« タイ下院総選挙 | トップページ | 集団エアロビクス »

2006.04.09

マクドナルドのない街

P1010233

プーケットを離れてバンコクに移ってきました。

1年半前、タイで一番最初にできた友達がJちゃん。 彼女は当時観光学部の学生で、チェンマイの旅行会社に
インターンに来ていたところに私が現れたのがきっかけ。

その後兄貴のJや従兄弟のJなども紹介してもらい、年齢が近いこともあり彼らともウマが合い、一緒に酒飲みに
でかける仲になった。

さて、そのJちゃんは大学を卒業後、地元に戻り小学校で中国語の先生をしているのだという。タイの学校は2月から 4月までずっと休みなので、時間があるので遊びに来いと 誘われたがままに行ってみた。

行き先はウタイターニー。 バンコクからバスで北へ約4時間。
地球の歩き方では紹介を省かれている街なので、 日本人はまず行かない、というか外国人はまず行かない。

街の人口は約30万人。決して田舎街ではない。 だがマクドナルドがない。スタバもない。日本料理屋もない。
いわゆる外国人向けの店も、外国資本の店も一切ないのだ。

だからこの街で過ごした2泊3日の間、朝飯はタイ粥、 昼飯はぶっかけご飯、夜飯はレストランでトムヤムクン
といった感じで、タイ人に混じってタイ人と同じものを食べて過ごした。Jちゃんの家庭にホームステイしたような2泊3日だった。大感謝。

※写真は、ハリウッドを真似たかのようなウタイターニーの街のシンボル。現王朝の父にゆかりのある街、というよな意味だそうです。

|

« タイ下院総選挙 | トップページ | 集団エアロビクス »

■B2 - タイ王国生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12604/9696894

この記事へのトラックバック一覧です: マクドナルドのない街:

« タイ下院総選挙 | トップページ | 集団エアロビクス »