« マハラジャの冒険 | トップページ | フットボールとサッカー »

2005.11.06

英語のGODの由来は?

vishnu

インドネタ、続けます。

以前、9日間で北インドの三都市(デリー、アグラ、ジャイプル)とガンジス川流域(ヴァラナシ)を回った。移動は、ドライバー付で車を借り切った。いわゆる個人ツアーというプラン。普通はこんな豪勢な旅はしないのだけど、何せインドは広く移動が大変なのと、東南アジアともまた違う全くの異文化の地だったので、安全策を取った。

ところでこのドライバーは、簡単な観光ガイドも兼ねており、長い道中の話し相手にもなってくれ(英語の発音はかなりユニークだが)、ドライバーの良し悪しで旅の良し悪しがかなり左右される。暇そうにしている私に、彼は持ちネタを一つ披露してくれた。

「英語で神様のことをGODというだろう? あれはヒンドゥー教から来てるんだよ。ヒンドゥー教には三人の偉大な神様がいてね、創造神のブラフマーと、世界を維持繁栄させるウィシュヌと、破壊神のシヴァ。それぞれ、Generator、Organizer、Destroyerだね。ほら頭文字を取ってみるとGODだろ?」

ネタでしょう。念のため。

|

« マハラジャの冒険 | トップページ | フットボールとサッカー »

01 - 言語・民族」カテゴリの記事

■B5 - インド」カテゴリの記事

コメント

このネタずっと探していました。
どうしてもヴィシュヌの役割が分からなかったのです。日本語が維持で、Oから始まる単語。Organizerか!

投稿: みん | 2010.01.02 14:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12604/6901843

この記事へのトラックバック一覧です: 英語のGODの由来は?:

« マハラジャの冒険 | トップページ | フットボールとサッカー »