼女は口頭で確認しながら、なんとタイ文字で私の名前を書いていく。タイ文字で書かれた「私」は全くの他人のようで、「はじめまして、xxさん」という感じだった。

次になんか規約にサインさせられた。全てタイ文字で2ページぎっしり。こんなの分かるわけなく、盲判。

次になにやら収入調査の用紙。とりあえず真ん中らへんにチェックしておいたが、未だ持ってあれは年収を書くべき項目だったのか月収を書くべき項目だったのか判然としない。ついでに、単位もバーツだったのかドルだったのかもわからん。

キャッシュカードもつくった。出来上がったカードは一応マスターカードもついている機能的には立派なものだが、日本のカードと違って文字に凹凸がなく黒印刷されているだけなので、なんかプリンターでコピーしたような感じ。アメリカなんかで出したら逮捕されそうな代物。

これだけの手続きをするのに、なぜかデスクを三箇所もまわってその度に書類を書いた。三回目に連れて行かれた場所には先約がいるにも関わらずここで待つように指示され、タイ語がわからないからいいようなものの、お客さんと店員さんの会話を10分ほど横で聞くことになった。ついでに私のパスポートのおコピーも卓上に広げられたままで隣の人に丸見え。いいのかこんなんで。

こうして出来上がった預金通帳の私の名前は、一応ローマ字になっていた。が、スペルが一つ間違っている。それを指摘すると、新しく作り直すのかと思ったら、修正液で消して手書きで上書きした上に、透明のクリアシールをはっておしまい。

プレゼントに銀行のロゴ入りバッグをもらいました。

http://www.scb.co.th/html/th/main.shtml

|

« 「確認株式会社の解散に関する定め」の廃止の登記(長っ!) | トップページ | 警官の副業 »

■B2 - タイ王国生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「確認株式会社の解散に関する定め」の廃止の登記(長っ!) | トップページ | 警官の副業 »