« 国民年金と国民健康保険 | トップページ | ハワイに銀行口座を開設 »

2005.02.09

仮面学生生活

朝7時半にホノルル空港着。空港から直接タクシーでハワイ大学に乗りつけ、なんとか8時半の初ガイダンスに間に合った。初日から遅刻するのは印象悪いから、間に合ってよかった。朝が弱い私だが、遅刻はこれからもなるべくしないように努力したい。

私が参加したのは、ハワイ大学のエクステンションセンターの企画のようなプログラムで、NICE(New Intensive Courses in English)と呼ばれているもの。今回の3週間コースに参加したのは計60人。これが英語レベルに応じて5クラスに分けられ、スピーキング中心の授業が行われる。参加者の国籍は日本、韓国、台湾などのアジア系が中心で、ブラジル、コロンビアなどの南米系も少々。日本のとある大学と提携しているらしく、約半分がこの大学からの参加者なのには驚いた。初級、中級コースに入ると大半が日本人のクラスになりそうだが、幸い私は上のコースだったのでそんなに多くはない。一応ハワイ大学のIDがもらえて、にわか学生気分。

キャンパスを歩くと、マークハントがたくさん歩いているのに驚く。男性だけじゃない、女性のマークハントもいる。これらのポリネシア系と白人系とアジア系の割合は1対1対1くらいか。一方、黒人はほとんどみない。ここがアメリカだということが、にわかには受け入れ難い光景だ。

天気は毎日快晴。気温は日中は25度くらいか。陽射しはじりじり肌を焼くようで、5分も外を歩くと肌が悲鳴を上げる。そういえば日本は真冬だったっけ。

宿泊は大学の寮を確保。一泊35ドルを一ヶ月というのは痛いが、清潔だし、景色もいいし、ネットは各部屋から24時間つながるのでまあ満足。さらにキッチンが国籍も専攻もバラバラの人たちの交流の場になっていて、早速アメリカ人から日本文学を専攻してるんだと話しかけられたり、ドイツ人とブラジル人がアメリカの厚生省(FDA)と自国の薬の認可基準を議論をしてたり、インドネシア人から今回の津波被害を聞けたり、言葉も英独中日などが飛び交うたまらなく刺激的な環境。これはたまらん。

こんな居心地の良い寮に泊まってしまったせいか、二日目の授業は早速3時間の大幅な遅刻。遅刻はなるべくしないように努力したい。

|

« 国民年金と国民健康保険 | トップページ | ハワイに銀行口座を開設 »

■B7 - アメリカ・メキシコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12604/2864161

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面学生生活:

« 国民年金と国民健康保険 | トップページ | ハワイに銀行口座を開設 »