« 世界史の落し種 | トップページ | ゲンチャ初体験 »

2006.03.31

出稼ぎタイ人の生活

プーケットはタイ人にとっては出稼ぎの地だ。
その中でもバトンビーチ地域は、観光、語学、宿泊などの外国人関係の産業が豊富にあるため、仕事を求め
タイ中から人が集まってくる。中でも、タイ南部と東北部(イーサン)からの人が多い。

ゲストハウスで働いている女の子のNちゃんは22才。 イーサン出身で、高校卒業後プーケットへ来て3年目。
住み込みで一日10時間以上働いて、月給は1万バーツ。もっとも働いているとはいっても客が少ないので、TV見て 音楽聴いて、食べて、くっちゃべって、電話して、 そんな10時間のようで楽しそうである。二日にいっぺんはソムタムを食べる。この時ばかりはゲストハウスのロビーに激臭が漂い、食べ終わると 消臭スプレーをまく。

タイ語学校のN先生は、タイ南部出身の25才。 なんとイスラム教徒である。とはいっても街中に
お祈り室はないので、お祈りは家でできる範囲でやるらしい。兄弟・いとこの3人でプーケットに住んでいて、本業は インターネットカフェの経営。副業が語学学校の先生で、 3つ目の仕事がアムウェイ販売員。

|

« 世界史の落し種 | トップページ | ゲンチャ初体験 »

■B2 - タイ王国生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12604/9696838

この記事へのトラックバック一覧です: 出稼ぎタイ人の生活:

« 世界史の落し種 | トップページ | ゲンチャ初体験 »