« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月の記事

2005.07.27

イスラエル人の旅費稼ぎの方法

長崎の繁華街、思案橋で運良く一人でも入りやすい焼酎バーを見つけ、地元民と語らい、気持ちよく店を出てホテルに戻ろうとする帰り道に、その女性はいた。名前はダニーという。年齢23才。彼女は繁華街の入り口に出店を構え、ジュエリーを売っていた。今日は平日だし、人通りが少なく客も来ないのだろう、暇そうにたたずんでいる。

彼女はイスラエル人で、高校卒業後、義務である軍隊に入る前に世界放浪をしたいと旅に出て早や9ヶ月目。インドとタイでそれぞれ数ヶ月を過ごし、つい一週間前に日本に来た。アジアを旅しているとこういう「ヨーロッパ人」を多く目にする。そういえばカンボジアでも以前、イスラエルの女性に会ったことがあった。だが、東京や大阪ではなく、長崎にいるところが面白い。なぜわざわざこんなところまで、と聞くと、旅費稼ぎとの答えが返ってきた。ジュエリーを売って旅費を稼ぐとは面白い。だが彼女は日本語はぜんぜん話せない。

しかし、たたみ2畳分くらいの陳列ケースには銀製のネックレスやら指輪やらがいっぱいに詰まっている。個人で仕入れて売るには規模が大きい。そこを尋ねると、彼女は事も無げに言った。「ジュエリー販売のネットワークがあるの。私たちはビジネスの天才よ。」

驚いたことに、そのビジネスを誰が運営しているのか、彼女も良く知らないのだという。彼女はこの陳列ケースを前任者から引継いだのだが、前任者のことも良く知らない。だが旅行者は入れ替わり立ち代り店番に立ち、いくばくかの成果報酬を得る、そういう仕組みができあがってるんだそうだ。彼女は、同じくどこかから流れてきたイスラエル人と一日交代で、店番に立つ。長崎滞在は3ケ月の予定で、アパートも借りたそうだ。日本語で数もろくに数えられないくせに。。。そこまで話を聞いて、イスラエル人がユダヤ人であることを思い出した。これは追跡してみると面白いかもしれない。

もう少し日にちがあったら、たぶん私も店番に立っていたことだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.26

隠れキリシタン発見!

P1000385

先日、祖父の墓参りもかねて祖母と母と3人で長崎に行ってきた。久しぶりに叔父さんや従兄弟に会い、そういえば自分には長崎の血が半分混じってたんだと再確認。そういえば電車で見る人々の顔が心なしか自分に似てる気がするのは気のせいか。

やっぱり長崎でも、ぶらぶらと一人街をぶらついていた。
長崎は港湾を囲むように小高い丘が連なり、丘の斜面に所狭しと家が立ち並ぶ街。だんだん畑ならぬ、だんだんハウスが丘を埋め尽くす様は圧巻だ。昼間はあまり美しくはないが、夜は100万ドルの夜景になる。民家の立ち並ぶそんな山の中腹を歩いていると、屋根が赤や青の龍の彫り物でに鮮やかに飾られた孔子廟が見えてきた。その奥には教会。ふもとには銭湯とタバコ屋。統一性のない景観が長崎らしいといえば長崎らしい。

この教会に立ち寄ってみた。1864年にフランス人によって建設された「大浦天主堂」というらしい。明治維新の4年前ですな。ここでなんと隠れキリシタンを発見した。

1865年3月17日、この天主堂に、キリスト教を信仰する日本人がやってきて、「サンタ・マリアの御像はどこ?」と尋ねたのだという。日本は秀吉以来キリスト教は禁教で、江戸時代もキリスト教弾圧は過酷を極めていた。そんな中、キリスト教徒が日本にいた。彼らは、戦国・安土桃山などまだ布教が認められていた時代に信徒となった者から、実に250年もの間、表に出ることなく代々伝え聞いた信仰を守り通してきた人たちなのであった。いわゆる「隠れキリシタン」である。隠れキリシタンが250年ぶりにカミングアウトした瞬間であった。

考えて見れば、キリスト教の布教と植民地化の懸念、およびその反動というのは、日本の近世・近代を貫いた最大の社会力学であろう。銭形平次や暴れん坊将軍に見るような江戸下町文化の裏側で、常に時の治世者は植民地化されていくアジアを横目に日本国を憂慮していたに違いない。長崎の「隠れキリシタン」は、ある意味、時代を映す鏡だ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.12

世界のペプシCM

いわゆる「発展途上国」ではどこに行ってもコカコーラなどの炭酸飲料が幅を利かせているが、タイもその例外ではない。とはいえ、コーラといえばコカコーラよりはペプシイ(タイ風には「シ」にアクセント)をよく目にする。

特筆すべきなのが、ペプシのCM。今ペプシのCMは、日本ではスターウォーズとシャラポアだが、タイではベッカム、ロベカル、ロナウジーニョ、ラウル、トーレス、アンリなどの世界的なフットボール選手がサーフィンしてペプシを飲んでいる。ベッカムとロナウジーニョが同じブルーのユニフォーム?を着て並んでいる姿はなんか不思議だったがそれはともかく、テレビだけでなく、BTSスカイトレインの駅でもど派手な看板を見ることができる。あわせて店頭のペプシの缶も、サーフィンをしている「ロベカル缶」「ベッカム缶」などにお色直ししてある。このフットボールCMはシリーズもので、サーフィンの前は中世の時代劇だったようである。

このCMをもう一度みたいと思い、ウェブを探してたら少なからず見つかった。わかったのは、CMにフットボール選手を使ってるのはタイだけでなく、むしろこれが世界標準だってこと。

●イギリス
 ここでサーフィンのCMが見れます。面白いしかっこいい。
http://www.pepsi.co.uk/thefa/PepsiTvAdvert.aspx

●エクアドル
ここで(たぶん前作の)中世の時代劇風のものが見れます。壁紙も嬉しい。
http://www.pepsi.com.ec/futbol/inicio.html

●アメリカ
サッカーがそんなに人気がないからか、スポーツ系ではアメフトとメジャーリーグとレーシング。サッカーはない。
http://www.pepsi.com/sports/index.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »