« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月の記事

2005.09.24

カドゥケウスの杖

caduceusご覧の画像は、カドゥケウスの杖といいます。カドゥケウスはラテン語読みで、英語読みするとカデューシャス。ギリシャ神話のヘルメスが持っていたことから、ヘルメスの杖とか
マーキュリーの杖とか言われることもあり、またギリシャ語読みでケリュケイオン(Kerykeion)の杖、という場合もある。

最初荒俣宏さんの著書でこの図像を見たとき、これはモトリー・クルーのアルバムのジャケットじゃないか、なぜここに、と思った。違う、モトリー・クルーがここから取ったのだ。そういえば一橋大学の校章にも、世界保健機構(WHO)のロゴにもこのマークが入っている。ロックバンド、大学、保健衛生、とくに共通性は感じられない。一体コイツはなんなんだ、ということを解明するのが本稿の課題である。

hito02who_logo_en

といっても私はギリシャ神話の専門家ではないし、しかも神話なので諸説ある。そこでより詳しくは専門的なサイトを見てもらうとして、一般的な話にとどめる。

まず、この杖の最初の持ち主はギリシャ神話のアポロンだった。この杖がヘルメスに渡った。ヘルメスが生後半日もたたないうちにアポロンの牛を盗んだのだが、アポロンはヘルメスが亀の甲羅で作った竪琴の方が気に入り、牛は返さなくていいからその竪琴をくれ、と交換することになったのだ。この時、牛と一緒に手に入れたのが牛追いに使っていた杖=カドゥケウスの杖であった。

ところでヘルメスは、オリンポスの神のなかでもずば抜けて利口だった。さらに彼は翼の生えた靴を履いて、風よりも早く走る。こうしたことから、大神ゼウスより使者の役に任ぜられた。彼はその賢さや商才にちなみ、商業、旅行、情報伝達の神として敬われる。(余談ながら、高級ブランドの「エルメス」は昔、旅行カバンを作っていたことから、このブランド名としたらしい。)そしてカドゥケウスの杖はヘルメスそのものの象徴として扱われるようになる。

一方、もう一人この杖を持った人がいる。それがアポロンの息子、アスクレピオスだ。アスクレピオスは医学に秀で、その技術は死者をも生き返らせることができるほどであった。蛇は何度も脱皮を繰り返すことから古来より再生と不死身のシンボル、あるいは強い治癒力の象徴であることから、アスクレピオスのシンボルとして蛇が用いられたようだ。彼は死後天にあげられて蛇つかい座となり、神の一員となり、医学神として敬われるようになる。そしてヘルメス同様、この杖がアスクレピオスそのものの象徴となっていく。

カドゥケウスの杖は、ざっと以上のような意味を持つ。なお蛇が二匹絡み付いているのがヘルメスの杖、一匹絡みついているのがアスクレピオスの杖、と両者を分ける説もあるが、実際の使用例としては混同も見られるので、両者を同じくカドゥケウスの杖としてまとめておく。

こうしてみると、一橋大学がカドゥケウスの杖を校章に使っているのは、一橋大学は商科大学としてスタートしていることから、商業の神にあやかったのだろう、またWHOの方はアスクレピオスにちなんだのだろうと推測できる。

荒俣さんによると、ヨーロッパではもちろん、日本でも例えば銀座の和光の建物の壁とか、商業や通信や医療に関わりのある団体に広く用いられているらしい。このブログを読んだ方、上記以外でも何か見つけたら、ぜひ教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.22

和太鼓はスポーツである

ここのところ社会派の話題が続いたので、ちょっと頭の疲れない記事を一つ。

先週末、日本ならではの体験をしようと和太鼓の体験レッスンに行ってみた。場所は浅草。浅草寺の仲見世を抜けて浅草寺病院をさらに先に進んだ浅草の奥のビル。同じビルにアニマル浜口のレスリングジムが入居していた。

意外にも参加者は10代後半~40代くらいの女性がほとんど。男性は数えるほどしかいなかった。もっとも、これは健康・美容にいい!というプロモーションを行っているからだろう。

講師はなかなかイケメンなお兄ちゃん。けど着ているTシャツにはでっかく「浜口京子」の文字が。微妙。

まず最初は柔軟体操。面白いのは、股割りをすること。すなわち、相撲の四股のような体制で、股関節を伸ばす。これは和太鼓を叩く時にガニ股になるため、ここをよく伸ばしておかないと歩けないくらいに筋肉痛になるからとのこと。

そして早速実習へ。「アラシ」という歌舞伎の幕開きの時に拍子木で刻むようなリズムや、沖縄の曲のリズムを叩く。ところがこれがなかなか重労働なのである。まず大きな音を出すためにバチを上段から左右交互に力いっぱい振り下ろすのは、いわば剣道の素振りのようなもの。さらに太鼓は自分の太腿くらいの高さにあるため、叩いていい音を出すためにはどうしても自分の腰の位置を下げて叩かねばならない。自然、スクワットを途中で止めました、というような体制で叩くことになる。下腹に響く音が心地よく、楽しいので、時間がたつのを忘れて叩くのだが、気がつくと全身汗だくで、拭いても拭いても汗が止まらない。和太鼓はスポーツだ。

そうこうしてるうちに1時間はすぐたってしまった。2キロくらい体重が落ちたような感覚だ。だが本当の和太鼓効果はこれからだった。上腕があがらなくなったのだ。両腕とも。そういえば以前ムエタイの体験レッスンで、重い縄跳びを20分くらい飛び続けたことがあったが、あの時並に両腕の筋肉が張っている。これは翌日には重度の筋肉痛になり、完治には48時間を要した。更に、バチを握っていた両手の親指の付け根に、マメが出きて破けた。野球の素振りみたいなもんだ。このマメはいまだに痛い。

だが、これはまだ序の口らしい。この教室にはその名も「ファイティング和太鼓」という講座がある。これは和太鼓だけでなく筋トレなどのストイックな要素を取り入れることで、肉体的にも、精神的にも鍛錬するとともに、自己を高めることを主眼としたコースだという。講師は浜口ジム出身者・・・かどうかは知らない。

とにかく、もう一度言おう。和太鼓はスポーツだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.09.21

フェアトレード

近時、これからのライフモデルの開拓の一環として、いろいろなところに出没している。今日は、「フェアトレード」を行っている自由が丘のPeople Treeという団体の報告会を聴きに行った。

フェアトレードとは、途上国の人々が生産したものを、公正な商取引で輸入・販売することにより、彼らの貴重な現金収入の道を開いたり拡大して、経済的自立を促進するという活動と言われる。が、どうも実態がよくわからない。それと、自分ら以外の貿易が全てアンフェアだと言わんばかりの、「フェアトレード」という総称が持つ響きは好きではない。
 しかしながら、多くの人たちがこの分野で熱心に活動している。その魅力はなんなのか。貧しい農村の生活支援という目的に対し、現実に結果を残しているのか。ビジネスモデルとして成立しているのか。その辺のところの情報収集が今日の目的である。

短い時間で得た知識なので誤解もあるだろうが、以下私なりに簡単にまとめてみる。

◆フェアトレードとは?

フェアトレードの一般的な定義は先に載せたが、ありていにざっくり言うと、途上国の農村で作った衣料品や工芸品などを、先進国の消費者に売るというビジネスモデルだ。 

農村から出稼ぎに来なくてもいいように、農村での雇用創出に力を入れている。そのため、高価な生産手段を必要とするような生産物ではなく、手編みの籠や手織りの布といった手作業でできるような商品の生産が中心となる。また生産物は買い叩くことなく、より良い価格で購入している。個人的には、フェアトレードというよりも、雇用創出運動、あるいは産業創出運動という方が的を得ているような気がする。

フェアトレードの構成員は、現地の生産者と、先進国で商品を販売する企業(あるいはNGO)、それから両者のマッチングを行ったり、現地に張り付いて様々な支援活動を行う先進国NGO団体などからなる。今日行ったPeople Treeという団体は、先進国で商品を販売する企業である。自由が丘と表参道に店舗を持つほか、カタログ販売も積極的に行っている。また現地に張り付いている先進国NGO団体は、そのバックグランドも国籍も実にいろいろなのだが、他にも現地の農業面、衛生面、教育面などの支援活動や、小規模の融資など多様な活動を行っており、その中の一活動と位置づけるのが良いようでもある。

◆ビジネスモデルとしてどうなのか?

いびつな構造が一つある。それは、先進国での販売価格がやや高いことだ。その理由は、そもそも生産者の生活支援が目的なので、仕入の際に買い叩かないことも一因だが、それ以上に、商品が手作業による少量生産のため、生産面でも輸送面でも規模の利益があまりでないことにあるだろう。大量生産、大量流通を経てたとえばダイソーなどの100円ショップや民族雑貨店に並ぶ同種の商品よりはどうしても高くなる。価格が高いのを承知で、先進国の消費者が理念に共鳴して「買い支え」ている部分があるが、価格を消費者に転嫁するようだと今後の成長はあまり見込めないだろう。
 
また、品質面も問題だ。そもそも雑貨生産のプロではない途上国の農村の人たちに、日本の消費者の納得するような品質を求めるのはなかなか難しい。

かといって、地方都市に労働者を集めて工場で大量生産などを行っては、そもそもの理念から離れてしまう。価格と品質の2点は、フェアトレードをより広く展開していくには、解決せねばならない構造的な問題だ。言い換えれば、値段が高くても消費者が喜んで買うような商品を供給していくことがフェアトレードの生命線だ。

People Treeが、自由が丘と表参道という日本で最もセンスと品質が問われるエリアに出店しているのは、ハイセンスで高品質な商品を生産するためのアンテナショップという意味もあるのだろう。

◆目的に対して結果を残しているのか

生産が比較的小規模なので、商品の一つ一つに、誰が編んでいるカゴ、誰が織っている布、というように顔が見える。そして商品が売れ続ける限り、People Treeから生産者に発注が行き、彼、彼女らの収入が保証される。例えば教育支援などの中長期的な活動とは異なり、彼らの今日明日の現実の生活を支えるという、差し迫った課題に対して結果を残している。

◆携わる人にとっての魅力は何なのか?

本日の報告者の顔には充足感が、その上司格の人の顔には活動に対する自信が見られた。何よりも現地の生活を支える一翼を担っているという自負があるからだろう。付随して、事業を行う中で、全くの異文化に触れることができ、また東京など都市生活では味わえない農村生活を体験できたりするのも魅力だ。

以上、フェアトレードに関し自分の理解を簡単にまとめてみた。

崇高な理念の下、難しいビジネスモデルながらきちんと利益を出し、現地の生活を支え、情報発信を行っているPeople Treeという団体にはあらためて敬意を表したい。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2005.09.17

災害支援金拠出の正当性

neworleans

先日日本政府は、ハリケーンカトリーナの支援金としてアメリカに50万ドルの追加支援を行うことを決め、これで支援額は合計100万ドルとなった。大金のようだが、円価では約1億1000万円。インド洋大津波のときに5億ドル(約550億円)という大金をいち早く拠出したことと比べると少なさが際立つが、この金額の差異は今日の本題ではないのでさておき。

世界各地で災害が起きたときに、このように日本政府は「支援金」を拠出するが、この財源も税金である。日本国とは関係のないところで起きた災害に、日本国民の血と汗と涙の結晶である税金を拠出することはどのように正当化されるのだろう?
 
まず、日本国に税金を納めている、災害地に住む日本人や日系企業に対する支援というのは正当化しやすい。納税している以上、国内のどこかで災害が起きた場合の支援と同視できるからだ。このような一種の損害保険的な考え方は国の存在意義の一つであろう。

次に、世界中に日本人や日本企業も多数進出しているから、支援金を拠出することで海外の人たちとの関係が友好的になり、ひいては日本や日本人の利益になる、という考え方。

さらに、日本も災害の多い国だから、災害支援をしていれば、自分らが被災したときにも外国から支援金を期待できる、という考え方。いわば、国際的な損害保険的な発想。

上記の理由は、いずれも広い意味で国益にかなうという理由だ。国益にかなうと言えれば、広い意味で日本国民の信託に基づいた行政行為として正当化できるだろう。だが、たとえばインド洋大津波時のような5億ドル(約550億円)という支援額となると、費用対効果で考えれば割が合わなそうなので、国益にかなうと断言はしにくい。これだけの金額になると、国益ではなくて、「人道的」観点からの支援というべきであろう。

では「人道的」な、すなわち日本国民の利益には直接はつながらない支出はいかにして正当化されるか。換言すれば、人道的な支援を是とする日本国民の意思はあるのかどうか。
 
この一つの根拠となるのは、日本国憲法である。憲法の前文には、「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。」あるいは「われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて・・・」とあるからだ。

だが、憲法を行政行為の直接根拠にするというのは、なんとも不安定である。被災者支援法の海外版でもあるのだろうか。この辺よくわからないのだが、いずれにしても、金額や規模はともかく、人道的な支出を是とする日本国民の意思はあると考え、これを根拠とすることになるのだろう。

納税者としては、毎年人道的観点から日本政府がどのような活動をどのくらいの予算で行っているのか、詳しく知りたいものである。胸を張って誇れることなのだから。何を見ればわかるんだ?外交白書?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.14

もしもレファレンダム制度があったなら

郵政民営化法案が参議院で否決されたことを受け、小泉首相は「国民に聞いてみたい」と衆議院を解散して総選挙を実施し、圧勝した。私も、ちまたで言われるように、郵政民営化により財政投融資という「打出の小槌」がなくなり、乱脈融資や天下りポストが激減し、行政のスリム化につながる、という前提にたつと、郵政法案の再可決の見通しがたったこと自体は喜ばしいと思う。

ところが、衆議院選挙で過半数を獲得し与党となるということは、最長であと4年、日本の国政を担うということなのである。小泉首相は、あたかも今回の選挙が郵政法案の信任選挙であるかのように語り、国民にもそのような投票行動を呼びかけたが、結果として彼が得たものは、郵政のみならず、外交も経済政策も社会保障も全て含めた国政の最高権力者としての地位であった。いうなれば、エビでタイを釣ったようなもんだ。「私にエビをください」と首相も言ったのだが、タイをあげる制度しかないため、結果としてタイをあげることになってしまった。

そこで、思い出すのが「レファレンダム」という制度である。レファレンダムとは、政治に関する重要事項の可否を、議会の決定にゆだねるのではなく、直接国民の投票によって決める制度をいい、要するに国民投票・住民投票のこと。日本国憲法は原則として間接民主制(国民は代表者を通じて国政に参加する)を採用しており、国民が直接政治に参加する直接民主制的な規定は、憲法改正時の国民投票等に限られている。ただ、法的拘束力のない国民投票制度なら合憲、という立場の憲法学者も多い。なおアメリカでは法的拘束力のある国民投票制度があるというが、詳細は知らない。

もし今回、郵政法案の国民の信を問う手段として、レファンレンダム制度があったらどうだったであろうか。国民投票で郵政法案に是という結果が出れば、反対派もこの結果を尊重せざるをえないから、衆参でもう一度法案を練り直し成立、という流れになったであろう。そして数年後に訪れる衆議院選挙では、小泉政権の全てにつき信を問う。この方が民意の反映という意味でも、選挙制度という意味でも、すっきりしてないか。

#日本ブログ村のランキングに参加しています。参考になったらワンクリック!にほんブログ村 科学ブログ 人文・社会科学へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.05

ルイジアナってどこの国?

ルイジアナってどこの国だったっけ? 
そりゃおまえ、アメリカに決まってるじゃんという突っ込みが聞こえてきそうだが、ホテルのテレビでFOXやBBCが配信するハリケーンカトリーナの被害後の映像を見てると、ここがアメリカだということが信じられないのである。炊き出しに群がる人、常習薬が入手できず錯乱する人、強盗、銃犯罪、レイプなどの凶悪犯罪が多発し、道路には大量のゴミが投げ捨てられまるでスラムだ。

そしてこれらの人たちは、黒人(アフリカン・アメリカン)ばかりなのである。映像だけ見てると、まるでアフリカ難民だ。まさか黒人だけの街ではあるまいと思い調べてみたところ、約450万人のルイジアナ州の人口構成は白人62.5%、アフリカン・アメリカンが32,5%、その他5%なのである。白人はさっさと他の街に逃げ出したのだろうか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.04

PADIオープンウォーターライセンスを取得

サムイ島に4日間滞在し、標題のスキューバダイビングのライセンスをゲットした。ま、誰でも取れるんですけどね。

◆初日
サムイ島にある日系のダイビングショップでオープンウォーターコースを契約。

午前中はビデオ学習。水中では当然ながら水圧があるため、水中化での身体の変化とその対処法が主な学習内容。急速に浮上しすぎると肺が破裂する恐れがあるとか、体内に蓄えられた窒素を代謝しきれずに重病になるとか。風船を肺に見立てて、水面下10m(2気圧)でn立方センチメートルだった風船は、水面(1気圧)では何立方センチメートルになるでしょう?なんて問題を解く。そういえばPV=Kなんて公式を昔習ったことを思い出しながら、なかなか楽しい内容であった。午後はスキューバセット一式を背負ってプール実習。浮き方、沈み方、マスクに水が入った時の対処法などを実習。疲労度大。帰りにテキストを渡され、回答に小一時間を要する宿題が出た。

◆二日目
海デビュー。昨日プールでやったことを海で復習。耳抜きなども学ぶ。そこそこ海底をうろついてみるが、残念ながらサムイ島は透明度が悪く、バディを見失うこともしばしば。魚もぜんぜん見えなかった。午前と午後に約30分の潜水。陸にあがり、ペーパーテストを受けて二日目は終了。

◆三日目
サムイ島から約1時間かけてタオ島周辺でスキューバ!
ところが疲れがたまったのか、食べたものが悪かったのか、昨晩から頭痛、吐き気、肩こり、腹下しの四重苦。結局この日の予定は延期してもらい、ホテルで休息することに。これまで体験したことのない症状に、もしやマラリアにでもかかったんじゃ・・・、とガイドブックにのっている代表的な病気の症状と自分の症状を比較しては安心したり不安になったりな一日。薬局で頭痛薬とタイガーバーム(肩こり用)、コンビニでヤクルト(整腸用)を買い、夕食に日本料理屋で無理やり肉じゃが定食を押し込んで、タイマッサージの2時間コースを受けたところ、夜には不思議なくらいよくなった。

◆四日目
タオ島へ。いよいよ初の本格的なスキューバ!
機材の使い方は何も難しいことはないのだが、とかく身体が浮きがちになるので、重りを足したり減らしたり微調整。海はすばらしく透明で、透明度は約20m。こんなきれいな海は初めてだ。そしてはじめて見る海の中の世界は、とくにサンゴ礁が連なる陸際がきれいだった。何千ものカマスやアジが群れをつくって泳ぐ姿は圧巻だ。捕まえようと手を伸ばしてみたが、どうしても触れない。そういえば水の中では光の屈折の関係で物は大きく、近く見えるんだったと学習したことを思い出し、再度遠くを目指して手を伸ばしたがやはり触れない。子供の頃、かえるを捕まえたようにはいかないみたいだ。ところで海の底には、ナマコや名前を知らないおかしな形をした生物もたくさん。珍しいところではエイやゴマボンガラも見れた。だがこのゴマボンガラというのは人間を攻撃する習性があるので、こいつを見かけるたびに進路を変えなくてはならない。噛まれるとけっこう痛いらしい。

14mまで潜ったが、不安だった耳抜きも全く問題なかった。

そして陸に戻ると、ライセンスを授与された。これで次回からは講習等なくダイビングだけに参加できる。これはしばらくはまるだろう。いい趣味が一つ増えた。

なお総費用は、ライセンス&ダイビングが42000円、宿泊が12000円、航空運賃が12000円で、総計66000円。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.09.03

イタリアの仕入先のお話

弊社の仕入先の一つに、イタリアの企業がある。対応もすばやく、英語も堪能で、小規模ながらなかなか信頼できる企業である。

7月末ごろ、この企業にとある商品の調査をお願いしたところ、予想だにしなかった回答が返ってきた。

「今イタリアはバケーション前で休暇状態です。8月はぜんぜん調査が進まないので、9月になったらまた声かけてみます」。

なんとものんきなものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »