カテゴリー「■B2 - タイ王国生活」の記事

2008.04.25

プーケットのサッカーTV観戦事情

Cronaldo昨日、一昨日とUEFAチャンピオンズリーグの準決勝2試合をテレビ観戦した。

タイ・プーケットというのは海外サッカー好きにはなかなか居心地の良い場所だ。というのは、われわれ外人が住むような家やホテル(さして高価でなくても良い)ではまず間違いなくケーブルTVが映るので、チャンピオンズリーグはもちろん、EUROもプリミアリーグも有名どころの試合はたいてい見れるのだ。リーガもセリエもブンデスリーガもチャンネルを回せば、プリミアほどの試合数はないが見れることがある。こないだまでアフリカネーションズ杯もやっていた。

家のテレビで映らないときは、急きょパトンビーチまで車を飛ばせば良い。そこにある300は下らないと思われる数のバービア(ビールを飲めるオープン カウンターのバー)ではたいてい店のテレビでサッカーを流しているので、どこかの店で必ずお目当ての試合を見ることができる。これまでチャンピオンズリーグの他にもFAカップやTOYOTAクラブW杯をバービアで見てきた。

いいことだらけのようだが、問題がないわけでもない。というか、三つもある。

まず、いったい何時に、どのチャンネルで放映するのかを調べるのが一苦労なのだ。ケーブルTVのチャンネルガイドのようなものは(少なくても我が家には)存在しない。だから予めいろんな情報源から日程を下調べしておいて、放映時間が来たらお目当ての番組になるまでひたすらザッピングする。運悪く我が家のテレビでは映らなかったりすると、それからパトンビーチまで車を飛ばすこともある。800pxtimezones

放映時間を調べることはもっと大変だ。たとえばUEFAのサイトを見ると、試合開始時刻が20:45と書いてある。イングランドのスタジアムでやる試合だからイギリス標準時かと思いきや、UEFAは標示を中央ヨーロッパ標準時で統一していた。中央ヨーロッパ標準時は東経15度線を基準としているので、東経105度のタイとの時差は6時間か、と早合点していると、ヨーロッパは3月末からサマータイムを導入していて、現在は時差が5時間だった。だから20:45+5:00で、25:45、つまり深夜01:45だ。この下調べと計算を毎試合やっている。

そしてもう二つ目の問題は、放送事故で試合の途中で映像が急に消えることがわりと頻繁にあることだ。先日も楽しみにしていたバルセロナ戦でこれをやられた。

さらに地上波の放映の場合、皇室関連の行事があるときには全チャンネルが強制的に皇室行事に切り替わる。2006年ワールドカップの日本対オーストラリア戦は、あいにく現国王様の在位60周年式典と重なってしまって、さんざん待たされたあげくに最後の25分(たてつづけに3点入れられたあの屈辱のシーン)しか見ることしかできなかった(→詳細こちら)。

三つ目の問題は、日本代表の試合はあまり放映しないことだ。さすがにW杯予選は(とくにタイと日本は同じグループだ)どこかでやっているが、キリンチャレンジカップなどは見れない。Jリーグはまず見れない。

まあ以上のように良い点も悪い点もあるものの、私はこの現状に大満足で、この時期になると毎週のように、まずシャワーを浴びて一眠りしてから飛び起きて、夜中の試合を見ているのだ。

#ブログ村はこちら → にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.09

鍵を忘れて

Keyタイの大学のクラスのみんなと一泊二日の研修旅行でホテルに泊まったときの話。

私の部屋は四階だったのだが、部屋の前まで来てフロントで鍵をもらい忘れたことに気がついて、今のぼってきたばかりの階段を下っていたところ、二階のホールの一番奥にいた友人Tに目ざとく見つかってしまった。Tは女子大生。イスラム教徒で、英語が堪能なので、いつも話し相手になってもらっている。

「何やってるのーーーーー?」(英語)

彼女が遠くから叫ぶ。
私は鍵をもらい忘れてまた階段を往復しなければならない自分のアホさ加減に少し照れながら、彼女に聞こえるように大きな声で、端的にこう答えた。

「KEEEEEY!」(キーーーー – 鍵のこと)

これを聞いた彼女は少しとまどった後、笑い転げた。彼女の近くにいた友人達も話を伝え聞いて一緒に笑い転げて、しばらく止まらなかった。

そんなに可笑しいか?と一人合点が行かなかったが、理由を聞いて笑うしかなかった。

タイ語で「キー」は、「う○ち」のことなのだ。しかも英語のKEYとタイ語の「う○ち」は、声調まで完全に一致するのだ。

フロア全体に聞こえるような大声での私の「う○ち」の返答に彼女は戸惑いながらも、彼の部屋にはトイレがないのか???との考えが頭をよぎり、やっと鍵のことね、と気づいて大笑いしたのだ。

その後この話は伝え伝わって、うちの学科では、「ちょっとバイクの鍵かして」なんてタイ人同士で言うとき、「キーかして」というのがしばらく流行った。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.04.05

工作の時間です

タイ文字の勉強のため、タイ文字カードなどつくってみた。

微妙に発音が違うが日本語で書くと同じになってしまう単語を区別するためには、タイ文字の習得が必須なのだが、これが結構厄介なので、楽しく、効果的に覚える方法はないかと考え、カード方式が良いと思った。でも売っていないので、自作することにした。

Cards1
#夜中に撮ったので背景が黒いのがなんか不気味だ・・・。

タイ語では、各子音が三種(中類字、高類字、低類字)あるカテゴリのどれに分類されるかを知ることがとても重要なので(それにより声調がちがってくる)、直観的に頭にインプットしてしまおうと、子音はカテゴリ別に色分けした。

大きさが違ったり、子音の上にも右にも左にもついたりする母音をどう扱うかは大きな問題だったが、これはカードの大きさを統一することを諦めることでクリアした。

使ってみて、なかなか効果的だと思う。自慢の一品です。

Cards4
#見た目も重要。ギフト箱にいれてみたところ。


#ブログ村ランキングに参加しています → にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ  にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.12

パッタイの作り方

Padthai

タイの焼きそば、パッタイの作り方のメモです。これも大学で習ったもの。観光系に強い学部なのでこんな授業もあるのです。

◆材料
  海老、にんにく、赤タマネギ、豆腐、たくわん、桜エビ、たまご、もやし、青ネギ、ピーナッツ、ライム、センレック麺(以上パッタイ用)、タマリンド、ライム、砂糖、ナンプラー、チリソース、水(以上タマリンドソース用)

◆下準備
  - 海老は頭とカラと背綿を取る。
  - にんにく、赤タマネギ、豆腐、たくわんはみじん切りに
  - もやしはヒゲの部分を落とす
  - 青ネギは青い部分だけ5センチほどの長さに切る
  - ピーナッツは炒ってから皮を落とし、細かく砕く

Zairyo
ひとり分の分量はこんな感じ

◇タマリンドソースを作る
  タマリンド(ペースト状になったもの)を鍋に入れ水を加えて煮る。ライム、砂糖、ナンプラー、チリソース(市販の瓶入りのもの)を適量混ぜて煮込んでできあがり

Tamarind
これは100人分くらいあるかも

◆調理手順 

(1) 中華鍋に油をやや多めに敷き、海老をさっと炒め(半分揚げるような感じ)、すぐに取り上げる
(2) にんにく、玉ねぎ、豆腐、たくわんをよく炒める
(3) センレック麺を入れ、続いて水を加え、蒸し炒るような感じで約1分
(4) 桜エビ投入
(5) タマリンドソースを大さじ2-3杯(好みで調整)
(6) 料理をやや脇に寄せ、真ん中にたまごを目玉焼きのように落とし、少し固まってから上に料理をかぶせ、少し混ぜる
(7) もやしと青ネギ投入
(8) 海老を再投入
(9) くだいたピーナッツを加えてできあがり。

ライム、チリ、ナンプラー、生もやし、ピーナッツなどを好みで加えて食べる。上の写真ではオムライスのように薄焼き卵でくるみ、タケノコを添えてある。

#ブログ村ランキングはこちら → にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ Country88_31_nf

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.24

続・プーケットのゴミ事情

Kaya

先日プーケットでもゴミの分別が始まったと書いたが、これがその証拠。プーケット国際空港内に設置されたゴミ箱だ。撮影は2007年12月21日。

「カヤピアック」と「カヤヘン」の二種類のゴミ箱がある。運営側の意図としては、土に返せる有機ゴミ(カヤピアック)と、焼却炉で燃やすゴミ(カヤヘン)に分けて収集することで、少しでもゴミを減らしたいのだろう。

ところが、中に入っているゴミは見ての通り。ぜんぜん分別になっていない。そもそも英語の「WET」と「DRY」って何だ? 濡れたゴミと乾いたゴミをなぜ分けるんだ? 飲み残しのジュースパックは水分があるからWETかな、でも燃えるからDRYかな??? またタイ人が意味不明な英語を使ってるな、そう思った。

ところがこれは私の無知だった。英語の「WET GARBAGE」には、台所やお風呂場から出た濡れたゴミ→有機ゴミという意味がどうもあるらしい。「DRY GARBAGE」は紙くずなどの意味。新しい用例みたいだ。「BIODEGRADABLE」と「BURNABLE」と書いてくれればわかりやすいのだが。おそらくタイ語の「カヤピアック」(濡れたゴミ)、「カヤヘン」(乾いたゴミ)も、この直訳だろう。

この用語が一般にどれだけ理解されているかは、ゴミ箱の中身を見れば一目瞭然だろう。それにこの分別、ペットボトルや缶はどうすればいいんだろう? 

また、どのタイ人に聞いてもゴミの分別などしたことがないし、しているのも見たことがないという。インフラ面でも認識面でもまだまだなのが現実だ。

#ブログ村ランキングに参加しています → にほんブログ村 科学ブログ 人文・社会
科学へ

| | コメント (0)

2007.12.21

トントントン タイ語の難しさ

Dohdeck_2タイ語には同音異義語があまりにも多くて困っている。そのいい例が、「カオ」であり「トン」だ。「トン」で説明してみよう。

今、真っ直ぐな、木、しなければならない、~に(時間帯)、お腹、旗。これらの7つの単語は全てタイ語で「トン」という。いや、正確にいうと全て違う音で、同音異義語ではないのだが、日本語を母語とする私の耳にはほとんど同じに聞こえるのだ。素人ながら考えてみると、その理由は6つもあった。

(1) 有機音「th」(ドーデック)と無気音「t」(トータオ)
(2) 「n」と「ng」
(3) 二つのオ音
(4) 長母音「oo」と短母音「o」
(5) 5つの声調
(6) Trの発音

(1)まずタイ語には、息を吐きながら発生する有気音と、息を吐かずに発生する無気音との区別がある。pとph、tとth、kとkhは違う音なのだ。ここは日本語では区別をしないので、日本語でデジタル化された私の耳には、全て「パ」「タ」「カ」に聞こえる。

(2)次にタイ語では「ン」音は、nとngで区別する。これも日本語にはないので、日本人には両方とも「ン」に聞こえる。この点、アメリカ人が話す英語のように、はっきりとng音を発音してくれればまだ良いのだが(例えばHong KongとHon Konは明らかに違う)、タイ語ではそれほど強く区別はしないので、とても聞き取りにくい。

(3)タイ語には唇の先から出す「オ」と、のどの奥から出す「オ」の、二つの「オ」音ある。これも日本語でデジタル化された私にはどちらも「オ」であって、区別も難しい。

(4)上記の2つにはそれぞれ長母音の「オー」と短母音の「オ」があるが、これも素人には難しい。

(5)タイ語にはフラット、ロー、フォーリング、ハイ、ライジングの5つの声調があり、声調が違えば違う意味になる。

(6)子音の後に来るrはほぼ発音しないという法則があり、例えば英単語のshrineはシャインに、centralはセンタンに聞こえる。trongという音は、tongに限りなく近い。

先ほどの7つの単語をローマ字で書くと、それぞれ、toon, trong, ton, tong, toon, thoong, thong となるのだが(これでもオ音の区別と声調は表せていない)、上記の理由から、私の耳にはすべて「トン」に聞こえるのだ。雰囲気は伝わっただろうか。

実は、日常的にそれほど使う単語ではないので書いていないだけで、「トン」はこれら以外にももっとある。考えてみれば、トの音にtrも合わせて3種、オの音に長母音も合わせて4種、ンの音に2種、声調で5種あるのだから、組み合わせとしてはこれだけで120もあるのだ。さすがに全てに意味があるわけではないが。

聞き取るときにはまだ文脈からどの「トン」かは推測できるのだが、話すときとなると、カタカナでもローマ字でも表示しきれない音を頭にインプットできるわけもなく、絶望的だ。やはりタイ文字を覚えないと、タイ語はなかなか上達しない


#ブログ村ランキングに参加しています → にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.02

アル・ゴア『不都合な真実』を見る

Algoreinconvinienttruth タイの大学で環境管理という授業を取っている。先週の題材はアル・ゴアの『不都合な真実』。このDVDを2時間かけて見た。

この授業の講師は実にまだ27才。チュラ大を卒業し、カセサート大学院で森林学を専攻し、今年職を得たばかりの新人だ。とても頑張り屋で授業の質が高くて気に入っている。何よりも題材が新しいのが、企業人時代(1999-2004)の空白期間-忙しくて仕事以外にあまり目を向けられなかった-を埋めたい私にぴったりである。

さて内容だが、地球温暖化に関するゴア氏の講演をほぼそのまま収録した形になっていた。ゴア氏は地球温暖化の事実と、それがもたらしている環境への影響を、豊富なデータと映像を使って一つ一つ列挙して、このままではやばい、と警鐘を鳴らす。

1990年と現在との同地点の写真を並べて見ると、世界の氷河や南極の氷が消えているのがよくわかる。この10年で世界中で台風やハリケーンが急増していたデータも驚きだ。データの補足として、地球史や地球のメカニズムなども簡単に説明してくれるので、説得力がある。Algore

そして、CO2の排出規制に大反対しているアメリカの 自動車業界を、アメ車はもはや日本やヨーロッパはもちろん、中国での排出規制にもひっかかり、中国市場でも売れない、と非難し、最後はアメリカ人らしく、我々はやればできる、この問題にも対処できる、締めくくっていた。

真新しい情報は少ないのだが、情報量は多く、よく整理されているし、さすがはアメリカの元副大統領のプレゼンだけあって、写真や映像は素晴らしい。特に教育用教材として秀逸だと思う。私も約2時間の間、集中力を切らすこともなくずっと見入ってしまった。このような講演を世界中で1000回以上もこなしているという同氏の精力的な活動には頭が下がる。

同氏はその後ノーベル平和賞も受賞した。もう時代はここまで切羽詰っている。あらゆる企業の製品と事業、あらゆる人のライフスタイル、あらゆる国の行政が全て、Is it ecologically sustainable or not? 、つまり、その行動が地球に与える負荷が、本来地球が持っている循環作用・自浄作用の範囲内で地球が処理できる負荷量であるかどうかという基準でフィルタリングされなければならない時代になった。

#ブログ村ランキングに参加しています → にほんブログ村 科学ブログ 人文・社会科学へ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.11.07

神道ってなんじゃらほい

Isejingu 11月から大学は二学期に入り、授業科目が変わった。今日は「タイの宗教、カルト、慣習」という授業に出席。

この授業で、タイの宗教と比較したいとうことで、いきなり日本の宗教の説明を求められた。「大乗仏教と神道があってね・・・」としどろもどろに切り出したが、大乗仏教はタイ人もそれなりに知っているので、神道について説明をすることになった。

困ったことに、神道についてはほとんど知識がないのだが、ない知識を寄せ集めで以下のようなことを話した。

  • 神道は日本古来の伝統的な宗教である。日本以外での信仰はまずない。
  • 八百万の神と言って、川に、山に、家に、道具に、つまりどこにでも神がいるアニミズムである。
  • 天照大神という太陽の女神が最高神とされている。
  • 排他的ではないので他の宗教と共存できる。現に私も、一応 Shintoist であると同時に大乗仏教徒でもあるが、そのことにつき誰も文句を言わない。
  • 神の前では清らかであることが大切で、Purity というのが教義の一つのキーワード
  • イスラム教のような、毎日の生活の中の儀式はない。

嘘は言ってないと思うが、たぶん伝わらなかっただろうな。仏教と比較してどうとか、イスラム教と比較してどうとか言わないと、神道のユニークな、というか、外国人が考える「宗教」との違いは伝わらないだろうし、誤解を招いてしまう。皇室神道の順位であるアマテラスのことは言わない方がよかったか。もっとも一番の問題は、発言者も神道の本質をよくわかってないことだ。

以前、授業中に禅の説明を求められ、ろくに答えられなかった時にも思ったのだが、私はタイ文化の勉強をする以前に、日本文化をもっとしっかり勉強すべきかもしれない。

いずれ授業でリベンジしなければと思いウェブなどを調べては見たのだが、それでもよくわからない。明確な教義や経典がないので、皆が好き勝手に解釈しているし、ただの民間信仰の寄せ集めを神道と呼んでいるようでもある。これは困った。

#ブログ村ランキングに参加しています → にほんブログ村 科学ブログ 人文・社会科学へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.10.05

タマゴが先かニワトリが先か

Gorgai_2タマゴが先か、ニワトリが先か。ニワトリはタマゴから生まれるものだからタマゴが先なようだが、そのタマゴを産んだのはニワトリなわけで・・・。世界を悩ませるこの難題に対し、タイ人は明確に「ニワトリが先!」と答える。

理由は、タイの五十音順にある。タイの五十音の最初の音が「ゴー・ガイ」(直訳すると「ニワトリのゴー」)で、二つ目の音が「コー・カイ」(直訳すると「タマゴのコー」)なのだ。そして昔の偉い人がこう決めたのには、理由があるはずだ、という。

じゃあその理由は?と聞くと答えられないのだが・・・。

ちなみにこの問題に対し、遺伝学者はタマゴが先だという。理由は、生物は生きている間、その遺伝子は変わらないから、生きている別の鳥が急にニワトリになることはない。ニワトリとなるべく遺伝子がタマゴの胚の中にあったと考えるべき、というものだ。

あなたはどっちの答えが好きですか?

#面白いと思った方はワンクリックお願いします。にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007.09.27

今日の夕焼け写真

Y1_2

↑本日のパトンビーチの夕焼けです。実は撮影は我が家から。
シービューの最高の家なのだけど、予算など諸々の都合で9月末で引っ越すことにした。というわけで、見納め写真になります。

Y2

↑パトンビーチはプーケット島の西側にあるので、太陽は海に落ちていく。

Y3

↑完全に日が落ちたところ。この時間ぴったりに、近所のモスクから日没のお祈りが流れる。イスラム教徒は今ラマダン中なので、この合図でやっと食事タイム。

Y4

↑こちらは同じ時間帯の東の空。かすかに赤みがかかっている。

Y5

↑赤みがかった雲のレイヤーがなんだか野生的かつ幻想的。

Y6

↑こんな風景としばらくお別れなのは寂しい。。。

Y8

↑おまけ。毎日夕焼けを背に昼寝する近所の犬。涼しくなった頃にやってくる。誰が飼っているわけでもなく、皆好き勝手にレックレック(洗濯やのおばちゃん-タイ人)、ラッキー(下の階に住むオージー)、クロ(私)などと呼んでいる。

#こんな素敵なパトンビーチにワンクリックお願いします!にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧