« アカスリ体験 | トップページ | 日本人は仏教徒? Vol.1 »

2004.02.11

タイ「不法」入国

 25日の夜の便でバンコクに飛んだ。片道航空券である。東京への帰国便は、バンコク発の6ヶ月オープンの往復航空券を買うつもりだ。実は、これは今回の旅でもっともチャレンジしたかったことの一つである。狙いはGWの再渡航。日本で買う格安航空券は、格安といえども、ピーク時には最も安いときの3、4倍という異常な価格がつくので、ピーク時のチケットはなかなか手が出ない。しかし会社勤めの身では、まとまった休みが取れるのはGWなどのピーク時だけなので、泣く泣く高いチケットを買うことになる。ところがバンコク発券の航空券なら、日本のGWなど関係ないのでGWでも通常価格で買える。これを狙ったわけである。なお航空券は、出発地で発券するという国際ルールがあるため、東京→バンコクの片道切符だけをバンコクで買うことはできない。だからバンコク→東京→バンコクの往復切符を買うことになるわけだ。今回、ソウルから片道航空券で入国するのはそういうわけだ。
 ところがタイ大使館のホームページによると、バンコクの空港での入国にあたっては、帰りの航空券が必要だと明記されている。持ってなかったらどうなるんだろう?強制送還?入管法違反で罰金? おまけに私は短期滞在だから滞在VISAも取っていないので、私が持っているオフィシャルな書類はパスポートだけだ。さあどうする? まあ、しかしながら、陸路で入国する人は通常はリターンチケットなんて持ってないし、そもそも法律の趣旨は不法滞在と就労の予防だろうから、審査官も日本人がわざわざタイで不法に就労するなんて考えないだろうし、お金も持ってきてるし、なんとかなるだろう、と法律家らしく趣旨に遡って規定を解釈して、気にせず行ってしまうことにした。
 とはいえ、不安がなかったわけじゃない。一応、ソウルでは日本大使館とタイ大使館を探し出して問い合わせを試みたのだが、なんと予期せぬことに韓国では12月25日のクリスマスは国民の祝日となっていて、官庁街もみんな閉まっていた。なんでやねん。「まあ審査官になんか言われたら、パスポートに10ドル挟んで渡せば見逃してくれるだろ。あ、けどこれは立派な贈賄だよな。不法入国よりこっちの方がよっぽどリスクが高いな。」なんて考えながら、バンコク国際空港の入国カウンターでおそるおそるパスポートとイミグレーションカードを提出した。女性の審査官はこっちを一瞥すると、1秒で機械的にパスポートにスタンプを押し、目で次の人に合図を送りもうこっちを見ることはなかった。オペレーション・グッドモーニングバンコック、ここに成功せり。


※次の記事を読むには、記事上部の « xxxxx | トップページ | yyyyy » の "yyyyy"の部分をクリックしてください。

|

« アカスリ体験 | トップページ | 日本人は仏教徒? Vol.1 »

12 - 旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12604/185976

この記事へのトラックバック一覧です: タイ「不法」入国:

« アカスリ体験 | トップページ | 日本人は仏教徒? Vol.1 »