« 仮面学生生活 | トップページ | ラニカイビーチ »

2005.02.10

ハワイに銀行口座を開設

今後アメリカの企業や個人と取引するにあたり、どうしてもアメリカの銀行口座が欲しい。かつては外国人でもパスポート一つで簡単に口座を作れたらしい。だが911事件後、外国からの送金を制限するために
どこの銀行でも口座開設が厳しくなったと聞く。パスポートはもちろん、アメリカのソーシャルセキュリティーナンバー(アメリカの社会保険番号で、旅行者や学生は普通は持たない)やxヶ月以上の滞在ビザなども開設の要件となるらしいのだ。

そこで、場合によっては面倒だがアメリカで法人格を持ち事業ビザを取得することも選択肢の一つとして、なんとかして銀行口座を開設することが今回の渡航の目的の一つだ。

とりあえず飛び込みで銀行に行って聞いてみた。日本の銀行のように事務的で殺伐とした空気はなく、大理石?の床が一面に広がる空間に革張りのソファが置かれ、心地よい風が横切る空間はまるでリゾートホテルのロビー。窓口の女性が笑顔で迎えてくれる。「パスポートがあれば作れますよ」。

その言葉どおり、手続は実に簡単だった。パスポートを見せ、口座維持手数料を取られないように500ドル以上を預け、いくつかの書類にサインし、ネットバンキング用の暗証番号を入力しておしまい。所要時間15分くらいでこんな当座預金口座と、セキュアードカードという、預金額を利用限度額としたカード(デビットカード)にVISA/MASTER決済機能がついたいわば簡易クレジットカードと、小切手帳ができた。一週間後に受け取りに再訪する。

滞在二日目で渡航目的の一つだった銀行口座開設をクリア。ここまでのところ、とても順調だ。

|

« 仮面学生生活 | トップページ | ラニカイビーチ »

■B7 - アメリカ・メキシコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12604/2864324

この記事へのトラックバック一覧です: ハワイに銀行口座を開設:

« 仮面学生生活 | トップページ | ラニカイビーチ »