« 見習いバイヤー in 台北 | トップページ | 日本人は道教徒? »

2004.11.30

「普通」の台北

台北は普通に都市だった。もっと発展途上というか素朴だと思っていたが、とんでもない。

まず電車の中の風景は、東京の電車内と大差なかった。寝てる人、携帯メールを打つ人、だぶだぶのズボンを極端に下げてお尻ではく高校生、抱き合う若いカップルなどなど。やや違うかなという点は、車内の騒がしさ。話し声がどこでも聞こえるし、携帯で話すこともOKのようで誰も気に留めない。

 

宿泊した宿がたまたま予備校街の近くで、多くの予備校生が宿泊していたのだが、彼らも日本人と大差ない。台湾大学などの有名大学に行くために勉学にいそしんでいた。中には夜はプレステで遊ぶやつがいたところも同じだ。
街中にはスターバックスやマクドナルドや「全家便利商店」(ファミリーマート)や「OK便利店」(サークルK)が溢れていた。もちろん民族資本のファーストフードやコンビニも多数あった。CD屋では平井堅がやたらと流れている。


デパートの家電売り場では、日本製品に並んでPHILIPSとBENQがディスプレイされていた。BENQは台湾が誇るLCD(液晶ディスプレイ)のメーカー。


滞在期間中がたまたま選挙運動期間中だったようで、選挙ポスターがいたるところに貼られていたが、驚いたのは、ある陣営では運動員3名が皆SEGWAYに乗って動き回っていたこと。SEGWAY・・・世紀の発明と言われた、あの転ばない二輪車です。初めてみた。頼んでみたけど乗らせてはくれなかった。カタコトで選挙の応援くらいしてあげたのに・・・。


これもたまたまだが、滞在期間中にちょうど4年に1度のフットサルのワールドカップが台北で行われていた。入場料は350元(約1100円)で、2試合見れるとのこと。ぜひブラジルやスペインの華麗なフットサルを見たかったが、残念ながら日程が合わず。飛行機のチケットさえなんとかなれば、会社はもっと休んだのだが。

英字新聞を開いていたら、ヨーロッパの鉄道会社に多額の賠償金を支払うことで合意した、とあった。なんでも、台湾発の超高速鉄道の建設をヨーロッパの企業に発注したものの、納期等で折り合いが付かず、結局日本の「新幹線」に発注しなおしたのだそうだ。そっか、だから新潟の地震で新幹線が脱線したとき、台湾人があんなに動揺してたんだ。


|

« 見習いバイヤー in 台北 | トップページ | 日本人は道教徒? »

12 - 旅行記」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
フットサルの試合生で見れなかったんですか?
残念ですねー。
僕も一度は、生でブラジル人のフットサル見てみたいです。
あと台北にまでファミリーマートやサークルKってあるんですね。結構驚きました。

投稿: naojunn | 2004.12.01 15:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12604/2117429

この記事へのトラックバック一覧です: 「普通」の台北:

« 見習いバイヤー in 台北 | トップページ | 日本人は道教徒? »