« イタリアの仕入先のお話 | トップページ | ルイジアナってどこの国? »

2005.09.04

PADIオープンウォーターライセンスを取得

サムイ島に4日間滞在し、標題のスキューバダイビングのライセンスをゲットした。ま、誰でも取れるんですけどね。

◆初日
サムイ島にある日系のダイビングショップでオープンウォーターコースを契約。

午前中はビデオ学習。水中では当然ながら水圧があるため、水中化での身体の変化とその対処法が主な学習内容。急速に浮上しすぎると肺が破裂する恐れがあるとか、体内に蓄えられた窒素を代謝しきれずに重病になるとか。風船を肺に見立てて、水面下10m(2気圧)でn立方センチメートルだった風船は、水面(1気圧)では何立方センチメートルになるでしょう?なんて問題を解く。そういえばPV=Kなんて公式を昔習ったことを思い出しながら、なかなか楽しい内容であった。午後はスキューバセット一式を背負ってプール実習。浮き方、沈み方、マスクに水が入った時の対処法などを実習。疲労度大。帰りにテキストを渡され、回答に小一時間を要する宿題が出た。

◆二日目
海デビュー。昨日プールでやったことを海で復習。耳抜きなども学ぶ。そこそこ海底をうろついてみるが、残念ながらサムイ島は透明度が悪く、バディを見失うこともしばしば。魚もぜんぜん見えなかった。午前と午後に約30分の潜水。陸にあがり、ペーパーテストを受けて二日目は終了。

◆三日目
サムイ島から約1時間かけてタオ島周辺でスキューバ!
ところが疲れがたまったのか、食べたものが悪かったのか、昨晩から頭痛、吐き気、肩こり、腹下しの四重苦。結局この日の予定は延期してもらい、ホテルで休息することに。これまで体験したことのない症状に、もしやマラリアにでもかかったんじゃ・・・、とガイドブックにのっている代表的な病気の症状と自分の症状を比較しては安心したり不安になったりな一日。薬局で頭痛薬とタイガーバーム(肩こり用)、コンビニでヤクルト(整腸用)を買い、夕食に日本料理屋で無理やり肉じゃが定食を押し込んで、タイマッサージの2時間コースを受けたところ、夜には不思議なくらいよくなった。

◆四日目
タオ島へ。いよいよ初の本格的なスキューバ!
機材の使い方は何も難しいことはないのだが、とかく身体が浮きがちになるので、重りを足したり減らしたり微調整。海はすばらしく透明で、透明度は約20m。こんなきれいな海は初めてだ。そしてはじめて見る海の中の世界は、とくにサンゴ礁が連なる陸際がきれいだった。何千ものカマスやアジが群れをつくって泳ぐ姿は圧巻だ。捕まえようと手を伸ばしてみたが、どうしても触れない。そういえば水の中では光の屈折の関係で物は大きく、近く見えるんだったと学習したことを思い出し、再度遠くを目指して手を伸ばしたがやはり触れない。子供の頃、かえるを捕まえたようにはいかないみたいだ。ところで海の底には、ナマコや名前を知らないおかしな形をした生物もたくさん。珍しいところではエイやゴマボンガラも見れた。だがこのゴマボンガラというのは人間を攻撃する習性があるので、こいつを見かけるたびに進路を変えなくてはならない。噛まれるとけっこう痛いらしい。

14mまで潜ったが、不安だった耳抜きも全く問題なかった。

そして陸に戻ると、ライセンスを授与された。これで次回からは講習等なくダイビングだけに参加できる。これはしばらくはまるだろう。いい趣味が一つ増えた。

なお総費用は、ライセンス&ダイビングが42000円、宿泊が12000円、航空運賃が12000円で、総計66000円。

|

« イタリアの仕入先のお話 | トップページ | ルイジアナってどこの国? »

12 - 旅行記」カテゴリの記事

コメント

おお!おめでとう!
今度はアドバンスOWに挑戦しません?
ということで、ダイビング仲間ゲット(^^)!

投稿: JUNO | 2005.09.05 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12604/5781718

この記事へのトラックバック一覧です: PADIオープンウォーターライセンスを取得:

« イタリアの仕入先のお話 | トップページ | ルイジアナってどこの国? »